ココス 千川店 (千川)

家からリモートで生放送に参加。番組終了、即帰宅という事になるので、余った時間を使ってパフェ活へ。ランチも夕食も自炊なので、1日中引きこもり。夕方、買い出しに行くついでのこの時だけが、唯一の気分転換となります。

千川駅前のCOCO’Sは、徒歩5分圏内に豊島高校、千早高校、板橋高校と3つの学校があるので、訪れた午後4時過ぎは、学校帰りの女子高生のグループが所々に陣取っています。キャッキャしているというよりは、試験中なのか勉強を教え合っているという感じ。みんな真面目だなあ。

そんな中、オジサンは今日は、もう仕事を終えたので、一人でパフェを食べます。

パフェに女子高生達の視線を感じます。

クイーンいちごパフェ~ピスタチオソースとともに~。¥1,190+税。いちご12粒を使用した、ガッツリといちごを頂くパフェです。パフェを眺めながら、どう食べようか、しばし考える。

ピスタチオソースは別添え。インスタなどでは最初からかけて、いちごの赤と、ピスタチオの緑で、遅れてきたクリスマスツリーみたいにしている人もいたのですが、あえて別添えにした意味があるんじゃないかと思いました。トップからかけるなら別添えじゃなく最初からかけて出すのでは?それともソースをかけると運ぶのが難しいのかな?とりあえず「別添えだから後で」を選択し、まずはいちごを堪能し、酸味にあきたあたりで濃厚なピスタチオソースをかける作戦に。

いちごの酸味が意外と強いのでホイップクリームに絡めながら頂きます。いちごを三段食べたらバニラアイスが出現!ここだな!ピスタチオソースは!と、ちょろっとかけてバニラと混ぜながら頂くと、濃厚さがさらに増し、これまでの酸味を一旦リセットしてくれました。正解だ!一問といて前進したような軽い達成感。でもまだどこかに仕掛けはあるハズと、ピスタチオソースは使い切らず、半分残しておく事にしました。

グラスの上部、ホイップクリームゾーンの下は、定石でいうと食感を変える感じで、ナッツやビスケット類、クレープをパリッと焼いて砕いたフィヤンテーヌなどが来る事が多いのですが、サクっとした食感があったけど甘い。なるほど、マカロンのようなメレンゲか。そう来たか…。

その後、いちごのシャーベットを頂いていると、マシュマロも出現。マカロン、マシュマロという甘めの洋菓子リレーですか。ほう。と感心していたら再びバニラアイスが出現したので、再び、ピスタチオソースを投入し、シャーベットの酸味を再びリセット。

最後は、いちごソースにつかったカットいちごでフィニッシュ。

どうでしょう?自分的には、別添えピスタチオソースの謎を完璧に解いた名探偵の気分なんですが、COCO’Sの商品企画会議ではどんな意図が解説がされていたのでしょうか?

スイーツに隠された謎を求めて、パフェ探偵の旅は続きます。

■ココス 千川店 (COCO’S)
■東京都豊島区要町3-23-7 大野千川ビル 1F
■営業:10:00~深夜2:00
■定休日:無休
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

カフェ・クーポラ(目白)

緊急事態宣言で、外出自粛が叫ばれていますが、この自粛ってどこが基準なんでしょうね?

往々にして、自分より出歩いている人を「甘く見てる」と叩き、自分より厳しい人を「自主警察」と叩きがちですが、まず自分の基準がそれぞれ曖昧で、何が正しいというのがイマイチはっきりしません。

例えば、僕達の場合、1回目の緊急事態宣言同様に、局への出社は週1回だけとなり、その他は全てリモートとなりました。DJ二人で行っている番組は局がマイクを貸し出して、片方が自宅からリモート出演。ゲストのキャスティングも禁止で、する場合は電話出演限定に。スタジオ内にいていいのは一人だけに。普段は街から中継していたレポーターは、自宅から特別企画に変更。打ち合わせはZOOMで。

このように厳しくなったのですが、TVを見ていると、外出自粛と医療崩壊を叫ぶワイドショーではアクリル立てているのを言い訳に、アナウンサー、コメンテーター、ゲストも一同にスタジオにいます。1回目の時はコメンテーターの多くが、リモートで、モニター出演していたハズですが、そこまで戻さない番組も見受けられます。自分が受けている自粛基準と比べると「ぬるい」と感じてしまうのです。

同じラジオ局でも、他局ではブース内にアクリル立てて複数名入っている写真があがっていたりするので、一口にマスコミと言っても、このように基準や温度差はまちまちです。

こうして、公共の交通機関を使わずに、自転車で目白までやってきた訳ですが、それでも出歩いていると批判する人もいるでしょう。

実は、週一の出社となった為に、困った事もおきています。原稿や音声のデータなどはメールでやりとり出来るのですが、実際に番組で使う物を局に届けるには、週一の出社日を使うしかなくて、翌週に使う分を全て揃えてその日に運ばなくてはなりません。今回は、それを買い出しに来たのです。

番組にも自粛警察からのクレームメールは届き、「緊急事態宣言が解除になってからお出かけくださいね」と注釈をつけて情報を流しても、おでかけを推奨するとは何事だという人はいます。

そこでこんな事態を逆手にとって、「スーパーでお宝探し」というコーナーを作りました。話題の商品をスタジオで試食したりして情報を流し、リスナーには夕食の買い出しの時に「ラジオで言っていたのコレだ!」と、お宝探ししてもらおうという物。

情報感度の高い話題の商品って、カルディ、成城石井、クイーンズ伊勢丹で見つかる事が多く、今回はそれで目白に。

最初に番組で紹介して当たったのが「陳麻婆豆腐」。

旨い麻婆豆腐について話していたら、江古田の「ぽかんと」のmamoさんが、激辛だけど美味しいよと教えてくれたのが、これ。そこで探し出して試食したら、汗が噴き出し鼻水が出てくるほど激辛なんですが、旨い。番組スタッフに提案すると、激辛好きのディレクターが飛びついて絶賛。さらにDJに渡して試食してもらったら、本人は玉子に黄身を入れて中和しないと完食出来なかったけど旦那が絶賛したという事で、満を持してこのエピソードを番組で紹介しました。

「辛いけど旨い!旨いけど辛い!」というキャッチフレーズを勝手につけて紹介。見つからない時は、カルディか成城石井で見つかりやすいという話をしたら、「見つけた!」「うちの近所にはない」と、リスナーが大盛り上がり。3週にわたって「陳麻婆豆腐目撃情報」をやっていたら、公式さんの耳に入り、だったら番組でプレゼントを提供したいと商品を送ってくれました。

見つかるか見つからないかというさじ加減が良かったのだと思います。江古田だと以前は「みらべる」だけでしたが、最近、駅前の「マルマン」にも入るようになりました。ライフには置いてないですが。

この勢いで、第二弾は、唐揚げなどにのっけると旨い「ハウスののっけるレモンペースト」を紹介したら、こちらもハウスさんの耳に入り商品をプレゼントに提供したいと打診が!こちらは逆に「ライフ」にしか無かったです。

このコーナーで扱う商品は、自分が試食して本当に旨いと思わないと熱が入らず盛り上がらないので、こうして商品さがして試食の日々を続けています。

さて、その帰り道。目白のカフェ、クーポラに寄りました。一人で会話もせず、注文した物が運ばれるまで店内ではマスク。外すのは食べる時だけですが、それでも自粛警察に批判されるでしょうか?

頂いたのは、1月限定の「りんごと紅茶のパフェ」1800円。

りんごのパフェなのに、あえて生のりんごを使わず、りんごチップス、紅玉ミルクジェラート、りんごのキャラメリゼ、焼きりんごの赤ワイン風味を、りんごのお酒シードルのジュレでとリレーしていく憎い構成。

アクセントは赤くるみ、くるみのヌガー。中継ぎはクープラの最多登板マスカルポーネのムース。最後はアールグレイのパンナコッタで締めくくり!お見事です!

自粛生活の中で、久しぶりにこういう美味しい物を頂くと、少し心が晴れますねえ。

■CAFE CUPOLA mejiro
■東京都新宿区下落合3-21-7 目白通りCHビル1F
■営業:
8:30~20:30(火水木土)
14:00~20:30(金)
8:00~18:00(日)
■定休日:毎週月曜
場所はこのへん
オフィシャルサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ