フラミンゴ(池袋)

西池袋

池袋の駅前なのに入った事のない喫茶店がありました。
純喫茶好きの中では、結構有名なお店らしいです。

入り口

池袋西口、みずほ銀行の隣。
雑居ビルの入り口に、フラミンゴの文字。
この前は、何千回と通り過ぎているのに、
なぜか入ろうと思った事ありませんでした。
昭和40年代から続く老舗の喫茶店だそうです。

店内

地下2階、かなり広い店内です。
全体で100人ぐらい入れそう。
ガラスの壁で分煙がされているので、禁煙エリアへ。
大きな水槽があり、熱帯魚が泳いでいます。

ビーフシチュー

こちらの食べ物、意外と言っては失礼ですが、しっかりしていて
ビーフシチューセットは、900円。
カレーだと単品500円とか、リーズナブルな物も。

シチューは、パンかご飯か選べるのですが、やっぱりパンでしょうね。
絵的に。
ラジオでも、シチューはパンかご飯かという話になるのですが、
地方に行くと、ご飯派が多く、都会だとパン派が多いという傾向に。
嫁がシチューをご飯にかけて出してケンカになったというエピソード
ラジオでの定番ネタです。

うちも田舎では、クリームシチューをご飯にかけて出してた事があったような。
今じゃ、シチューライスとか、嫌ですけどね。
パンでしょう。

ちょっと話は逸れるんですが、
給食の懐かしい話をすると、
だいたい揚げパンとかミルメイクみたいな話になるのだけど、
自分的な懐かしメニューというと「カレーシチュー」なんですよ。

カレー味のシチュー。
カレーではなく、ホワイトシチューにカレー味がついた的な。
これ、あんまりわかってもらえる事がないんですが。

■フラミンゴ
■東京都豊島区西池袋1-15-9
■営業:10:00~24:00
■定休日:無休
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る

コーヒーヴァレー(池袋)

コーヒーヴァレー

今、巷を賑わしてるサードウェーブという言葉。
まるでエヴァンゲリオンのサードインパクトのような感じで、
カフェと珈琲界をざわつかせています。

そもそも何なのこのサードウェーブ?
よくわかりません。

あ、すいません。
仕事終わって、ちょっとアルコール入れての書き始めなので、
言葉が乱暴かもしれません。

定義によると、セカンドインパクトならぬセカンドウェーブは、
スタバなどのシアトル系が、エスプレッソを使った「カフェラテ」のブーム。
そこから、世界を制覇。

日本も、天下統一の勢いで、
鳥取砂丘でお馴染みの鳥取は、「すなば珈琲」はあるものの、
唯一スタバが無かった県ですが、
その鳥取に、この夏進出する予定があるらしい。

珈琲界も天下太平かと思われたこの時に、
突如、頭角を現して来た、サードウェーブ。
清澄白河に出来た、ブルーボトルコーヒーが一躍脚光を集めています。

これだけカフェめぐりしている自分がピンと来てないのですが、
まわりのマスコミ連中が騒ぐので、何なの?ソレ?と聞いてみました。

どうやら、定義がはっきりしないのだけど
「シングルオリジンで、ハンドドリップ」
みたいな事をいう。

え?それって普通に、一杯あるじゃん。
ノジーコーヒーとかじゃダメなの?

ブルーボトルの創業者が個人店の良さを生かしてって言っているのに、
それに乗っかって、サードウェーブを名乗ってるのは、チェーン店系ばっか。
どうも、その流行りに乗る気がしない。
まとめサイトの「コーヒー界のアップル上陸」って書いている記事は、
本質を見ていないのが多いような気がします。

ハンドドリップっって言ったって、オシャレなオリジナル風のドリッパー
5つも6つも並べて、ジャージャーお湯注いでたら意味ないだろ。
だったらコーノ式とかで、一杯ずつ淹れてくれる個人店の方がいいわ。

ブルーボトルの創業者のジェームス・フリーマンは、日本の喫茶文化にも精通し、
渋谷の「茶亭 羽當」がお気に入りとか。
そういう喫茶文化を大切にする理念と、
サードウェーブという言葉がの使われ方の乖離が激しいような。

その根本にある珈琲と老舗喫茶文化の見直しをした方がいいと思うな。
自分的には、板橋の志村三丁目にあるカフェ・ベルニーニに行きたくなりました。
自分の中でのNo.1喫茶だな、あそこは。

そんな中、個人店の香りを生かしつつ、オシャレなカフェとして、
池袋で人気急上昇なのが、コーヒーヴァレー。
ここは好き。
そんな人が多いからか、週末に行くと満席な事があります。

カフェラテ

この日は、ドリップじゃなくラテだったけど。
1階のカウンターとテーブルが満席で、
2階に行ったら、壁に向かうカウンターが一席だけ空いてました。

ジュンク堂で買った本をペラペラめくり、付箋を貼る。
仕事の資料整理で、面倒くさい作業なんだけど、
美味しいコーヒーがあれば、ちょっとだけ楽しくなる。

セルフの水も何気に置いてあって、
コーヒー飲み終わった後も、ちょっとだけ長居させてくれる。
といっても2時間も3時間もいる訳じゃないですけど。

人気出てきているけど、まだ珈琲好きとかカフェ好きが多いから
阿吽の呼吸で、うまい事回っていて、そこが心地いいんだよな。
このお店も、ちゃんと喫茶文化をリスペクトしてるのがわかります。
この雰囲気が続くといいなあ。

■コーヒー ヴァレー (COFFEE VALLEY)
■東京都豊島区南池袋2-26-3
■営業:
8:00~22:00(平日)
9:00~22:00(土日祝)
■定休日:無休
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る