榎本牧場 フォルトゥーナ(上尾)

上尾円山公園

約半年ぶりのロングライド。
「ああ自分、引きこもっていたんだなあ」というのを実感しました。

部屋にこもる引きこもりの要素もありますが、
同じ世界に引きこもっていたというのが、今回、感じた事。

都内23区をうろうろしていても、そう大きく価値観が変わる事はありませんが、
一歩、その土手を越えて、自然の中に出ると、価値観が大きく変わります。

例えば、車禁止のサイクリングロードでは、何に乗っているかではなく、
乗っている人の能力、体力が、一番の価値観。
お金持ちがどんな高い機材を買おうが、走れなければヘタレ。
逆に、貧乏な若者が安い自転車乗ってようが、早ければスゲーってなります。
小学校低学年頃の、体力勝負で順列が決まってしまう、
忘れていた世界が、突然甦ってきます。

進撃の巨人の壁なみに、荒川の土手の外の世界は厳しいです。
そして、忘れていた価値観がそこにはあります。

…という訳で、半年もサボって、すっかりヘタレに成り下がっていた自分を
痛いほど実感した次第です。
「半年前は○○した」なんて過去にすがっても意味はありません。
現に今はヘタレなんだから。

さて、農家カフェましゅましゅで食事した後は、
埼玉県道51号川越上尾線で、榎本牧場方面へ。
いつもはクロスするだけの入間大橋、開平橋を渡っていくと、
少し遠回りで、上尾円山公園方面に出たので、寄ってみる事に。

住宅街の公園から、危ないという理由で、遊具がどんどん撤去される一方で、
こういう公園にあるフィールドアスレチックには、
小さいお子さんを連れたママさんたちが、びっくりする程わんさかいました。

子供達の方にカメラを向けると、
「サイクルジャージを着た怪しい男が子供達にカメラを向ける事案が発生しました」
と、犯罪予防の通報をされるので、撮りませんでしたが、
もの凄い、大盛況でした。

公園の遊具は危ないと高らかに叫ぶ、ママさんたちと、
フィールドアスレチックで、子供達を遊ばせている人達は、別の人種なんでしょうか?
なんなんでしょうね、この対極な感じ。
価値観の違い。

もうすぐゴールデンウイークですが、
世界的な旅行サイト「トリップアドバイザー」が選ぶ「日本の人気テーマパーク」で
東京ディズニーランド、ディズニーシーに次いで
「船橋のアンデルセン公園」が、3位にランクインした事が話題になりました。
あの、USJをしのぐ人気です。
こちらも、子供が体を使って遊べるフィールドアスレチックが人気。

で、調べてみたら日経ビジネスの記事にあったのですが、
近所の公園や小学校の校庭開放は、
うるさい親が増えた事で、「怪我をした場合、誰が責任をとるのか」が問題となり、
事なかれ主義で、危ないことは全て禁止とする方向に向かい、校庭開放も取りやめ。
さらに、保育園同様に、ご近所の許容力が減り
「子供の声がうるさい」という苦情から、大声禁止の公園が増えているのだそうです。

そんな中、子供を思う存分、のびのびと遊ばせたいという親たちの間で
こういう公園の存在は貴重で、口コミで広まり、
今、フィールドアスレチックのある公園は、大混雑。
いろんなご意見があるでしょうが、こういう現象がある事は事実です。

んー、なんか捻れてるなあ。

榎本牧場

さて、そんな公園に寄って、榎本牧場へ。
ここも、車で訪れるお客さんより、自転車乗りの方が完全に多い、
自転車乗りの聖地。

看板

看板に、ダブルコーン432円とありますが、
これが毎回の定番。
「おすすめ」とある「ミルク」と、何を組み合わせるのかが、
行った時の楽しみ。

ジェラート

この日は、ミルク&モカ。
さっぱりとしたミルクと、濃厚なモカ。
正反対の味ですが、このコーンの上では上手く共存しています。

世の中、こういう風にうまく行かないですかね?

今はまだジェラートの溶けるのを心配しなくていいですが、
もう少し暑くなると、食べているそばからポタポタと。
ゴールデンウイーク、天気が良かったら、そこに気をつけてくださいね。

■榎本牧場フォルトゥーナ
■埼玉県上尾市畔吉736-1 榎本牧場内
■営業:10:00~18:00
■定休日:正月1〜3日
場所はこのへん
オフィシャルサイト

Pocket
LINEで送る

農家カフェ ましゅましゅ(本川越)

荒川

久々の荒川サイクリングロード!
というか今年に入って初!
サボりすぎだろ。マジで。

4月は父親の一周忌で、岩手に行ったりしていたのもありますが、
その他、これを機に、病院でいろいろ検査をしまして、
父親と同じ病気、その他、胃カメラ、部超音波検査(腹部エコー)、
膀胱、前立腺、血液検査など、色々診てもらっていました。

つんく♂さんの「だから、生きる」を読んだのもあるのですが、
調子の悪いときには、徹底的に検査しないと後で後悔する事になる
というのもあったので、食事を飲み込む時に引っかかりを感じ、
胃カメラできちんと診て貰ったのが、最初に病院に行くきっかけ。
その他、気になる所を全て検査。

その結果、食道に軽い炎症があるものの、胃や腸には異常なし。
同時にピロリ菌の検査もしてもらい、こちらも陰性で、感染無しとの結果に。

その他、加齢による衰えはあるものの、大きな異常が無くて一安心だったのですが、
お医者さんからは、血液検査の結果を踏まえ、
今のうちに酒を減らす事。
そして、中性脂肪の値から、運動不足であるから、
適度に運動するようにと、言い渡されました。

去年とか中性脂肪高くなかったもんなあ。
この冬の不摂生が、完全に血液の数値に出ていました。

それで、重い腰をあげての久々のサイクリングだった訳です。

サイクリングロード

稲の成長で、四季の変化を感じられる、荒川サイクリングロードの田んぼ区間。
現在は、代掻きと言って、田んぼに水を入れて、土を砕いてかきならす作業中。
GWぐらいに、田植えでしょうかね?

さて、久々に荒川サイクリングロードに来て思ったのは、
カッコイイ女性のロードバイク乗りが増えたなという事。

去年ぐらいまでは、弱虫ペダルの影響で乗り始めた女性が多かったのですが、
スカート式のジャージのカバーをつけたりせず、
そのまんまジャージで乗っている女性サイクリストが目につきました。

まあ、この時期だから、まだビギナー系は、
サイクリングに出ていないのかもしれませんが、
弱ペダ系の女性サイクリストのブログが、ことごとく閉鎖されているのを見ると、
あながち間違っていなくて、
淘汰されて、本格女子が増えたように見えたのかもしれませんけど。

あ!そうだ!
荒川上流サイクリストの皆様に大切なお知らせ!

なんと!指扇のピゼリアが閉店していました。
荒川サイクリングロード沿いの、貴重なお店だったのに。
これは、新たな補給所を探さねばですね。

伊佐沼

そのピゼリアを過ぎたら、上江橋を渡って川越方面へ。
16号から北上して、伊佐沼を目指します。
夏には睡蓮の花が水面を埋め尽くすのですが、今の時期は、何も無し。
ちょっと残念。

ましゅましゅ

その伊佐沼の近くにあるのが、農家カフェの「ましゅましゅ」
去年も何回かチャレンジしたのですが、お店が休みで、振られ続けました。

基本は、日月がお休みなのですが、
農家なので、田植えや稲刈りなど、農繁期にはお休みの日も。
ゴールデンウイークあたりは、たぶん田植えもあるハズなので、
行く人は注意した方が良さそうですね。

サイクルラック

お店には、サイクルラックもあります。
埼玉は、サイクリストが多いせいか、こういうお店が多くて羨ましいです。
逆に、サイクルラックがあるから、サイクリストが来るというのもあるようですけどね。
口コミで広まり、サイクリストに人気のお店となっていく方程式が。

店内

農家カフェといっても、古民家改装系ではなく、
新たに敷地に作ったお店なので、新しく清潔感があります。

サイクルジャージで入ったから、一目でサイクリストとわかるのですが、
「大きなグラスでお水お持ちしますね」
と、他のお客さんより、たっぷりのお水を。
こういう所も、サイクリストのお客さんが多いから、
自然に身についたサービスなんでしょうね。

ランチ

ランチは、ましゅましゅカフェ飯、セットで1000円をチョイス。
ご飯にミートソース、アボカドとトマト、目玉焼き。
見た目、タイ料理のガパオっぽいですが、しっかりとミートソース。
でも、これが意外とご飯に合うのですよ。

農家で採れた野菜をベースとした料理だけに、
安心感があるのか、小さなお子さんを連れた、ママさんたちもいました。

デザート

食後には、ヨーグルトに自家製のイチゴジャムを載せた物を。
頂くと、余計な物が一切入っていない自然な味。
やはり、市販の物だと保存の関係もあって、いろいろ入っちゃいますからね。

冬場にあれだけ不摂生をしたのに、
こういう健康的な食事を頂き、一日で健康気分。
単純すぎるだろ。オレ。

■ましゅ ましゅ (mashu mashu)
■埼玉県川越市伊佐沼7-1
■営業:11:00~22:00(L.O.21:30)
■定休日:月曜日・日曜日(その他、農繁期)
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る