ラドリオ(神保町)

路地裏

資料を探しに神保町の書店街に出かけました。
本を探すだけだったら、勝手知ったる池袋のジュンク堂とか、
検索ですぐ出てくるamazonでもいいのですが、
自転車での散歩と一緒で、わざと迷うような事をするのもたまにはいい。
効率は悪いけれど、自分が知らなかったような本に出会ったりする事もあるから。

その帰り、わざと路地裏を歩いてみました。
古い建物が残る神保町の路地裏には、歴史と風情のある建物が残っているからです。

そういう意味では、路地裏とはいえど、この通りは有名。
シャンソン喫茶のラドリオと、タンゴ喫茶のミロンガが軒を並べているからです。
ちなみに、この2つは姉妹店。

ラドリオ

今回は、ラドリオに入ってみる事にしました。
ラドリオというのはスペイン語でレンガという意味だそうですが、
その名の通り、しぶい色をしたレンガが並んでいます。

ただ、先の東日本大震災で、このレンガの壁と看板が崩れ落ち、これは修復した状態。
下半分が苔むす感じのレンガなのに対し、
上半分に新しいレンガが混じっているのはその為です。
看板も新品に付け替えられました。

それは東北とは比べられないけれど、小さな復興なのです。

店内

実はこちらのお店、映画「ハチミツとクローバー」でも使われた事があり、
奥のそのまた奥の席が、櫻井翔君と蒼井優ちゃん、伊勢谷友介さんなどが座った場所。
それが残った事は、ファンにとっても嬉しいのではないでしょうか?
もちろん、このお店を愛する人達、全員にとってもなんですが。

チキンカレー

ラドリオ特製のチキンカレーは、スープ、サラダ、コーヒーがセットになって950円。
色合いがイタリアの国旗みたいで可愛らしいのですが、
見た目とは裏腹に、意外とボリュームがあります。
やはりここは、学生街の神保町。
さぼうる2でカレーを食べた時もそう思ったのですが、
学生街は基本が大盛りサイズなのです。

メニュー

カレーとコーヒーはセットに出来るので、最初はアイスコーヒーを頼んでいたのですが、
食べながらメニューに目をやると、

「日本で初めてウインナコーヒーを出したのがラドリオです」

という文字が目に飛び込んできました。

そこで、すぐに店員さんにお願いして、ウインナコーヒーにチェンジ。
コーヒーは食後にと頼んでいたのでギリギリセーフでした。
ウインナコーヒーも、セットにしても値段は変わらないそうです。

ウインナコーヒー

ウインナコーヒーは、生クリームでフタがしてあるので、
常温のクリームの下から、熱々のコーヒーが入ってきます。
その温度差のギャップが面白い。

ウインナコーヒーとは、オーストリアのウイーン風のコーヒーの事。
こちらの女性店主が、ヨーロッパが好きで、物資のない時代に、
生クリームを手に入れて、再現したのがはじまりと言われています。

1949年(昭和24年)創業の「ラドリオ」は、土地柄、多くの作家や文化人が訪れ、
推理小説家・逢坂剛氏が、ここで直木賞の発表を待ったという逸話も。
直木賞をとった作品は「カディスの赤い星」

■ラドリオ
■東京都千代田区神田神保町1-3
■営業
11:00~22:00(月〜金)
12:00~21:00(土)
■定休日:日祝
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

さぼうる2(神保町)

新目白通り

梅雨の晴れ間を狙って、自転車カフェめぐりの旅へ。
土曜日という事もあり新目白通りも大型車が少なく、走りやすい。
快適!快適!

神田川

明治通りとぶつかる直前に神田川が姿を見せます。
意外と水の色も綺麗で、涼しげな流れ。
自転車の旅では、こういう風景と出会うのも楽しみの一つ。
車やバイクでは素通りしてしまう場所ですが、
自転車なら、気に入ったらすぐに降りて、眺める事も。
そこから新たな発見もあったりします。

都電・早稲田駅

明治通りを越えると都電と合流。
そのまま真っ直ぐ進むと、都電の起点となる早稲田駅があります。
そのうち、都電沿いのサイクリングとかも楽しそうですね。

リーガロイヤルホテル

早稲田大学の裏手方面、リーガロイヤルホテル付近に来ると道路の色が変わります。
写真ではわかりにくいのですが、アスファルトが黒ではなく、
白っぽくなったグレーのような色に。
光が反射して、少しまぶしいのですが、これには何の効果があるのでしょうか?
放熱とかヒートアイランド対策?
それにしては範囲が早稲田付近と狭いのですが、実験的なものでしょうか?

飯田橋

そのまま真っ直ぐ進んで行くと、飯田橋の交差点に。

九段下

さらに、そのまま真っ直ぐ進むと九段会館が見えて来ました。
そこを左折すると、今回の目的地、神保町ももうすぐです。

神保町

そしてやってきました。神保町の交差点。
学生街に住んでいるせいか、こういう町には親近感を覚えます。

さぼうる2

今回目指したのは、こちらのお店。
「さぼうる」と「さぼうる2」と並んでいますが、
目指したのは「さぼうる2」の方です。

さぼうる

「さぼうる」は、もう50年以上続く喫茶店。
スペイン語で「味」という意味らしいですが、
学生の間で「サボる」という意味の方が定着してしまったのだとか。
書店や出版社の集まる町らしく、このお店には多くの作家、漫画家、文化人、
さらには、芸能人が訪今も訪れます。
ドラマなどの舞台にも使われ、最近では「素直になれなくて」で、
ナカジ(瑛太)が父親(吉川晃司)と待ち合わせをして会うシーンに出てきました。

こちらは喫茶が中心で、軽食はサンドイッチなど本当に軽い物だけ。

さぼうる2

一方、こちらは食事中心の「さぼうる2」。
学生街の食事の美味しい喫茶店として、人気を博しているお店で、
喫茶店にもかかわらずランチ時には行列も出来ます。

メニュー

お昼のメニューはこんな感じ。
迷わずカレーにする事にしました。

ビーフカレー

ビーフカレーのセットは、サラダとコーヒーがついて850円。
まず、そのボリュームに驚かされてます。
なにも言わなくても御飯が超大盛り。
さすが学生街の喫茶店。
ルーもたっぷりかかっているのですが、
あまりにも御飯が多い為に、調節しながら食べないと、
ルーが足りなくなってしまう羽目になってしまうので、ご注意を!

迷わずカレーを注文したのですが、少し後悔しました。
後から来る人来る人、みんなナポリタンを頼んでいるのです。
見てみると、こちらも大盛りで富士山型にナポリタンが盛られています。
江古田にあるトキのナポリタンも超大盛りですが、それに負けず劣らずのボリューム。
機会があれば、今度はあれに挑戦してみようかな。

■さぼうる2
■東京都千代田区神田神保町1-11
■営業:8:30~22:00
■定休日:日曜日
場所はこのへん

本屋

せっかく本の街、神保町に来たので、本屋さんめぐりをしてみる事にしました。

古本市

歩けば街のいたるところで古本市が開かれています。

古書

古本というより古書と言った方がいいですね。
大正時代の夏目漱石全集は9000円。
なんだか浪漫を感じます。

こんな貴重な本が並び、多くのお客さんが訪れるからでしょうか、
本郷や早稲田といった他の学生街では本屋さんが減る傾向にあるのに、
この町で組合に登録する古本屋さんは逆に増えているのだそうです。

地図

専門的な古書がならぶショーウインドウには、
江戸時代の地図も飾られていました。

これは江戸城の地図。
そうだ!ここから江戸城って近かったハズ。
行ってみよう!

平川門

神保町から白山通りを皇居方面に向かうと、
毎日新聞社の向かいにある平川門に突き当たります。
ここからも江戸城のあった皇居東御苑を見学出来るのですが、
ペットの持ち込みと自転車の進入禁止なので、ここに止めていく事に。

平川門は、大奥の女中さんたちが出入りした江戸城の勝手口的な門です。
三代将軍の家光の乳母であった春日局が外出をした時に、門限に遅れたのですが、
たとえ春日局であっても規則は規則と、門が開けられず、
結局、この平川門の外で一夜を明かしたと言われている場所です。

入り口

橋を渡り門をくぐって中に入ると、入園する為の入り口があるのですが、
入場は無料で、ここで入園票を貰って中に入るシステム。

入園票

これが入園票。
この皇居東御苑には、いくつかの門から入園する事が出来るのですが、
入った門から帰らなくてはいけないという決まりはないようです。
どこの門でも、とにかく、出るときにこれを返せばOKです。

天守台

本丸には天守台があります。
この位置に江戸城の天守閣があったのですが、この石垣の上にあった訳ではありません。
二代将軍・秀忠の時代にここに建てられ、三代将軍・家光の時に大改修。
徳川家の威光を誇る大天守閣が造られるのですが、火事で消失。
その時に石垣等も荒廃してしまったので、
四代将軍・家綱の時に加賀前田藩によって築き直されたのがこの土台。
よって、新たに作られた土台なのです。

しかし、家綱の補佐役で叔父でもあった保科正之が、
「太平の世に天守閣は不要、それより江戸の街の復興を」
とレンホーさんのように箱物に対する疑問から再建を仕分けし、
以来、天守閣の建設には至りませんでした。
戦国時代は、戦況を見守るための司令塔的な役割もありましたが、
太平の世の中になってからは、展望台の役割しかありませんでした。
城下の人達が再建に苦しんでいる時に、展望台を作る意味があるのか?という事です。
もしかしたら、事業仕分けの元祖かも。

という訳で、三代将軍家光以降は、江戸城に天守閣はありませんので、
時代劇の四代将軍以降の話で、江戸城の天守閣が出てきたら間違いです。

八代将軍・吉宗という設定の「暴れん坊将軍」とか
「大奥」シリーズでも、家光以降で天守閣が出てきたりしますが、それはナシって事ですね。
しかも、姫路城の天守閣合成しているし。

大奥

天守台から見える、美しい芝生のある場所にあったのが大奥です。
様々な女の戦いが行われていた場所です。

ちなみに本丸には、
写真手前から、女性のみで構成させる「大奥」
将軍のプライベート空間などのある「中奥(なかおく)」
大名などとの謁見が行われる「表向」
が、ありました。

松の廊下

表向きの方に向かうと、松の廊下の跡地がありました。
赤穂浪士でおなじみの、浅野長矩が吉良上野介を斬りつけた場所です。
外国人観光客の方も「オウ、マツノロウカ、チュウシングラ」と声を上げてました。
外国にも有名なんですね。

あじさい

東京のど真ん中の大庭園には自然が多く、季節の花も美しく咲いています。
ところで、この風景を楽しんでいる観光客の多くが、外国人の方でした。
意外と日本人の方が、この中に入った事ないですよね。
さすが江戸城だけに敷地が広大で、ウォーキング等にピッタリですので、
ぜひ、機会があればお出かけして散策してみてください。

武道館

江戸城に別れを告げた後は、
「屋根の上に光る玉ねぎ」でおなじみの武道館を遠くに見ながら、
九段下から市ヶ谷方面へ。

九段下

九段下の駅から、アラサー、アラフォーの女性達が湧きだして来たのですが、
何かと思ったら、ちょうどこの日、武道館では松田聖子さんのコンサートが。
キャッキャとはしゃぐ皆さん。
きっと心の中は、十代にタイムスリップしていたんでしょうねえ。

今回のルート

自転車で23区カフェ制覇の旅…ただ今、12/23区。

地図

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ