ジロ・デ・イタリア2014

ジロ・デ・イタリア

みなさん、いよいよ始まるワールドカップにワクワクでしょうが、
その前に僕ら自転車乗りは、ジロ・デ・イタリアでひと盛り上がりでした。

■マリア・ローザ(個人総合優勝):ナイロ・キンタナ(モビスター/コロンビア)
■マリア・ロッサ(ポイント賞):ナセル・ブアニ(FDJ/フランス)
■マリア・アッズーラ(山岳賞):ジュリアン・アレドンド(トレック/コロンビア)
■マリア・ビアンカ(新人賞):ナイロ・キンタナ(モビスター/コロンビア)
■チーム成績(時間):AG2R・ラモンディアル(フランス)
■チーム成績(ポイント):オメガファルマ・クイックステップサイクリングチーム(ベルギー)

総合優勝がマリアローザと言って、ピンクのジャージを着ます。
これはスポンサーの新聞社の新聞紙がピンクだからです。

【第16ステージダイジェスト】

個人的に今回一番面白かったのは、第16ステージ。
標高2758mのステルヴィオ峠を登る、超山岳コース。
去年は、大雪の為に中止になったコースです。
ここで、総合優勝したキンタナがライバルに一気に差をつけました。

16ステージ

ガヴィア2618m、ステルヴィオ2758m、ヴァル・マルテッロ2059mという
3つの超級山岳を、選手たちはひたすら上って、ひたすら下って、また上る。

地図で見るとこんな感じですが…。

ステルヴィオ

このステルヴィオ峠、2758mを自転車で登って行くわけですよ。
我々が坂道を下るのより早いスピードで。

ステルヴィオ

アニメの弱虫ペダルを観ている人なら、この山岳の戦いの面白さ、わかるでしょ。
リアル小野田坂道のキンタナが猛スピードでここを登ってくるのですよ。

毎年、激闘が繰り広げられてきたステルヴィオ峠。
その歴史の動画もありました。

今年は、ジロデイタリアを観ながらツイートを読んでいると、
女性のロードレースファンも多かったですね。
はやり、弱虫ペダルの影響なんでしょうか?

6月はサッカーのワールドカップで盛り上がるとして、
自転車乗りはその先、7月!
いよいよツールドフランスが始まります。

ツールドフランスでも、ピレネー山脈、アルプルと、超山岳コースもありますよ!
ジロの優勝者、キンタナは昨年も早かったので、今のうちに覚えておきましょう。

弱虫ペダルで、巻島、東堂、小野田など山岳キャラ好きな人は、
ナイロ・キンタナ、アルベルト・コンタドール、リッチー・ポートあたりを
チェックしておきましょう。

田所、鳴子、新開、御堂筋など、スプリンターキャラが好きな人は、
マーク・カヴェンディッシュ、アンドレ・グライペル、マルセル・キッテル、
ペーター・サガンあたりをチェックしておきましょう。

さあ、1ヶ月の間に動画を漁って予習だ!
ツール・ド・フランスも盛り上がるぞ!

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

ファンティーニ モンテプルチアーノ ダブルッツォ ジロ デ イタリア 2012 ファルネーゼ

ファルネーゼ

自転車の世界3大レース、グランツールの1つ、
ジロ・デ・イタリアが、絶賛開催中!

そんな中、ジロ・デ・イタリアにまつわるワインが入荷したというので、
江古田の行きつけのお店「ぽかんと」に。

ファルネーゼ[2012]モンテプルチアーノ ダブルッツォ ジロ デ イタリア

キャップシールはは、ジロ・デ・イタリアの総合優勝のジャージである
マリア・ローザのピンク色。

ネーリソットーリ・イエローフルオ

今年は、ネーリソットーリ・イエローフルオとして参加しているこのチーム、
昨年は、ヴィーニ・ファンティーニという名前で、
その前、2012年と2011年は、ファルネーゼ・ヴィーニという名前でした。

サイクルロードレースのチームは、スポンサー名で変わります。
つまり2011年からの2年間、ワインセラーのファルネーゼがこのチームを
サポートしていたという事になります。

ファルネーゼ

この2012年は、
第15ステージで、マッテオ・ラボッティーニ
第18ステージで、アンドレア・グアルディーニ
が、それぞれステージ優勝で、マッテオ・ラボッティーニは山岳賞も獲得。

ラベルは、第15ステージで優勝したマッテオ・ラボッティーニです。

現チームの、ネーリソットーリ・イエローフルオは蛍光色で目立つし、
目立たなければいけないチームなので、逃げに乗る事が多く、
前半戦、結構目立ちます。

そんなジロを観ながら、ワインというのもオツなんではないでしょうか?

このワイン、かなり旨いです。
イタリアでのワインガイドのひとつ「ルカマローニ」で、
4度も年間最優秀生産者に輝いたワンセラーの「ファルネーゼ」。

どっしりとしていながら、フルーティーで、口当たりがなめらか。
かなりお手頃で、いいワインだと思います。
一緒に飲んだ友人達も「旨い」と驚いていました。

今年の入荷から、徐々に在庫が少なくなって来ているようなので、お早めに!

ちなみに、ワインを題材にした漫画「神の雫」の18〜19巻にも登場します。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ