隠房(豊島園)

隠坊

昨年、スタバで一杯2000円のコーヒーが売り出され、話題になりました。
「パナマ アウロマール ゲイシャ」は豆が250gで1万800円。
店内では、ショートサイズ1杯、1998円で提供。
もちろん稀少な種類の豆なので、店舗限定・数量限定での発売でした。

今年は、コロンビアのゲイシャ種『コロンビア セロ アズール』を、
9月9日から、同じく店舗限定・数量限定で販売。
ショートサイズで、1,310円で売り出されました。

ゲイシャと言っても、日本の芸者とは関係なくて、
エチオピア原産の野生種で、Geishaという地区で採取された種類なので、
ゲイシャ種と呼ばれています。

かつてはブルーマウンテンがこのような稀少品種だったので、
高価なコーヒーの代表でしたが、
ニセモノが多く流入した為に、ブランドの価値が下がりました。

かつてのブルマンのように、今、高価な稀少品種とされているのが、
ゲイシャ種なのです。

その「ゲイシャ種」が入ったというので、豊島園の「隠房」へ。
以前行った時に、もうすぐ入るのでチェックしていてくださいと、
言われていたのです。

店内

店内のボードで確認すると、
パナマのカジェホン農園のゲイシャ種、ナチュラルがあるじゃないですか。
ナチュラル好きの僕としては、願ったり叶ったり。

こちらは、ストレートコーヒーは通常500円なのですが、
「ゲイシャ種のナチュラルお願いします」というと、
「こちらは稀少な豆なので、一杯1000円ですが、よろしいですか?
 それでも他よりはお手頃になっていると思いますが。」
との事ですが、稀少ゆえに期間限定となってしまう種類。
あるうちに頂こうではありませんか。

ちなみに、もうすぐ販売終了となってしまうそうです。

ゲイシャ種

パナマのカジェホン農園のゲイシャ種、ナチュラル、1000円。
ケンズカフェ東京のガートーショコラ300円。

さて、ゲイシャ種のお味。
まず第一印象は「なめらか」。
雑味がないので舌に残る感じはゼロで、
きめ細かい上質なクリームを頂いた時のような舌触り。

お店の方に「なめらかなので驚きました」と言うと、
ゲイシャ種の特徴の一つが「シルキー」と言われているので、
特徴を捉えていると思いますと言われました。

ナチュラル特有の深みもあるのですが、
いつものエチオピアよりも、すっきりしている感じ。

なんだろう。
なにかが悪い意味で突出している事がなく、
全てのバランスがいいので、すっきりと感じるのでしょうか?

コーヒーショップのサイトなどを覗くと、
香りに言及されている事が多く
「甘いフローラル、シトラス・ブラッサム、ジャズミンと甘い蜂蜜の香り」
などと書かれているのだけど、
この香りの表現というのが、自分は苦手というか、正直ピンと来ません。
ワインもそうなんだけど。

もう少し、香りについての表現を勉強しなければなりませんね。
あるうちに、もう一度、飲んでおこうかな。

■隠房 (かくれんぼう)
■東京都練馬区練馬4-20-3 ミヤマビル1F
■営業:12:00~18:00
■定休日:火曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る

隠坊(豊島園)

隠坊

その昔、これさえ言っておけば通ぶれる「見栄講座」という本がヒットしました。
作ったのは初期のホイチョイプロダクション。
その後、私をスキーに連れてってなどに発展するきっかけとなった本です。

今、女性芸能人のブログで流行に敏感アピールに使われるのが、
スタバの新製品ですが、

見栄講座的に書くと

「ロースト・ナッティ・チェスナッツ・フラペチーノ飲んだよ〜!」
という自撮りをのせて流行に敏感アピール!
「店員さんがこんなメッセージ書いてくれて、ほっこり」
とカップのイラストでも見せて、小さな事で幸せアピールすれば、
親近感を持って貰えるでしょう。

みたいな感じでしょうか。

さて、通ぶるつもりは無くて本当に好きなだけなんですが、
「このお店出来るな」というところ行くと、
聞いてみたくなるのが

「ストレートで、ナチュラルありますか?」

通ぶるつもりないと言ったけど、通っぽいなあと思うのも事実。
こう聞くと店員さんも「そう来ましたか」的な顔する人多いです。

豊島園の「隠坊(かくれんぼ)」も、コーヒー知識の豊富なお店なので、
一応、ナチュラルあるか聞いてみました。

ナチュラル

キリマンジャロとか、マンデリンなどは、豆の種類ですが、
ナチュラルというのは、豆の生産処理方法の事。
コーヒーの実を収穫してから、種を取り出し豆にする方法には、
大きく分けて3つの方法があります。
(厳密には、もっと細かく分けられるけど)

●ウォッシュト
●ナチュラル
●パルプトナチュラル

この3つに分けられます。

皆が飲んでる一般的なのが「ウォッシュト」で、
収穫した実を機械で果肉を取り除き、種に残る実や粘着液を、
水で発酵させて、水洗いして取り除く方法。

それに対し、僕がハマっている「ナチュラル」は、
果実のまま天日乾燥させてから脱穀する、昔ながらの方法。

「パルプトナチュラル」は、この中間的な存在で、
機械で果肉を取り除くものの、種に残る実や粘着液はそのまま残して乾燥、
そのうえで脱穀するという方法。

乱暴な例えをすれば、干物の作り方で、天日干しか、機械乾燥か的な。
出来上がりは似ているけど、味に違いが出るという。

ナチュラルは、品質が天候に左右されるし、
豆を自然乾燥させるための広い敷地が必要。

それに対し、ウォッシュトは、機械で作業を行うので効率がよく、
品質が安定しているのが特徴。

ただ、最近のコーヒー豆の品質を競う高い「カップオブ エクセレンス」では、
平均的なウォッシュトより、個性的なナチュラルが受賞するケースが多く、
各産地でも、ナチュラルの見直しが始まっています。

まあまあ、話しが長くなりましたが、今、スペシャリティーコーヒーの世界では、
ナチュラルは、外せないワードでしょうね。
というより、マジで自分好みなんですよえ。

この日は、エチオピアのナチュラル500円と、
ケンズカフェ東京のガートーショコラ300円。

コーヒーとは思えないぐらい果実味があります。
そして、なめらかな舌触り。
ガトーショコラを食べなくても、
ガトーショコラの後味が残る中、コーヒー飲んだみたいな味がします。
だから、もちろん、この2つは合うのです。

ウォッシュド

お店の人が、昔の効果音で波の音出す時みたいに、
ザルの中で、ザザーと豆を揺らしながら、不良豆をハンドピックで取り除いています。
それを見てたら、
「おかわりは200円引きですから、エチオピアのウォッシュトと飲み比べてみますか?」
というので、飲んでみる事に。

たしかにウォッシュトはスッキリしてます。
クリアで洗練された感じなんだけど、
香り豊かななナチュラル飲んだ後だと、ちょっと物足りないかも。

この秋は、うまいナチュラル探しの自転車旅が、はじまりそうな予感。

■隠房 (かくれんぼう)
■東京都練馬区練馬4-20-3 ミヤマビル1F
■営業:12:00~18:00
■定休日:火曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る