喫茶ボタン(東武練馬)

ボタン

ミニベロで東武練馬へ。
昭和な佇まいを見せる喫茶ボタンへ。

店内

電源は入っていないものの、
店内にはまだテレビゲームのテーブルがある。
そして、お客さんは見事に高齢者たちばかり。

カフェではなく、喫茶店が見直されつつあります。
それはこういう高齢者の多い郊外だったりもします。
カフェはファミレスのように、マニュアル接客ではなく、
店員さんとの会話を含めのコミュニティーとして、
再評価されているのです。

よく病院の待合室が、高齢者の社交場と言われますが、
このお店でも、入ってくるお客さん達が顔なじみ。
ちょっとした近況を会話しながら、それぞれの席についていきます。

ドライカレー

昭和な喫茶店には、昭和な人達がホッとするメニューがあります。
ナポリタンやカレー、ピラフ、そして定食まで。
僕はドライカレーのドリンクセットをチョイス。
サラダや味噌汁、ドリンクがついて880円。単品だと680円。

注文してから野菜を刻む音が小気味イイ!
そして、ジャーっという炒める音、ほのかに漂ってくる香ばしい香り。
シンプルならが、これぞ喫茶メニューというドライカレー。
ボリュームもある。

いろんな意味で満足、満足だったのでした。

そして、もう一つ、気に入った事が。
ここのウエイターさんの接客です。
東京03のメンバーとかにいそうな雰囲気のお兄さん。
おだやかな笑顔と言葉遣いでのサービス。
なんか、ほんわかするんだよね。
マニュアルじゃだせない味があるんですよね。

■喫茶 ボタン
■東京都練馬区北町2丁目39-2
■営業:8:00~24:00
■定休日:不定休
場所はこのへん

ビートチャイルド

腹ごしらえした後は、東武練馬のイオンへ。
ここには、ワーナーマイカルシネマがあったのですが、
今は、名称が変わってイオンシネマに。

この日見たかったのは、
「ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD 1987」

日本初の野外フェスと言ってもいいBEATCHILDは、
豪雨に見舞われ史上最悪のフェストなりました。
その様子をドキュメントとライブ映像で構成したのが、この映画。

見たい気持ちはあったけど料金が2500円と高いので、躊躇していたのですが
公式サイトの「TV放送、DVD化、ネット配信一切なし」という文字を見て、
公開中に見ておいた方がいいだろうなあ…と、足を運んだのでした。

そして、観ました。
とにかく過酷でした。
敗軍の兵の行進のように泥の中を歩く観客たち。
そこから映画はスタート。

前日のリハーサルは、
素晴らしいフェスになる事を予想させる、快晴。

しかし、当日はフェスのスタートから雨が降り始め、
豪雨というよりは災害レベルに。
本部席の中まで濁流が流れ込んで来る。
今なら責任問題で強制的に中止にさせられだろう。

強い雨の中、たいした雨具も持たず雨に打たれながら
アーティストの出番を待つ観客達。
あきらめたように水を吸った芝生に座り込む者たちも。

アーティスト達も、時間をかけて立てたであろう髪が
一瞬でぺたんこになる。
メイクも一瞬でとれる。

しかも、雨に打たれる観客の士気をあげるために、
どしゃぶりの中、花火を打ち上げる。狂気だ。

雨で次々に楽器が死に、モニターが死ぬ中、
ドラムの音だけで歌い続ける白井貴子にぐっと来た。

テレビの人気歌番組で、局の都合でカラオケに合わせて、
アテぶりしている、牙を抜かれたミュージシャン達に観て欲しい映画。
昨年の紅白歌合戦なんて、生演奏だったの、矢沢永吉と斉藤和義とミッキーマウスだけだったもんな。
ドラムにマイクが立ってないどころか、ギターアンプに電源が入ってないグループもいた。

豪雨に打たれながらも、足もとが水たまりになっても、
そこにつかった足でリズムを取る観客達。

あそこまでして、自分たちの音楽は聴きたいと思ってもらえるのか。
きっと考えさせられるだろう。

皮肉な事に、ラストの佐野元春、サムデイの時に雨があがる。

その光景を観て、富士登山を思い出しました。
9合目までは豪雨。
まるで死の行軍。
しかし、9.5合目にさしかかった時、誰かが叫んだ。
「あ!星が見える」
沸き上がる歓声!
ご来光に一縷の望みをかけた一行は、雨雲を突き抜けて頂上に立ったのでした。

写真や動画で風景は見られるけど、感情までは再現出来ない。
その場にいた人にしかわからない事もある。
あの場にいた人の心に、この伝説のライブは、どう残っているのだろうか。

公式サイトの「TV放送、DVD化、ネット配信一切なし」
「劇場限定、特別ロードショー」を信じたい。
家でぬくぬくしている人に、そう簡単に見せてはいけない気がします。

「ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD 1987」公式サイトはこちら

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

珈琲屋らびっと(東武練馬)

らびっと

番組で取り上げる映画を観るために東武練馬へ。
その前に時間があったので、街をぶらぶらしてみる。

初めての街を探索するのに、自転車はホント最適な乗り物です。
徒歩よりも路地をくまなく廻れるし、
気になった物があれば、すぐに戻れるし、パっと降りられる。

で、東武練馬で気になって、自転車を降りたのがこちらのお店。
珈琲屋らびっと。

スクーター

最初は、骨董品とか古道具のお店かと思った訳ですよ。
お店の中にノスタルジックなスクーターが駐まってる。
あれ?これラビットじゃないですか。
ああ、だから店名が「らびっと」なのね。

ラビットスクーターとは、今のようにバイクメーカーが、
ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキの4社に絞られる前、
富士重工業つまりスバルが作っていたスクーターです。

ALWAYS三丁目の夕日なんかを観ると、
ノスタルジックな乗り物として、
ダイハツオート三輪などと一緒に走っていたりします。

僕らの時代は、動物名のバイクといえば、
モンキー、ゴリラ、ダックスの時代で、
リアルラビット世代ではないけれど、
観るだけで懐かしい感情が湧いてくるのはどうしてでしょう?
そのフォルムなんでしょうか?

ちなみに、白い洗濯機のように見えるのは、ジュークボックスね。

店内

よくレトロな看板をかざって、昭和テーマパーク風にしているお店がありますが、
ボンカレーだったり、オロナミンCだったり、
由美かおる アース渦巻だったりと、わかりやすいアイコンが並べられるのだけど、
ここは、ご主人の趣味と思われる物がたくさん。
車やバイク関連の物もあるし、トイレにはマルキンの自転車の看板も。

だから、好きな人が「ああアレ!」と一つ発見すると、
それにまつわる物が次々に見つかります。
宝探しみたいな感覚で、楽しい。

珈琲

頂いたのはキリマンジャロ450円。

映画やマンガみたいに時間を止めることは出来ないけれど、
ゆったりとした時間を感じる事は出来ます。
ご主人が一杯ずつハンドドリップしてくれる珈琲がを頂きながら、
この空間に流れる空気感に身を委ね、
たまには、体内時計をゆるめてみてもいいかもね。

■珈琲屋らびっと
■東京都板橋区徳丸3丁目13-10
■営業:10:00~23:00
■定休日:水曜日
場所はこのへん

ワーナーマイカル

さて、僕が観に行った映画はこちら「最強のふたり」

パラグライダーの事故で首から下が麻痺してしまった富豪の男と、
介護役として男に雇われた刑務所を出たばかりの黒人青年の交流を、
笑いと涙を交えて描く実話がもとのドラマ。
まったく共通点のない2人は衝突しあいながらも、
やがて互いを受け入れ、友情を育んでいく。

派手さはないけれど、じんわり、じんわり心に来る映画。

観終わった後に思ったのは「正しい」って何だろうという事。
人は良く「よかれ」と思って、自分が思う正しさを人に押しつける。
僕も時々そういう間違いをおかす。

親は子供のためを思っての発言や行動だったハズが、
いつしか自分の叶えられなかった夢を押しつけていたり。
震災後は、何でも自粛が正しいと主張する人達であふれた。
そして、だいたいそういう人達の選択は、
「正しい」と「正しくない」の2択しかない。

それ意外の「でも楽しい」とか、
そういう選択肢は、はなから排除されてたりする。

この映画では、世間一般では「正しくない」方が、
結果として、障害者である彼の人生を生き生きとさせた。

そして思った。
「よかれと思って」って、ホントに難しく、
気をつけないといけないなと。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ