ジロ・デ・イタリア1週目

ジロ・デ・イタリアは第9ステージを終えて、1週目が終了。
それにしても、アスタナが強すぎる。

落車事故に巻き込まれて、脱臼したにもかかわらず、
何事もなかったのようにマリアローザを守り続けている
コンタドールも凄いけれど、
アスタナのチーム力の凄さは一目瞭然。
特に、アシスト陣が強力。

ティンコフ・サクソは、コンタドールがマリアローザ着てるから
ずっと前方で集団をコントロールしなければならないのだけど、
その後ろに控えているアスタナは、後半までほとんど力を貯めてる。

とはいえ、スカイも足をためているハズなのに、
アスタナ勢がアタックをかけると、アシストが誰もついていけず、
リッチー・ポート1人という、丸裸状態。

第9ステージ、アスタナは逃げにティラロンゴ、
メイン集団にアルと、どちらでも勝負出来る状態。
前門の狼、後門の虎ならぬ、
前門のアスタナ、後門のアスタナですよ。
しかも、メイン集団のアタックで、アスタナだけアシストのランダがついて来てる。
もう、万全すぎる。

案の定、このステージは、アスタナのティラロンゴが勝利。
完璧。

さて、このステージでニッポの石橋選手がリタイア。
ボーネンや、リッチー・ポートが、これまでで一番厳しい大会と言うように、
起伏の激しいコース設定。
ジロの山岳は厳しいので有名ですが、
その山岳に入る前に、こんな厳しいレースになるとは。

そういう大会だというのを承知の上でいうと、
画面からみても、石橋選手の力不足が見て取れました。
日本人選手だから、応援しながら見てたんだけど、
これが現実としての、世界と日本の差なのかなと。
なんか、見ていてちょっと切なかったです。

さて、今日の休養日を明けると、
次は、待ちに待った平坦ステージ。

ロット・ソウダルのトレインがまた見られるのか?
楽しみです。

Pocket
LINEで送る

ジロ・デ・イタリア 第6ステージ

ジロ・デ・イタリア第6ステージは、僕が応援しているロット・ソウダルの
スプリンター、アンドレ・グライペルが見事優勝しました。

GIRO0629
photo:Kei Tsuji

ジロに入ってからもなかなか綺麗なトレインが組めずにいた
ロット・ソウダルですが、この日は機能し、
残り1.2kmでアダム・ハンセン。
残り600mでグレゴリー・ヘンダーソンがリードアウト。
見事にグライペルを発射して、完璧な勝利をもぎ取りました。

あのスピードで、よくヘンダーソンが長いこと引いたなと思ったけど、
勝利を確信したらしく、グライペルがゴールするかなり前で、
すでにバンザイポーズ!

そして、見事グライペルが真っ先にゴールラインに飛び込みました。

ところで、この日、この後ろの集団では落車が起き、
マリアローザのコンタドールが脱臼してしまうのですが、
その原因が観客のカメラでした。

ゴールの瞬間を撮ろうと、長い望遠レンズをコース内に出した所へ、
選手が激突。
ゴール前スプリントがかかっている所だったので、
そこへもの凄い勢いで集団が突っ込んでしまったのです。

この観客のカメラが原因の事故というのは、最近のレースでは増えていて、
スマホで選手込みの写真を自撮りをしようと、
後ろ向きで沿道に飛び出す観客が、何度か選手とぶつかっています。

実はコレ、レースだけの話じゃなくて、
先日、川越にサイクリングに行ったときの話。

川越は外国からの観光客が殺到していて、休日は原宿並みに大混雑。
記念写真を撮ろうとして、その集団の中から自撮り棒が、
突然道路の方に、飛び出して来ました。

お客さんは、車道ギリギリに立っているので、
長く伸ばされた自撮りは、車道の中程まで。
つまり、自分の目の前に、踏切の遮断機のように降りてきたのです。

スピードは出していなかったので、無事止まれましたが、
油断していると、ジロのような落車事故になってしまうので、
人の多い場所では、皆様もお気をつけて。

落車事故は、レースだけに限らないと思った瞬間でした。

Pocket
LINEで送る