アームズ(代々木八幡)

代々木八幡

さてさて、新車のKHS P-20Rになってからの初チャリカフェ。
先代GIOSを買った時のように、代々木八幡に来てみました。
やはり、前より時速3〜5㎞ぐらいゆっくりの、巡航モード。

前の自転車でも、ゆっくり走っていたつもりだけど、
これがたぶん普通の人の「ゆっくり」なんだよな…と実感する。
GIOSがロードバイク寄りのクロスだったので、
これこそが、ロードとママチャリの間なんだろうな。

まるで梅雨があけたかのように、カラっと晴れ、日差しも強いので、
じんわりと汗をかきました。

アームズ

代々木八幡は、いいカフェが密集する地帯。
だけど、ちょうどお昼時だったので、どこも満席。
そこで少し外れた参宮橋方面に行ってみると、
月曜が定休のはずの、アームズがやっていたので、入ってみる事にしました。

犬

代々木八幡は、小田急線では、新宿から3つめの駅。
原宿や渋谷に、歩いても行ける距離なのと、割と静かな住宅地もあるので、
外国人の方やモデルさんなどの率が高い。

いかにも、ファッション関係ですと主張しているような、
刈り上げのツーブロックのメンズ率高し。
この犬を連れていた人もそう。

この髪型って、ちゃんとオサレな人が、きちんとセットしないと、
カツラつけてるのバレバレみたいな感じの髪型になってしまうんですよね。
紙一重だ。

僕が住んでいる江古田も、ターミナル駅である池袋から3つめの駅だけれど、
代々木八幡から比べると、極々普通の街です。

同じターミナルから3つ目の街を比べてみると、
新宿だと、中央線の中野、京王線の笹塚、
渋谷だと、東横線の祐天寺、田園都市線の駒沢大学、井の頭線の池の上、
どれもオサレタウンじゃないですか。

池袋から3つめは、西武池袋線の、江古田。
東武東上線の大山、有楽町線の小竹向原、どれも地味だなあ。

あ、西武新宿線の3つめの駅は、中落合。
♪なんだか、いけそうな気がする〜
と、どこへ行ったかわからないエロ詩吟の人のように、
根拠もなく勝ち誇ってみる。

江古田も地味な街だけど、僕は好きです。
このチャリカフェをやる前は、その街をしらみつぶしに歩く、
江古田日和という、ブログをやっていました。
運営を停止してから1年半になるのだけど、
やはり江古田好きという方々から、再開して欲しいという声を頂きます。
ありがたい事です。

前のようには出来ないけれど、
期間限定で、ゲリラ的に、なにか面白い事やってみようかと思わないでもない、
今日、この頃。

店内

お店は公園の前にあるので、ロケーションがいいです。

僕の後に入ってきたお客さんは、
カメラの三脚ケースを持ち、腰に「バミリ」用のガムテをしていたので、
カメアシ(カメラアシスタント)か、ADじゃないのかな?と思う。
カメラマンだけの行動だから、
なにか空絵(映像に差し込む風景画)でも撮ってきたんじゃないかな。
…と、元テレビ業界の人間は、推理してみる。

代々木公園の裏のあのあたりの風景って、
ドラマなどの挿入カットによく登場するもんなあ。
フォトジェニックなんでしょうね。

ハンバーガー

さて、本題に戻って、アームズはハンバーガーのお店です。
こういうグルメ系バーガーのお店に来たときは、
一番オーソドックスな、ハンバーガーを頼む事に決めています。

チーズバーガーとかアボカドバーガーとか魅力的だけど、
プレーンな物が一番、味の違いがわかるから。

ハンバーガーはポテト付きで900円、ドリンクセットはプラス200円。

一言でいえば、バランスの勝利みたいな味。
バンズ、パテ、野菜、味付け、どれもシンプル。
だからこそ、派手な味に誤魔化されずに、素材の味が楽しめるとう感じ。
塩、胡椒の、肉の旨さ。
レタスやフレッシュ野菜とマヨネーズ。
その肉の連合軍と、野菜の連合軍が、ほどよく口の中で混じり合います。

うん、ハンバーガーはこうじゃなきゃ。

■アームズ PARK SIDE BURGER SHOP (ARMS)
■東京都渋谷区代々木5-64-7
■営業:11:00~23:00
■定休日:月曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

ヴィオレット(代々木八幡)

アームス

天気がいいので自転車を飛ばして、御飯を食べに出かけました。
日中は25度を超える夏日を記録。
これは汗をかくだろうと速乾性のウエアを着て出かけたのですが、すぐにジンワリ。
見たら、自転車乗りの皆さんは、半袖の人も多かったです。

知人の外国人モデルの女のコが、
「代々木八幡のアームスのハンバーガーが旨い!」
と言っていたので、向かってみたら、お店の前は混雑。
デート中のカップル、犬の散歩の途中の人達、外国人グループと、
名簿に名前を書いて待っていたので、すぐに諦め次のお店へ。

ヴィオレット

その10mぐらい先にあるカジュアルフレンチのヴィオレットへ。

さらにこの10mぐらい先には、以前紹介したエスプレッソスタンドの
リトルナップ・コーヒースタンドがあるのですが、こちらも混んでいました。

テーブル

夜はフレンチのブラッスリーですが、お昼はランチの他、
15時からはカフェタイムもやっているので、カフェ使いの出来るお店です。

ちなみにこの店内を通って地下に降りると、美容室&ネイルサロン。
どちらも経営者は同じです。

こちらのお店、お客さんはご近所の顔見知りの方が多いみたい。
店内に入ってきた時の挨拶が「どうも!」みたいな
顔見知りならではのやりとりをする常連さんらしきお客さんが多数。
とは言ってもこの辺は高級住宅地ですから、
常連さんと言っても、外国人のお客さん、セレブサングラスをした女性、
犬同伴でもOKなので、犬のお散歩の途中のお客さんも。

ビーフシチュー

頂いたのは、ビーフシチューのセット1500円。
ヴィシソワーズとパンとサラダ、ドリンクがつきます。

シチューと言っても、煮込んだビーフがライスと共に皿に盛られており、
ソースをからめながらライスを頂くスタイル。
肉はかなり大ぶりで、よく煮込まれています。

アイスティー

先日までの自粛ムードが、この天気で和らいだのか、この日は、どこも混雑。
なんだか、北風と太陽の童話が頭に思い浮かびました。
穏やかな天気は、人々の心も穏やかにしてくれるみたいです。

■violette(ヴィオレット)
■東京都渋谷区代々木5-63-10
■営業:
11:30~15:00(ランチ)
15:00〜18:00(カフェ)
18:00~23:00(ディナー)
■定休日:火曜
場所はこの辺
お店のサイト

踏切

<トイデジのNeinGrenze 5000Tで撮影>

さて、なぜ今回、代々木八幡かというと、実はこの踏切に行ってみたかったからです。

これはアニメ「秒速5センチメートル」の舞台となった場所。

今、仕事に生かすために映画やアニメを見まくっている訳ですが、
その中で毎週一本は他の人のお薦めを見るようにしています。
で、うちのアニメ好きの部下に聞いたところ、
「ゴールデンウイークに公開されるアニメ「星を追う子ども」が必ず話題になるので、
その前に、同じ新海誠監督の秒速5センチメートルを見ておいてください」
との事。

で、見みました。
主人公が共通の、短編3作で構成されていて、
2人の心の距離と、その近づく速度と遠ざかるスピードをテーマとしたもの。

すごく良かった。

中学生の恋の初々しさからはじまり、大人の恋のほろ苦さまで、
胸をキュンとさせるエピソードを、スピード感で描いているのと、
背景の書き込みが、実在の場所をリアリティーをもって描いていて、
それが、とても美しかったです。

でもって、その場所に行ってみたいと思いました。

でも「聖地巡礼」という意味合いではなく、
なぜ、この監督はこの場所をロケハン(下見)して選んだのか、
それを感じてみたくなったのです。

全国には山ほど踏切があって、
この踏切だって何事もないかのように、毎日多くの人が渡っていきます。
その場所で、どうドラマを思い描いたのか、同じ場所で想像してみたくなったのです。

何本も電車を見送りながら、ここを渡る人達を観察したのだけど、
タイミングによっては、開かずの踏切になりがちなこの場所、
たしかに、ああいうドラマは生まれるかもしれないと思いました。

代々木八幡

その後、主人公が中学生時代にデートした代々木八幡へ。

参道

二人が猫と遊んだ参道。

聖地

何の変哲も無い場所だけど、
自分が写真を取り終わるのを待って、他の人がレンズを向けた。
やはり、ここは聖地なのだ。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ