カネコ(虎ノ門)

カネコ

お店を巡っていると、そこでの発見がつながる事がある。…というのは、一つ前の記事で書きましたが、このお店との出会いが、ビビって入るのをためらっていた、目白のお店につながる事になるとは…。

虎ノ門の路地裏にあるKANEKO。
虎ノ門界隈は、早く閉まってしまうお店が多く、18時前後は、カフェの陸の孤島に。このお店も17時閉店なので普段なら無理なんですが、一つ前の収録が早く終わったので、時間つぶしにやってきました。

店内

この付近のサラリーマンやOLさんは、スタバなどのチェーン店に行くか、虎ノ門ヒルズに行くかで、雑居ビルの2階にある喫茶店は、スルーされているので実にのんびりとしたムードです。喫煙可でハラハラしていたのですが、サラリーマンは来なくて、定時退勤したであろう、年齢高めの(余計なお世話だ)OLさんが、のんびりお茶していました。

シンフォニー

頂いたのは、シンフォニー、560円。
シンフォニーとはなんぞや?というと、上からコーヒーゼリー、ホイップクリーム、コーヒーゼリー、バニラアイス。コーヒーゼリーに自信があるのか、通常のコーヒーゼリーもあるのですが、その豪華発展版がシンフォニーです。チョコレートパフェや、フルーツパフェほど甘くなく、黒、白、ベージュとモノトーンに近い層で、あまりインスタ映えもしない、男のためのデザートという感じ。でも、この甘く無い感じが好きです。

■カネコ (KANEKO)
■東京都港区虎ノ門1-8-4 虎ノ門オーディーエービル 2F
■営業:10:00~17:00
■定休日:日祝
場所はこのへん

虎ノ門

虎ノ門を突っ切る通称マッカーサー道路と呼ばれる環状2号線。太平洋戦争に勝った米軍GHQが、アメリカ大使館から竹島桟橋までの道路を計画していると噂され、この道の計画をマッカーサー道路と呼んで来たのですが、何の根拠も無く、ただの都市伝説。

東京オリンピックの選手村などが出来る、豊洲方面への接続路として整備されているのですが、道路を作るに当たり、この付近にあった雑居ビル等を、軒並み潰しました。その道の真ん中にあったのが、蔦の絡まる「般若」という喫茶店。そのお店を師匠とし、親戚筋に当たるのが、この日訪れたお店、カネコだという事がわかりました。

看板

道路拡張工事で建物を潰された「般若」は、しかたなく、実家を改装し、新たな喫茶店を作ったのだそうです。それが、目白にある「般若」。看板も当時の物を使っています。

般若

自転車で文京区方面に行った帰りは、自転車乗りの裏道として、よくこの前を通っていたのですが、「般若」という名前と、その雰囲気にビビって入れずにいました。だけど、カネコの親戚筋とわかっただけで、急に親近感。今度入ってみようと思います。

しかもブログでは順不同になっていますが、MACのphotoアルバムの日付を見ると、この般若の写真を撮った後に行ったのは、元あった場所の近くの喫茶店、新橋ヘッケルンでした。再開発が進む虎ノ門・新橋界隈で、残れたお店と、移転したお店。それを知らずに、数日の間に両店を目にしているのですね。そして、その事実が判明したのが、3年後。人は気づかぬドラマを持っていますね。こういうのが後で発覚すると面白いですね。

Pocket
LINEで送る

スターバックス コーヒー 虎ノ門2丁目タワー店(虎ノ門)

スタバ

この日も、番組の収録は19時からだったのですが、前の番組終わりで来たので、到着は18時と、ちょっと早め。ところが、虎ノ門のスタジオ周辺のカフェは、のきなみ18時前に終了。ガッツリ飯という感じでも無かったので、お茶がしたかったのですが、空いているカフェもなく、なんとか開いていたスタバに滑り込みました。とは言いつつ、スタバも20時30分まで。どんだけ早じまいなんだよ!虎ノ門。

ラテ

番組前にこれまでのゲストの言葉を整理していたら、ちょっと、面白かったので、紹介します。

この日の収録は、売れっ子に売れるコツを聞くという番組。これまで番組に出演してくれた、売れっ子の皆さんは、伊集院光さん、カズレーザーさん、ヒロミさん、ピコ太郎などまさに、売れっ子の皆さん。そんな方々の言葉です。

【伊集院光さん】
自分でテレビやラジオの編集をしてみると、いらないところがわかるし、自分の邪魔なコメントもよくわかる。だから、的外れ、求められていないコメントを言わないようになる。

これって福山雅治さんも同じような事を言っていたんですよね。ラジオの自分の番組の同録(録音した素材)を聞きながら、自分のイヤな所、同じ言葉、いらない所を書き出す。それを繰り返す事で、会話が洗練されると。

【カズレーザーさん】
売れるって宝くじを当てるようなものだけど、意外と多くの人が、宝くじ売り場に並んでない。宝くじ売り場じゃなく、違う店の行列に並んでいたりする。

売れるって運だけど、運を見つけるのも大事。芸人の場合は、面白いネタをいっぱい考えているうちに、宝くじ売り場にたどり着く事が出来る。ネタを書かないやつは、ずーっと宝くじ売り場が見つからない。

【古坂大魔王(ピコ太郎)さん】
人の意見が10割正解!自分の核になる所だけ持っておいて、人の意見をどんどん聞いて、昨日と今日が違ってもOK。それは流されたんじゃなく、臨機応変。

これは、京本政樹さんも言っていました。京本政樹さんも、元々は歌手になりたかったけど、君の顔立ちなら役者が向いているなと言われて役者になった。次に、青春ドラマの出たかったのに、時代劇が向いている顔と言われた。時代に劇に出たら侍じゃなく、忍者のような怪しげな役が似合うと、そうやって言われたことを聞いているうちに、必殺仕事人にたどり着いたと。

【ヒロミさん】
芸能界で売れるって、出てる人だけだ売れてると思ったらだめ。それを支える裏の人でも、売れっ子はいる。どのポジションに行ったら売れるか知る事が大事。

お茶の間の人は、お茶の間でTVを見る事で、芸能人を見るから、テレビに出ている人を売れっ子というけど、別にテレビに出ていなくても、ラジオの売れっ子、舞台の売れっ子、営業イベントの売れっ子と、売れっ子のパターンはいくらでもあるし、ディレクター、放送作家、スタッフ側でも売れっ子はいます。テレビで見なくなると「消えた」なんていう人がいるけど、「テツandトモ」さんとか営業を極めて、TVに出るより稼いでいたりします。自分が売れるポジションを、自分でわかる事が大事って事だと思います。

【ガダルカナル・タカさん】
自分を冷静に、きちんとプロデュースしてくれる人を見つける。この人を売ったら、自分にもプラスになるという人を見つけると、一緒に売れていく。

無責任、第三者的に言う人じゃなく、自分も売れたいという人と組まないと、打開策は見つからない。それが互いのプラスになっていくというお話。

【水道橋博士さん】
売れている人の才能が100、たけしさん、さんまさん、タモリさんの才能が300だとしたら、自分は30ぐらいしか無い。だけど、30から31、次の日は32と、毎日あげていく努力はしている。

ゲストに来て頂いた多くの人が言っていたのは、売れるってホームランを打つことじゃない。毎日、コツコツヒットを打つ事。特大の場外ホームランを打つ人じゃなく、3割バッターになる事。

お笑いでいえば、場外ホームランは、一発屋。そんなに面白くないのに、なんでずーっと出てるの?という人が、ヒットを重ねている人。

ミュージシャンであれば、武道館や東京ドームでやりたいと言うんじゃなく毎回のライブハウスを満杯にする事。その延長上に、武道館があるんだという事でしょう。

全員に共通しているのは、自分を客観視している事。自分を変える事を、いとわない事。売れない人って、アドバイスをしても、「でも、俺は」って、かたくななんですよね。自分も、もっと柔軟でいなければと、あらためて思いました。

■スターバックス コーヒー 虎ノ門2丁目タワー店
■東京都港区虎ノ門2-3-17 虎ノ門2丁目タワー
■営業
07:00~20:30(月〜金)
08:00~18:00(土日祝)
■定休日:不定休
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る