J.S. CURRY 渋谷文化村通り店(渋谷)

東急

若者の街といわれる渋谷で、若者がいない場所があります。
それが東急本店。
背後に高級住宅地の松濤を背負い、若者からセレブを守る、真田丸のような出城ような存在です。日本橋三越とまではいきませんが、西武やPARCOとは一線を画し、若者を切り捨てたお店。一着10万前後のジャケットを買った奥様の、姿が見えなくなるまで頭を下げ続けるという、昔の大塚家具のような接客を見る事が出来ます。
(フロアによりますけど)
109の「どうぞ、ごらんくださ〜い」というアパレル店員とは違う、異文化に触れるのが好きで、この付近に来ると、意味もなく店内を散策する事があります。

でも最近では中国人観光客が、買ったブランドバッグの包装を解いて、スーツケースに詰め込む為に、入り口付近で地べたに座り込んでいる姿もあったりして、ちょっと残念といえば、残念。

JSカレー

残念といえば、渋谷は意外とカレー難民になりやすい土地柄です。
間借りカレーや、カレー専門店のムルギーも15時ぐらいで閉店してしまい、17時からバニラビーンズのライブだったので、16時台にやっているお店を探すのが大変でした。パク森改め、パクパクもりもりも、夕方休憩だし、いっその事、井の頭線下のC&Cにでもしようかも思いましたが、ちょっと粘って見つけたのが、J.S. CURRY 渋谷文化村通り店。

アパレルのジャーナルスタンダーを運営するベイクルーズのお店で、ハンバーガーの、J.S. BURGERS CAFÉ とかパンケーキの、J.S. PANCAKE CAFEとかの系列の、カレー店です。

カレー

チェーン店なので、今回はちょっと辛口目の採点です。

前身の「神南カリー」のこだわりのルーをベースに、
ローカル食材や季節感をミクスチャーしたオリジナルカレー

という触れ込みなのですが、流行よりちょっと古い感じです。
写真の見た目は、今流行のスパイスカレーに近いのですが、ルー自体は、欧風カレーに近いもったり系で、いかにも業務用。そこに、ブームの残り火のように、パクチーが乗っているという。ミクスチャーといえば、新しい物に聞こえがちですが、古い物同士のミックスで、かなり流行遅れ。

店員さんは、若女性達で、接客も良かっただけに、逆にもの悲しい。彼女達の責任ではありません。この味を決めている責任者の研究不足でしょうね。まあ、チェーン店だと大胆に味を変えるには、全店にかかわる規模なので、難しいのは重々承知ですが。

前から提唱しているのですが、牛丼チェーンのカレーも、安いのに本格派打ち出そうとして、どこも味が濃すぎるというか、しょっぱすぎます。チェーン店のカレーって、ホント旨いの見つけるの難しいですね。

■J.S. CURRY 渋谷文化村通り店
■東京都渋谷区道玄坂2-23-11 1F
■営業:11:00~23:00
■定休日:不定休
■場所はこのへん
お店のInstagram

Pocket
LINEで送る

ヨゴロウ(原宿)

国立競技場

この暑さの中で東京オリンピックやって大丈夫なの?という話題が多くなるほど、暑い日が続きます。
東京オリンピックは、2020年7月24日〜2020年8月9日まで。連日、35度を超える中、競技が行われる可能性もあります。

前回の東京オリンピックは、10月10日だったのに、なぜに今度は夏にやるの?バカなの?と小池都知事とか、JOCが決めたかのように思い込んでる人も多いようですが、国際オリンピック委員会(IOC)が、夏季五輪の開催日は、7月15日~8月31日までの間に設定すること…としているからです。

理由は、欧米のテレビでのオリンピックの放送時間を多く確保するためです。メジャーリーグなどの盛り上がる秋をはずす事で、テレビ局から支払われる巨額の放映権を得ようとしている為です。

リオデジャネイロ・オリンピックも暑かったんじゃなかったけ?…と思いましたが、南国ですが、南半球なので、実は冬で、女子マラソンが行われた日は、19度スタートで、25度まであがりました。

これまでのオリンピックで過酷だったのは、2004年のアテネオリンピック。暑さを考慮して、18時スタートだったのですが、スタート時の気温は35度。そのため、女子選手82人中、棄権が16人。その中には有力選手のポーラ・ラドクリフや、リディア・シモンもいました。金メダルの野口みずきさんや、銀メダルのヌデレバも、ゴール後倒れ込み、しばらくインタビューに答えら得ないという事態に。

日本は早朝7時のスタートになりましたが、ちなみに、昨日20018年7月20日の気温でみてみると7時の段階で29度、10時の段階で33度でした。後半になるにつれて暑くなるので、厳しいレースになるでしょうね。

「有識者」と呼ばれる人達が、打ち水などで対策を!とか言ってますが、今年の6月に26度の中、10㎞ロードレースを走った身からいうと、打ち水とか、全く効果ないし、湿度でもわっとするだけ。湿度が高いと汗の水分が気化しにくくなり、体温が下がりにくくなるそうです。

ビクター

国立競技場脇のビクターのトンネルのように、直射日光を浴びない所は、体感温度が下がる訳ですが、朝7時から、10時頃にかけて、ビルの陰になるコースとか、設定出来ないものでしょうかね。

ヨゴロウ

話は変わりますが、一つ前の記事に書いた、声優の山寺宏一さんと結成したカレー部で、旨かったカレー屋さんを報告し合う事になっているのですが、山寺さんから推薦されたのが、この国立競技場近くにあるヨゴロウというお店。最寄りの駅は原宿で、歩くと10分ぐらいあります。

チキンカレー

頂いたのは、チキンカレー950円にコーラ200円をつけて、1150円。
チキンカレーは、トマトかホウレンソウかを選べるのですが、スパイシーだというトマトの方を選びました。後で、いろいろみたら、ホウレンソウの方が人気のようですが。

鉄鍋での焼きカレーという感じなんですが、中のチキンは、焼かれたうえで、カレーの中に豆乳されています。たまたま僕のがそうだったのかもしれませんが、かなり焦げ目がついていて、香ばしいというよりは、少し焦げくさいと言った感じ。もう少しあぶり焼きというぐらいだったら良かったかなあ。

これだけ食べ歩いていると、焼きカレーも食べていますが、お目にかかった事のないタイプのカレーです。昼時には行列も出来るそうなので、少し時間をずらして行った方がいいかもしれません。僕が入ったのは、15時前で、待ちはありませんでした。

■ヨゴロウ (YOGORO)
■東京都渋谷区神宮前2-20-10 小松ビル 1F
■営業
11:30~16:00(月〜金)
18:00~20:00(月〜金)
11:30~16:00(土)
■定休日:日祝
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る