桃月園皐月家香麦荘(指扇)

荒川

今年初の荒川サイクリングロードです。
ブログをチェックしたら、去年は2月の終わりに出撃しているんですねえ。
インスタでは女性サイクリストが走り始めているのを見ていたのに、
何でだろう?この時期まで、やる気スイッチが入りませんでした。
重い腰を上げ、今年は、東京の桜の散り始めが早かったので、
ロードバイクで北上して、満開の桜を見に行く事にしました。

秋ヶ瀬公園

いつも休憩を入れる秋ヶ瀬公園、ピクニックの森B駐車場。
こちらの自販機の前にはサイクリストが集まるのですが、
その奥に、今日はバードウォッチの方々がいらっしゃいました。

バードウォッチ

年を取ると、「花鳥風月」の順番で自然を愛でるようになると、
言われていたりしますが、
満開の桜を求めて北上する僕は、第一段階で、
こちらの皆さんはすでに2nd stageに進出されたのかもしれません。

田んぼ区間

米が出来るまでを学べる、田んぼ区間。
今はまだ苗作りの期間でしょうか?
種籾を水に浸して発芽しやすい状態にしている時期だと思います。
まだ家の近くのビニールハウスでの作業の時期ですね。たぶん。
通常だと田植えはゴールデンウイークの時期なので、
この後、田起しが始まり、水を入れて代掻きしていく事になります。

行き止まり

西遊馬公園の縁を走るコースは今も工事のため通行禁止で
公園内を迂回して走る事になります。

通行禁止

本来なら2月で工事が終わっているハズなのに、
未だに通行禁止です。

荒川CR

西遊馬公園から土手に戻り、
川越線の指扇駅を中心としたエリア。
実はこの付近、劇的にサイクリスト向けのお店が増えています。

桃月園

土手の下の森の中には、サイクリストにおなじみのVIAがありますが、
その森のような一角を、桃月園と言います。
入り口の所に掲示されていた歴史を読むと、
戦後の食糧難の時期に、ここで桃を作り始めたそうで、
その後、食糧難が解決すると、盆栽を作り始め、
世界に輸出したのが、この桃月園の始まりのようです。
看板の成勝園は、盆栽屋さんです。

かき氷

入ってすぐ右手のアトリエの2階に、かき氷屋さんが出来ていました。
四谷 荒木町にある季節限定(6月下旬~11月中旬)のかき氷屋さん
Ryanの2号店で、Ryan02(ライアンマルニ)。
四谷のお店は、かき氷マニアの間で有名のようです。
メニューを見たら、かき氷だけじゃなくランチメニューもあるので、
今度はこちも寄ってみましょう。

小麦荘

さて、今回のお目当ては、こちらの桃月園皐月家香麦荘。
まるで漢文のようですが「とうげつえんさつきやこむぎそう」と読みます。
VIAの向かいにサイクルラックのあるカフェが出来たと聞いたのですが、
事前にリサーチしてみると、豊島区の要町にあるベーグルのお店
「香麦荘」のサイトに、こちらへのリンクがあったのです。
香麦荘は家から割と近く、かつて行った事があるお店です。

こちらのオーナーさんが、その香麦荘のベーグルに惚れ込み、
そのベーグルを使ったカフェをやってみたいという事で、
こちらを作ったのだそうです。
2017年の9月30日のオープンです。

キーマカレー

となると、普通はベーグルのプレートを選ぶのですが、
こちらはキーマカレーも人気のようで、
ベーグルは再び要町に行って食べる事にして、
14種類のスパイスを使用したキーマカレーのセットを頂きました。
サラダとドリンクがセットになって、1080円。
パクチーと生玉子を乗せていいか聞かれますので、
苦手な方は、事前に申告するといいでしょう。
僕は、ノープロブレム。

イタリア直輸入のエクストラバージン・オリーブオイル使った、
手作りのドレッシングが小さいポットで出され、
野菜も美味しく食べられるのがいいですね。

コーラ

この向かいには、同じく古民家カフェで、
サイクリストには有名なVIAがあります。
されに入り口付近には、Ryan02。
森の中で3つのカフェがビレッジを形成しています。

高速道路の事を、ハイウエイオアシスと言ったりしますが、
荒川のサイクリングオアシスとして、
注目される場所になりつつありますね。

■桃月園皐月家香麦荘
■埼玉県さいたま市西区西遊馬3131
■営業:
09:00〜18:00(土日祝日)
10:00〜18:00(月火)
■定休日:水木金
場所はこのへん
お店のサイト

カフェ

さて、ここからすぐ。
川越線を越えた所にかつてあった
サイクリスト御用達のピゼリアが、惜しまれつつ閉店しましたが、
その店舗を使って、新しいカフェが出来ていました。
ベニーノ・ヴィッラ。
サイクルラックも設置されていて、
すでに何台ものロードバイクが停められていました。
こちらも早急にチェックしなければですね。

それにしても、最近のサイクリスト向けのカフェの増え方すごいですね。
このブログを始めた頃、2010年って、そんなに無かったんですよ。
サイクリングのグルメ記事といえば、蕎麦ばっかりで。
だからそういう文化を創ろうと「チャリカフェ」を名乗った訳ですが、
あとは、都心のカジュアルなチャリカフェが増えてくれると、
移動手段としての自転車が、もっと見直される気がします。
すでに、おしゃれママたちが、クロスやミニベロで、
カフェめぐりしている様子が、インスタにあがり始めていますし。

Pocket
LINEで送る

プチモンド(赤羽)

石神井川

中板橋で石神井川を超えて赤羽へ。
赤羽というと、「センベロ」というイメージの人も多いと思いますが。
実は、インスタ映えスイーツのスポットでもあります。

西口の「anzu to momo」は、出来てまだ1年なんですが、
開店と同時にインスタ映えスポットとなり、
お昼の12時オープン後すぐに、
人気メニューは3時には売り切れとなってしまいます。

同じく西口の豆電コーヒーは、プリンが人気で、
インスタ目当てで人が集中しすぎた為に、
一時期、プリンを止めて、撮影禁止にしたほどです。

プチモンド

そして、赤羽スイーツ御三家の1つが、
同じく西口にある、プチモンドです。
もともと人気があって混んでいましたが、
この日は行列が出来ていました。
「孤独のグルメ」に登場したり、
人気グルメライター平野紗季子さんの特集に登場したり、
直近では、テレビの食べ歩きで、織田信成さんが訪れ、
その影響で、行列が出来ている模様でした。

行列

9時開店(4月から10時開店)なのですが、
この日は平日にもかかわらず人が集中しすぎてしまった為、
途中で、一旦閉店。
その後、残りの食材等を確認したうえで、
2時から20人限定で、再オープンという事でした。
僕は、18番目。
40人ぐらい並んで、お店の人にここまでしか入れませんと、
後ろの人を帰したのに、知らない人がやって来て、また並び始めます。
再び、後ろが帰されたのですが、
それでも「二人ぐらいなんとなんじゃね?」と、
粘って並ぶカップル。
入店の時に断られていましたが。

看板

20名が入った後は、このように閉店のサインが出されます。
それでも、店内に入ってきて、
「せっかく来たのに、ダメ?」と、粘る人多数。
ご夫婦二人でやられているのですが、
この人気に完全にパニックになっていました。
運良く入れても、ここから待ちます。
ご主人一人で作っているので、
最初のお客さんの物から順番に作り、
18番目の僕のメニューが出て着たのは、ほぼ1時間後。
最初のお客さんが食べ終わって帰ると、
他の客が席を移らせろとか、わがままを言い出したりして、
見ていて、ちょっと気の毒な感じになりました。

パフェ

お目当てのフルーツサンドは、10人目ぐらいで売り切れだったので、
第2候補の、フルーツパフェを注文。
忙しい中、丁寧に作られた一品がこちら!850円。
旬のフルーツがふんだんにちりばめられ、
今年の初スイカは、このプチモンドとなりました。

僕が食べる頃には、オーダーも一段落し、
それまで必死の形相で作り続けていたご主人も、
穏やかな表情に戻っていました。

現在は、テレビ番組の影響などで、プチパニックになっていますが、
落ち着いたら、フルーツサンド、リベンジしたいなあ。
赤羽スイーツ恐るべし!

■プチモンド
■東京都北区赤羽台3-1-18
■営業:10:00~18:00(現在変則営業)
■定休日:木曜日、金曜日
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る