ぽかんと(江古田)

ぽかんと

江古田でナポリタンを探せシリーズの最後は、
喫茶店ではないですが、いきつけの飲み屋さん、
レストランBARの「ぽかんと」です。
イタリアンベースの料理が美味しいお店なのですが、
こちらにもナポリタンがあるのです。

ナポリタン

「ぽかんと」のナポリタンは鉄板に乗せられて出来ます。
イタリアンのお店なので、茹で置きではありません。
他のパスタよりも、ちょっとだけ長めに茹でて、もっちりとさせながら、
鉄板で焼くことによって、適度に水分を飛ばせる事で、
ふにゃっとせず、食感のいいナポリタンに仕上がっています。

通常のメニューで、十分に美味しいのですが、
平野沙希子さんの「生まれた時からアルデンテ」を読んでから、
アルデンテなナポリタンを食べてみたいという事を伝え、
無理矢理作ってもらう事にしました。
常連ならではの、ワガママです。

平野さんの言い分を、おさらいしておくと
生まれた時からアルデンテなパスタがある世代からすると、
昭和というワードに甘えたコシのないナポリタンは、
向上心がない!
もっと美味しいナポリタンを作る事を放棄している。
…的なお話。

で、通常の鉄板ナポリタンをアルデンテで作ってもらったのですが、
いつもより、短めに茹でているのに、鉄板で焼けて水分が飛ぶ分、
良く焼きになって、表面がパリっとしすぎてしまいました。
よく焼いた焼きそばのような食感。
うーん、これなら通常ナポリタンの方が美味しいなあ。
ワガママ言って作ってもらったのに、アルデンテナポリタン失敗…。

待てよ!じゃあ、鉄板じゃなかったらちょうどいいんじゃ?

皿盛り

という事で、後日、またまたワガママを言って、
「ナポリタン、アルデンテで、皿盛りで!」
と、ラーメン二郎みたいな謎用語の注文の仕方をしてしまいました。
で、実食!

お!旨いじゃん!
これまでのナポリタンとは違う!
ちょうど、飲み友の中華シェフがいたので、
一口食べてみてもらいました。
「お!旨い!」
旨い頂きましたー!

想像の出来なかった、アルデンテなナポリタン探しの旅!
やっと、平野沙希子さんが言っていた事がわかるようになりました。

本の中に書いてあった
「神泉、フレンズのナポリタンは、昔ながらの味なのに
 アルデンテなので最高です!」
よーし、神泉のフレンズ、行ってみようじゃないの!

■ぽかんと(Pocant)
■東京都練馬区栄町3-5
■営業:18:00~1:00(料理L.O.0:00)
■定休日:日曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る

パンコントマテ(江古田)

パンコントマテ

旨いナポリタンとは何だ?を考える為に、
江古田のトマトソーススパゲティーを食べ歩く旅、
今回は太麺でおなじみのチェーン店、
パンコントマテの江古田店にやってきました。
イタリアンというよりは、ジャパニーズパスタで、
壁の穴系を独自進化させたようなメニューが並ぶお店です。

ヤリイカとアンチョビ

ちょうどこの日の日替わりメニューが、
ヤリイカとアンチョビのトマトソースで、セットで、790円。
サラダ、パン、大盛り、デザート、ドリンクの中から、
2種類を選んでセットに出来るので、
ドリンク&デザートをチョイスしました。
これで、790円はお得ですね。

パスタは、特注の乾麺を使ってあります。
代々木店のサイトに、直径2.5mmとあったのですが、
チェーン店なので、たぶん、こちらもそうでしょう。
食べ歩きレビューなどには、うどんのような太さのパスタとありますが、
食感もそんな感じで、アルデンテやコシというよりは、
モチモチ感を楽しむタイプの麺です。

喫茶店のナポリタンは、わざわざモチモチ感を出す為に、
茹で置きにするそうなんですが、
こちらは茹で置きでなくても、モチモチです。
そういう意味では、ナポリタンに近い柔らかさです。
その麺を使って、プッタネスカを意識させる味付けという、
なんか違ったベクトルです。

デザート

本日のランチメニューに気を取られていたのですが、
レギュラーメニューに、ナポリタンがある事を発見!
後日、あらためてナポリタンを食べに来る事に。

ナポリタン

「昔ながらナポリタン」は、990円。
もちろん、ドリンク&デザート付き。
完全に、モチモチ感の方を目指しているので、
もちろん、これはこれで美味しいのですが、
僕が探しているアルデンテなナポリタンとは逆のベクトル。
なかなか見つけ出せませんなあ。
振り出しに戻る。

■パンコントマテ 江古田店
■東京都練馬区栄町30-1 栄屋ビル2F
■営業:11:00~24:00
■定休日:年中無休
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る