アスロンコーヒー焙煎所(飯能)

名栗

県道53号線を使って飯能の奥座敷、名栗方面へ。
表の道に出ると日差しを浴びるので、少し暑いぐらい。
汗ばむけど、買ったばかりのraphaのベースレイヤーが、
いい具合に汗を外に出してくれるので、
ジャージが貼り付く事もなく快適!

看板

今年初のヒルクライムで正丸峠に行こうと思っていたのですが、
え?全面通行止め?マジで?
仕方がないので予定を変更して、とりあえず有間ダムへ。

有間ダム

久々の有間ダムはキツいですねえ。
ガーミンで、最大14%。
長い距離じゃないのですが、半年以上ぶりのヒルクラムなので、
完全に勘が鈍っています。
スピードも遅い。
たぶん、シッティングでのヒルクラの方法が間違ってるんでしょうね。
あと、体重が増え過ぎだ。
ダイエットもしないといけませんなあ。
正面の有間峠にリベンジしたいけど、この調子じゃ無理だなあ。
勘を取り戻さないと。
本当は、冬の間も凍結してない時に登っておいた方がいいですね。
半年以上ぶりだと、もう、
スキルメーターが限りなく0に近くなっていました。

アート

有馬ダム周辺では、野外アート展みたいなのをやっていましたね。
石碑の周りには、木製の巨大なアリの集団が。

クラブハウス

ボトルの中身が切れたので、スポーツドリンクを求めて
レイクサイドテラスへ。
汗をかく時期は水だと塩分不足になり、足がつりやすくなるので、
水ではなく、必ずスポーツドリンク。
さらに、塩タブレットも持っています。
走行中に足をつるというより、家に帰って来てからつる事が多いのですが、
つると言うより痙攣と言うぐらい、足がビーンと張って
ものすごい痛いので、塩分対策は慎重にしています。

張り紙

こんな張り紙がありました。
やはり外来種駆除に苦労しているんですね。
名栗湖の水全部抜きますとか出来ないだろうし。

アスロン

さて、正丸峠が駄目なら、仁田山でも登って行くかと思ったのですが、
ご飯を食べると、わりと早めにトイレに行きたくなるタイプ。
なので、その前に鳥居観音の公衆トイレへ。
水洗だし、ウォシュレットついてるし、きれいなのでここをチョイス。
この日は、セパレートのハーフパンツジャージだったのですが、
肩紐のついたビブを着ている人って、トイレどうしてるんでしょうか?
前にそれでトイレに入ったところ、ほぼ全裸状態にならないと、
用が足せず、大変だったのですが。

鳥居の所に、ワゴン販売のアスロンコーヒーがいたので、
ホットコーヒーを飲む事に。
有馬ダムからの下りで、ちょっと冷えました。
というか、それだけ汗をかいたという事ですね。

コーヒー

アスロンとは、トライアスロンからとったもので、
こちらのご主人も自転車乗りです。
なので、しばし自転車談義。
「正丸峠に行こうと思ったんですが、通行止めなんですね」と言うと、
「え?平日だけですよ!土日は通れます」
「ええ?」
後で、看板の写真を見直してみると下の方に、
「土日祭日は除く」とありました。
一旦正丸スイッチをオフにしてしまったので、
再稼働するまで時間がかかりそうで、
そのまま、仁田山に登ることにしました。

■アスロンコーヒー焙煎所
■出店場所:埼玉県飯能市上名栗3198
■営業:お昼頃〜夕方まで
■定休日:月〜木
出店場所はお店のツイッターをチェック
お店のサイト

入り口

仁田山は去年の桜の時期に登って以来。
アスロンコーヒーのご主人とも話したのですが、
一度登っている山は、ツラくてもコースがわかっているので、
我慢のしどころ、力の入れどころがわかるので、
他よりクリアしやすく、復帰戦には向いているという事に。

仁田山立体ルート

ここも、最初15%の坂がやってきますが、
桜並木の所まで行けば、一旦落ち着き、息を整えられます。
その後、コア山の石碑までまた15%が続き、
それを乗り越えたら、10%前後の坂が楽に感じられる!
…というのが、頭に入っています。

なので、超遅いですが、前に走った情報をトレースしながら、
ノロノロと登ってて行きました。

仁田山

木製になって、ちょっと立派にバージョンアップしていた
仁田山の表札?的なもの。

登り

峠クリアと思いきや、さらに登る、頂上詐欺。
まあそれでも、ゆっくりなら登れない事もありません。
よく、ツールなどで、勢いで登るコンタドールと、
ペースで登るフルームが比較されていましたが、
マイペースで登るというのを覚えれば、峠はクリアしやすくなる!
…というのを思い出しました。
まあ、フルームのペースで登るとは全く違いますが。
行けるとこまで行こうと、がむしゃらに行くと、
途中で息切れしちゃうんですよね。
どんなにゆっくりでも、登れればOKと思っていくと、意外と登れます。

見晴らし

名栗側の峠は、登っても見晴らしがいい所は少ないのですが、
仁田山は終盤戦に、パっと開けるところがあります。
こう見ると、登ってきたなあと思えますね。

下り

右手のガードレールの所を下ってきて、
Uターンして飯能方面に帰る事に。
下りの時に、raphaのジレを着用したのですが、
気化熱でちょっと寒かったです。
ウインドブレーカーにすれば良かったなあと少し後悔しました。

あと、一つご注意を。
交通量の少ない山道での下りなので、
ペダルを回さずとも勢いで下って行くのですが、
耳に風が当たり、風切り音が凄いです。
そんな中、山道徐行で、EVモードで走行の、ほぼ無音のプリウスが、
カーブの先から、「ひょっこりはん」する事があり、
少しヒヤっとする事がありました。

交通量が少ないと油断する事なかれ。
カーブの先には車がいるかも。

Pocket
LINEで送る

ログモグ カフェ&ショップ(横瀬)

横瀬

大宮には、さいたまクリテリウムでフルームが来てるし、
幕張メッセのサイクルモードには、
美人レーサーのパック・ムーネンが来てるのに、秩父を選びました。
だって、秋ジャージを買ってから、ずーっと週末は雨模様で、
全然走れてなかったから。

そして、秩父で2軒行きたいカフェがあったので、移動は時短、
西武秩父線の横瀬まで輪行でワープ。
前の前には武甲山がそびえています。

武甲山

行きたいカフェというのは、その武甲山の裏側の中腹。
登山道にあるカフェです。
その為にヒルクライムをかねて登っていきます。
秩父を舞台にしたアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」
などにもちょくちょく登場した武甲山。
この独特な形は、石灰岩の採掘の為に削り取られている為ですが、
こんなにあからさまに自然破壊されているのですが、いいのでしょうか?

工場

登山道を登っていくと、途中には石灰の工場が。
平日だともっとダンプなどの往来が激しいんでしょうね。
路面も白くなってしまっています。

山道

工場を抜けると山道っぽい雰囲気になってきました。
ちょっと舐めていたのですが、まあまあキツい。
平均7〜8%という感じで、時折15%前後、
急坂に見えませんが、この写真の頂上の方は、ガーミンで18%。
そんなに長く急坂は続きませんが、初心者にはキツいでしょう。

路駐

この付近、auの携帯は圏外になっていたので、
どこまで登って来て、ゴールはどこなのか、確認のしようがありません。
でも、路駐が続く付近まで来たら、もうスグという目安。
駐車場から溢れた登山客の車が、こうして止まっているのです。

駐車場

鳥居が見えればゴールはもう間近。
ここが武甲山の登山道への入口の駐車場です。

案内図

案内版の脇には、登山計画書を投函するポストがあったり、
ここから本格的な登山が始まります。
ここから先は車は入れません。

登山道

登山道は、グラベルになっているのですが、
未舗装というより、コンクリート舗装した物が荒れていて、
しかも、鋭利な石もあったりしたので、
途中まで登りましたが、カットパンクするのが怖くて押し歩き。
無理して自転車で登るのは危険です。

ログモグ

こうして登って来た所にあるのが、今回の目的地、
ログモグ カフェ&ショップ。
もともとヒルクライムをしなければ行けない場所で
飯を食べるヒルメシシリーズをやろうと思っていたのですが、
ここの所、なかなか行けずにいました。
そんな時、武甲山の登山道にカフェがオープンしたという記事を読み
コレだ!と行く機会を伺っていたのです。

実は、前回、飯能から山伏峠を越えてこちらに来ようとしたのですが、
閉店時間が16時なので、間に合わず断念した経験が。
なので、今回は横瀬まで輪行ワープをした訳です。

ログモグ

こちらは、写真左端に見える、外の水洗トイレを、
無料で登山客に解放しているので、登山客で賑わっています。

ヤギ

お店のマスコットとなっているヤギ2匹と、
お店の名前の由来となっているベンツのトラック、ウニモグ。
丸太の運搬など、山暮らしの為に買ったそうですが、
もう一台、レストア中との事で、
クラシックカー好きのエンスー、そして山暮らし、さらにカフェ。
なんか趣味の集大成という感じが凄いですね。

過労死するまでブラック企業で働く人がいますが、
こういう価値観もあるという事、知れればいいのにと思ったりします。

自転車に乗っていてよく思うのが、
電車の鉄橋の下で、釣りをしているオジサン達の日常。
のんびりとした光景に溶け込んでいるこの人達、
どういう生活をしてるんだろう?なんて想像したりする訳です。

そんな光景を眺めていると、
釣りのオジサン達の頭上を、沢山の人を乗せた電車が走っていく訳ですよ。
きっと、電車にはブラック企業に勤めている人がいっぱいいて、
窓から見える釣り人は、目に入らないんだろうなあと。
価値観を変えれば、セレブでは無いにしろ、
のんびり生きて、死なずに済む方法も見つけられるのだろうけど、
きっとスマホに夢中で、外は見えないんだろうなと思ったり。
外を見るって大事。

店内

薪ストーブがパチパチ言っています。
ここで、どうカリカリしろと言うのでしょうか?
イラっと来たことといえば、坂道を登れない自分自身の能力のなさぐらい。
携帯は圏外だし、どんどん情報から遮断されていきます。

…なのに、なのに!
フリーwifiで、電源もあり、ノマド環境が揃ってるってどういう事?
いいだろ、仕事しなくても、ここでは。

ケバブ

こちらのお店、田舎暮らしを模索しているカップルが出会い、
2人で経営しています。
その出会いというのが、山暮らしでのスキル
狩猟を学ぶワークショップだそうです。

その狩猟の免許を持つ2人が、自家消費していた鹿肉を、
カフェメニューに加えたのが、鹿肉のケバブ。
実は、前日から登場した新メニュー。
僕は、牛肉よりも馬刺しのような肉の方が好きなんですが、
鹿肉もほとんどクセがなく、美味しかったです。

帰りに、聞いてみました。
メインは登山客でしょうが、自転車で来る人いますか?と。

結構いるそうです。

みんなが目にしている武甲山。
その裏手に美味しい鹿肉ケバブがありますよ。
秩父でヒルメシしてみませんか?

■LOGMOG cafe & shop
■埼玉県秩父郡横瀬町横瀬8593
■営業:9:00~16:00
■定休日:月〜金
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る