榎本牧場フォルトゥーナ(上尾)

荒川

先週末の土曜日、強風の荒川サイクリングロード。
事前にツイッターなどで走っている人達が「強風」とつぶやいていたのを
チェックしていたので、覚悟はしていたのですが、
想像以上の強風でした。

前に進まず、心が折れそうに。

秋ヶ瀬公園

防風林の存在は皆さん知っているでしょうけど、
その効果を体感しているのは、自転車乗りの方が多いでしょうね。
秋ヶ瀬公園に入ったら、木々のおかげで、多少弱まりました。

リドレーフェニックス

いつもの場所で一休み。
だいたいサイクリストって休む場所が決まっているのですが、
この日は、強風で疲れた為か、意外な所に止まっている人が多かったです。

さて、今回は新しいヘルメットのデビューでもありました。


レイザー
レイザー・ジェネシス
というヘルメットを新しく買ったのですが、コレがいい!

僕が応援しているロットベリソルというチームが使用している事もあって、
前から探していたのですが、選手が使っているZ1やHeliumは、ちょっとお高いのと、
ロットがかぶっている白赤のカラーが売り切れてたりしたので、
中級のジェネシスを。

ロールシスを最初に採用したベストセラー モデル。
ロールシスというのは、頭部のダイヤルを回すと、
中に仕込まれたワイヤーが頭を包むように締まりフィットするシステム。

これがホントに快適!こんなにいいと思わなかったよ。

田んぼ

さて、防風林の無い吹きっさらしの田んぼ区間へ。
ここでいつも稲の一生を観察するのですが、今は田植えを終えたばかり。

やはり、斜め前方からの横風が凄い。
レースだったら、風で集団が分断されるエリアですね。
帰りは追い風になってくれる事を信じて、頑張りました。

曲がり角

川越線の踏切を越えた直後。
いつもは榎本牧場に行くには、まっすぐ行って橋の下のトンネルをくぐるのですが
今回は、違うコースを体験したくて、左に折れてみました。

ゴルフ場

するとゴルフ場の中を通過。
これ公道なので、自転車で走っても大丈夫です。

合流

で、ゴルフ場を抜けて、正面に見えるのが開平橋で、他のルートと合流。
それをくぐると、うどんの川岸屋がある所です。

つみ藁

上野の国立西洋美術館にモネ展を観に行った時に、
「つみ藁」を描いた絵を沢山みましたが、
現代のは、草刈り機みたいなので、自動で丸く梱包されるんですね。

緑林館

さて榎本牧場でジェラートを食べる前に、ランチしようと、
緑林館に行ったのだけど、カレーが売り切れと言われて断念。

高半

高半に行ったら行列で、待つ人が溢れていたので、こちらも断念。

榎本牧場

順序が逆になりますが、デザートを先に食べて帰り道で、ご飯する事に。
榎本牧場へ。

デローザ

バイクラックの隣りには古いデローザが。
ロゴもハートじゃなく「 De Rosa Ugo 」
こういうバイクを床の間バイクにしないで、
ちゃんとロングライドしているのが素晴らしい!

フォルトゥーナ

フォルトゥーナは、建て替えをして立派になっていました。

店内

店内にはイートインスペースも出来ていました!

ヨーグルト

頂いたのは、新製品のヨーグルトグラニータ。324円。
フローズンヨーグルトとイチゴソースを合わせたものなのですが
ヨーグルトが意外とキンキンに冷えていて、
一気に吸い込むとかき氷食べた時のような、頭キーン状態になるので気をつけて!

■榎本牧場フォルトゥーナ
■埼玉県上尾市畔吉736-1 榎本牧場内
■営業:10:00~18:00
■定休日:正月1〜3日
場所はこのへん
オフィシャルサイト

乳牛

乳牛の乳搾り見たんだけど、オートメーション化されてて凄いね。
ICタグをつけた牛が入ると、どの牛か判別し、
その後、センサーが乳首の位置とかを探り、吸引器をつけていきます。
しぼり終わったら、乳首消毒して、後ろからエアーを噴射して
牛を機械から追い出します。

すげーな。コレ。

川岸屋

さて、飯にありつけなかったので、川岸屋で、うどん!
ここにもバイクラックあります。
ここが一杯でも道路を挟んだ反対側にもラックがあるので、
結構沢山の自転車を止められます。

肉汁うどん

頂いたのは、手打ちの肉汁うどん。600円。
暑かったので、つけ汁タイプにしたのですが、
他のサイクリストは、暑くても肉うどんにしてました。
それもアリだったな。

グライペル

サイクリストが多いお店だけに、自転車雑誌も置いてあるのですが、
ちょうど開いたページに、ロットベリソルのアンドレ・グライペルが。

実は、この日、このグライペルと同じドイツチャンピオンジャージを着て
荒川サイクリングロードを走ったのですが、向かい風でポタリング状態。
チャンピオンジャージが泣いていました。
トホホ…。

Pocket
LINEで送る

小江戸蔵里・クラカフェ(川越)

自転車

長年共に過ごしてきた友人達の中から、2人がこの四月に転勤する事になり、
自分たちらしい送別会と、最後の思い出作りという事で、
サイクリングに行ってきました。

飲んだその場のノリで、板橋シティーマラソンに出場する事になり、
完走した仲間達。
あれも、キツかったけど、そういう方が忘れられない思い出になります。

という事で、自分以外は未知の距離、川越へ自転車で行くこと。
みんながクロスバイクなので、ロードだと差がつきすぎるので、
ハンデをつけてミニベロで行く事にしました。

GIOS

中には、僕のスポーツ自転車第1号だった、GIOSのanpioも。
ミニベロを譲り受けるときに、こちらを友達に譲ったのでした。
久々のご対面!

笹目橋

さて、江古田から下赤塚を通って、笹目橋に出て、彩湖を通る予定でした。
右岸より景色がいいので。
しかし、笹目橋から彩湖間の土手が、通行禁止。
迂回せよという事で、ウロウロ迂回していったら、
ヤクルトの戸田グラウンドの方に行っちゃって、
結局、彩湖は、終わり際の200メートルぐらいだけ。
意味なかった。

荒川右岸

彩湖から水門の脇を通って、秋ヶ瀬公園へ。
羽倉橋を越えて、荒川サイクリングロードを進んで行きます。

田んぼ

かの有名な田んぼ区間。
みんなに合わせて走っていたのですが、本能に火がつき、
この直線区間だけ、ちょっとミニベロでみんなをぶっちぎってみました。

みんなからは、サイクリングじゃなく体育会系かよと、ブーイング。

上江橋から国道16号に入り、そのまま直線で川越へ。

観覧車

川越ついて、お目当ての古民家カフェに行ったのだけど、
人気過ぎて、満席。
そこで、ウロウロしてたら、「まるひろ」の屋上に観覧者がチラ見え。

そういえば、都内で唯一屋上にあった東急プラザ蒲田の観覧車が、
3月で屋上遊園地が閉園で、消えたんだよな…って話しになり、
じゃあ、乗りに行くか!じゃんけんで負けた人が!
というプチイベントが発生。

まるひろ

はい、じゃんけんで負けました。
小さいお子さん達に混じって、僕とKちゃんで、乗り込みました。
係のお姉さんに
「ラッキーですね。一番人気のピンクのゴンドラですよ〜」
なんて言われて。

男2人で、ピンクの観覧車って…。

蔵里

で、どこに行っても小さな個人店は混んでいたので、
小江戸 蔵里へ。
旧鏡山酒造の建築物を、面影を残しつつ改修した施設で、
お土産屋さんの他、レストランやカフェなども入っています。
そちらのKura Cafeへ。
お土産屋さんの奥にあります。

肉味噌パスタ

頂いたのは、肉味噌パスタのセット、950円。
友人が食べていた、三元豚の角煮うどんの方が旨そうだった。
この日は天気も良く暖かったので、じんわり汗をかいて塩分が不足してたのか
一口飲ませてもらったスープが、すーっと体に染み渡る。
塩分補給にもなったし、そっちだったなあ。

■小江戸蔵里kura cafe
■埼玉県川越市新富町1-10-1
■営業:10:00〜18:00
■定休日:無休
場所はこのへん
オフィシャルサイト

熊野神社

まるひろの駐輪場に自転車を停めて、ここからは徒歩散策。
すると、熊野神社からお囃子が聞こえてきたので、ちょっと寄り道。

足つぼ

鳥居からの参道の所に、足ツボの道があったので、またジャンケン!
今度は、罰ゲーム回避出来ました!
小さい石のゾーンは、かなり痛かったらしいです。

古典芸能

境内では古典芸能。
銭洗い弁天もあったので、銭洗っておきました。
増えるといいなあ。

蔵の街

さて、いよいよ蔵の街へ。
日曜だったので、かなりの人出。
映画のセットみたいで、テンションもアガります。

紅芋ソフト

歩きなので、さっそく食べ歩き。
川越はサツマイモの街って事で、紅芋ソフトを。

シェアサイクル

川越には、至る所にシェアサイクルのスタンドがあります。
通常は、ネットからの申し込みでのカード決済なのですが、
当日、現金払いでも受付可能です。

通常基本料金200円で、
40分以内に1度スタンドに入れると追加料金無しなので、
それを繰り返すと、1日200円で乗れるのですが、
現金の場合は、デポジットで800円のトータル1000円スタート。
最後にICカードを返せば800円は、戻ってきますけどね。

女性となら電車で川越まで行って、シェアサイクルでサイクリング
ってプランもいいかもですよ。

時の鐘

川越のランドマーク、時の鐘。
しかし、まわりの街並みとか、よく残しておけましたね。
今ではこれが観光資源になっているけど。
近代的マンションとか建てたがるやからがいると思うけど。

駄菓子屋横丁

そして、川越名物の駄菓子屋横丁は、激混み!
激混みすぎて、逆に買う気がおきないという…。

肉屋

そんな川越を散策しながら、
ちょっと帰りに寄りたい、気になってたお店があると言うと、
みんなが「肉屋ですか?」と。
路地を通り抜けるときに見かけたお店です。
その時は、そんな会話しなかったけど。

メンチ

作り置きをせずに、注文があってから揚げますという張り紙があり、
それが気になるポイントでした。

頂いたのはメンチカツ。
国産牛のこだわりの肉を置いているお肉屋のメンチだから、
そりゃあ、旨いさ!

帰りは川越街道をひた走り、江古田へ。
焼き肉屋に集合して、ここでアルコールを入れて、打ち上げ!

友人達と東京ですごせるのも、あとわずか。
あと、なにか思い出が作れるといいけど。

P.S.
Kちゃんは、℃-uteの中野サンプラザの時に必ず帰ってくると。
という事は、初遠征になる訳ですな。

Pocket
LINEで送る