奥村茶屋(正丸峠)

飯能

天気予報は夕方から雨だったのですが、
雨雲レーダーみても、雨ッシュみても、関東近郊雨の形跡はありません。
なので、賭けで出かける事に。

とは言っても、実は寝坊しまして、
本当はヤビツに輪行で出かける予定だったのですが、
西武池袋線で行ける飯能方面に輪行。

飯能で自転車組み立て、いざ出陣!
駅を降りたときに体感温度で2度ぐらい低いような気がしたんですが、
そのせいか、街の木々も徐々に色づきはじめています。

名栗

名栗川沿いの風景も徐々に色づいて来ています。

山伏入り口

さて、今回は名栗は通過しまして、山伏峠の入り口へ。
正丸峠は、山伏峠を一回越えてから分岐し、再び登るみたいなコース。

信号

あいかわらずの信号。
交互通行で、登った所で下る人や車が待っているので、プレッシャー。

つづら折り

つづら折りを登って行きます。
初回よりはコースを覚えているからか、ペース配分がしやすい。

登り

しかし写真って、なんで目で見た登りほど斜度が出にくいんでしょう?
ここだって、結構登っている場所なのに。

山伏峠

という訳で山伏峠に到着。
山伏峠は山の切り通しの中にあり、見晴らしも無ければ、
茶屋もあるわけではないので、ただの通過地点になっています。

分かれ道

そこから秩父方面に下ると、名栗元気プラザを越えたあたりで、
正丸峠への分かれ道が出現します。
ここから1㎞という事は、そんなに距離ありませんね。

のぼり

山伏峠に比べれば登りはゆるいので、風景を楽しみながらポタリング。

正丸峠

あっという間に正丸峠に到着。

眺め

この日は曇りで山並みしか見えなかったのですが、
晴れている日には、新宿の高層ビルやスカイツリーまで見えるそうです。

奥村茶屋

その正丸峠にあるのが奥村茶屋。
「今日は雨予報だから自転車の人少ないのよ」
と、入るなり声をかけられました。

確かに、僕以外には自転車乗りは、あと一人。
しかも、マウンテンバイクで、Tシャツにトレーナーだったみたいで、
トレーナー脱いで、Tシャツで汗だくになってます。
いやいや、それだと下り寒いでしょうが。

正丸丼

さて今回のヒルクライム飯「ヒルメシ」はこちら!
正丸丼。850円。

この奥村茶屋は50年ぐらいやっているけど、
正丸丼は10年ぐらいの歴史なんだそうです。
ここのメインはジンギスカンなんですが、
正丸丼が出来たきっかけも教えてもらいました。
10年ぐらい前に狂牛病かなんかの騒動で牛肉の輸入がストップした時、
牛丼が食べられなくなると牛丼屋に行列が出来たニュースを見て、
日本人ってそんなに丼が好きなのか…と、
丼メニューを考えたのですが、それが豚の味噌焼の正丸丼だそうです。

甘辛い味噌ダレで、なんだかほっとする味。

この日は、雨予報だったのでお客さんが少なめだったのですが、
晴れている日には、登山客、自転車、バイクの客で混雑し、
3時には売り切れるそうです。

自転車は集団で来る事が多いので、先に登ってきた人間が人数分注文し、
正丸丼を確保しているそうです。

テレビでの「山奥グルメ」という特集の依頼が何度も来ているけど、
全て断っているそうです。
登山客やヒルクライマーの楽しみになっているので、
車でお客が殺到して、食べられなくなったら申し訳ないと。

晴れた週末は、それでなくても混雑するので
正丸丼を食べるなら2時前までには来て欲しいとの事。

まさに「ヒルメシ」という言葉がピッタリの一品ですね。
今度は、ジンギスカンも食べてみたいなあ。

あと、お茶が何気に美味しいのですが、
それをもう一人のサイクリストが言ったら
「もともと茶屋だからね」と。
そりやそーだ。

■奥村茶屋 (おくむらちゃや)
■埼玉県飯能市南川447-2
■営業:
10:00~16:00(月〜土)
9:00~17:00(日)
■不定休
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る

天空の楽校(皆野)

城峯神社

城峯山ヒルクライム後、山頂付近にある城峯神社に行ってみる事に。

未舗装

ここからは未舗装のグラベルが続きます。
リドレーフェニックスは、悪路用に開発されているので、
このぐらいの道でビビってはいけませんね。

キャンプ場

城峯神社の手前に広がるのが、城峯山キャンプ場。
ほぼ山頂の付近にあるキャンプ場ですが、
キャンプサイトのほか、水場、炊事場、トイレなども完備しています。

城峯神社

かつてこの山は、石間ヶ岳と呼ばれていたそうなんですが、
平将門がここに落ち延び、城を築いてから、
城峯山と呼ばれるようになったんだとか。

その後、官軍の藤原秀郷が城峯山にあった城を包囲、
激戦の末、将門とその一族はこの地で討ち死にし、
その滅びた平将門と一族を鎮めるために、
城峯神社がつくられたと言い伝えられています。

景色

城峯神社から見る景色。
思わず「うぉお」と声が出てしまいました。
何層にも続く、山の稜線のグラデーションが美しい。
城峯山の標高が1037mだから、この場所も1000m近いはず。

141029tenku06

そしてダウンヒルで山を下ります。
下りは楽勝かと思いきや、日陰部分では苔が生え、
湧き水が流れて路面が濡れている場所や、落石があったり、
おまけにガードレールもないので、非常に怖い。

ほぼブレーキ握りっぱなしで、手が痛くなりました。

坂道

さて、今回のヒルクライム飯、略して「ヒル飯」は、
この山の中腹にある、天空の楽校というカフェを目指します。
下ったと思ったら、また登り。
埼玉県道284号に出たら、しばらく登りが続きます。

坂道

なにげに10%越え。
城峯山のヒルクライムで足を使っているから、じんわり足に来ます。

天空の楽校

そして、登り切った先が、今回の目的地、天空の楽校の入り口。
標高550mの山の中腹にある、天空のカフェです。

張り紙

サイクルラックありの張り紙。
やっぱりヒルクライムで来るサイクリスト多いんですね。

校舎

皆野町立日野沢小学校立沢分校は昭和54年に閉校。
その廃校の校舎を使ったカフェです。

サイクルラック

バイクラックに駐輪。
ダウンヒルで体が冷えたなと思ったら、お店の方が
「さっきまで暖かったのに、ちょっと風が変わって冷えてきましたね」
と。
それもあるのか。

自転車乗りは、気温や風の変化に敏感だけど、
山で暮らしている方も、自然の変化には敏感なんですね。
エアコンで体感温度が一定というのは、不自然なんだよ。

テラス

校庭というほど広くないけど、庭にはテラス席が。

眺望

フェンス近くの席からは、こんな眺め。
まさに天空のカフェでしょ!

天空セット

頂いたのは、ちまきと名水カルピスがセットになった天空セット。
こちらの「ちまき」は、道の駅などでも人気の一品だそうです。

ちまき

今回のヒルクライムのご褒美めしは、
大きめ豚の角煮や秩父の椎茸も入った、ちまき。
旨いね!

そして使い古された言葉だけど「空気が旨い」
なんだろう?山の空気ってミネラル含んでるんじゃないの?
っていうような独特の味というか香りというか。
大きく吸い込んだ時、鼻腔の奥でそんな感覚を覚えるんですよね。

雑誌「自転車人」に紹介されていて、来てみたかった場所。
来て良かった!

■ちまきカフェ 天空の楽校
■埼玉県秩父郡皆野町上日野沢652
■営業
11:00~17:00(平日)
10:00~18:00(土日祝)
■定休日:水曜日
12月中旬~3月中旬 冬期休業
場所はこのへん
オフィシャルサイト

Pocket
LINEで送る