カフェ・サクラ(聖蹟桜ヶ丘)

府中

多摩市を目指し、まずは千川通り〜五日市街道〜小金井街道で府中まで。
旧甲州街道に入ったら、以前行った中久本店喫茶室・蔵の所で府中街道へ。
途中から都道・府中町田線に入って、多摩川方面へ。

関戸橋

京王線・中河原駅近くの関戸橋を渡れば、反対側はもう多摩市です。
この関戸橋下の川原では、毎年4月と10月の第三土曜日に、
自転車用品のフリーマーケットが行われているそうで、
まだ参加した事はないけれど、一度覗いてみたいものです。

実際に行われるのはこの橋の下をくぐった反対側の川原なんですが、
関戸橋は、歩道が右側にしかなく、写真を撮ったりしたいので、
こちら側からアプローチ。

多摩川

やはり、こういう風景の場所に来ると開放感があります。
部屋にこもっていると、精神的によどんでしまう事があるのですが、
たまにこういう所に来ると、悪い気が心の中から抜けていくように感じる事も。

あんまりヒーリングだとかそういう物を熱心に信じるタイプではないのですが、
小さな事でくよくよしているような時には、マジで気持ちいいですよ。
こういう場所。

あ…、今現在は、特にくよくよしてませんが、それでも気持ちいい!

河原

こんな感じで、ボーっとする。
この写真じゃわかりにくいですが、実は女子2人。
まあカフェで女子会もいいですが、こういう友人関係っていいですね。

彼女達2人がいてくれたおかげで、思いのほか、いい写真になりました。
こういう、何でもないようで 幸せそうに思える写真が、
もっと撮れるようになるといいなと思う。
オレは虎舞竜か!

カフェ・サクラ

多摩川サイクリングロードのある、あの河原から、
少し住宅街に入った所にあるのが、
今回の目的地の一つ「カフェ・サクラ」。
少し古い建物を利用したお店。

店内

古民家って程じゃないんですが、昭和の香りの漂う建物を生かし、
素朴な感じでアレンジ。
池袋のランプにちょっと雰囲気が似てるかも。

床

学生時代リフォームのバイトをしていたからわかるのだけど、
床タイルを剝がして、タイルや接着剤の後をキレイに整地した床。
最近、こういう床のリノベーションカフェも多いですが、
これはこれで、味があって好きです。

店内

壁には手作り系のアートや小物が並んでいたりして、
それがまた素朴な空気感を作り上げています。

パン

棚の中段、少しだけど手作りのパンも売られていました。

スープカレー

頂いたのは、スープカレーのセット900円。
サラサラのカレーといよりは、コンソメスープぐらいのスープ具合。
でも具に鶏のもも肉が一本丸々入っていたり、
大きめにカットされた野菜が入っていたりと、食べ応えは十分。
スープは見た目よりスパイシーなんだけど、不自然さがなく
「スパイシーだけど優しい感じ」って、伝わるかな?

以前
「カフェには風の谷のナウシカの本が置いている率が高い」
という説を唱えた事があるのですが、
オーガニックなカフェでは、カレーはサツマイモ率が高い!
という、新説を。
漠然とそう思うのだけど、確かに多い気がします。

このお店の前の道を歩いて2~3分行った所が、
先ほど女子2人がのんびりしていた河原。
時間がある時に、ここでお食事して、そして河原までお散歩というコース、
特にこの近所、聖蹟桜ヶ丘とか多摩市に住んでる方には、
休日の過ごし方として、オススメしたいです!

■cafe・sakura(カフェ・サクラ)
■東京都多摩市関戸2-23-18
■営業:12:00~19:00
■定休日:木曜日
場所はこのへん
お店のサイト

地図

自転車で都内のカフェ制覇の旅。
これで多摩市制覇!

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ