あんこ屋・八(豊島園)

あんこ

すっかりサヨナラしたハズなのに、
あいかわらず、夏はそこにいた。
映画館の脇の細い路地裏で
秋から来た風にせかされながらも、
夏にお似合いの赤い文字が踊っている。

少し前なら迷わず入ったのだろうけど、
すぐに足は動かず、ただ眺めているだけだった。
だって、夏は終わったんだよ。

しばし佇んでいると、夏の声も聞こえてきた。
まだ蝉も鳴いているし、まあいいか。
一歩足を踏み出す。

看板

…なーんてな!

こんな書き出しになったのはサワダのせいだ。
サワダとは今、新宿駅の地下にあるベルクという喫茶店で、
「ささくれの土地」という写真展を絶賛開催中のサワダだ!

カリスマ美容師が、お気に入りのコにかけようとしたパーマよりも、
しっかりといい具合にかかってしまったサワダだ。

いつもの店の隣の席でハイボールをあおりながら、
「夏の終わりの感傷的シリーズ続いていますね」とヤツは言った。

そして、その店でバイトするカリスマのお気に入りのコは、
そんな話などよりも、サワダの頼んだチクワ揚げに興味津々らしく、
勤務中なのにガマンが出来ずに、二人の話の脇で、一つつまみ食いした。
そして幸せそうな顔をした。

オレたちの話はチクワに勝てなかった。

話がそれた…。
しかも、さっきまで読んでいた村上春樹も混線してきた。

そう、ここのところ文章を変えてみたのは、ヤツの影響が大きいという話だった。
写真展が開催されているお店のフリーペーパー「ベルク通信」に、
彼の写真展に寄せた思いが綴られていたのだ。

いちいちリンクへ飛ぶのも面倒だろうから、彼の文章を載せる。
勝手に載せる。

「ささくれの土地」

このところ故郷の太陽はルーティンワークをこなしてるだけって印象で、ただただトタン屋根に波の影を落としては帰っていく。それをしらけた眼で見ている僕には、おそらく郷土愛ってものが備わっていないのだろう。
たまに帰省しても僕には散歩くらいしかやることがない。遠くに行くわけでもなく近所をぶらつくだけだが、何となく、僕が歩いていた故郷とは違う。しかしながら、ふと、影がふわりと横切っていくのを感じ、ぼんやりとしてしまう瞬間もある。
これを見て「だから何なの?」と問われたら、「故郷の光景です」と言う以外、僕には答えようがない。しかし、僕の中にある信じ難い微かな感傷を信じるなら、故郷の街路を好きな東京の街路へ晒すことは、もしかしたら、僕の、極めて僕なりの、少しひねくれた故郷への愛情表現なのかもしれない。少しだけ、そう思わないでもなかったりもする。
あ、でも、それも嘘かも。やっぱり、これは故郷の光景だ。ただの故郷の光景。

沢田勝信

なんで写真家の方が、いい文章書くんだよ…。
おまけに写真もいいので、ぜひ足を運んでみてほしい

店内

結局、サワダにも村上春樹にもなれない、この文体はここまでとする。
所詮、マネはマネでしかない。

ここから自分に戻そうとしたのだけど、
自分の文体がわからなくなったので、勢いで書く事にする。
クラシックでいう転調のような効果を狙っている訳ではないので、お断りしておく。
ちょっと、疲れただけだ。

さて、このお店の前に僕を釘付けにしたのは「天然」という文字でした。

天然氷といえば、西武線では秩父の阿左美冷蔵。
そして十条のたるまや餅菓子店。
僕が知っているのは、そのぐらいかな。

なのに、こんなに近くにあったなんて。
かき氷マニアの蒼井優ちゃんにも教えてあげたいぐらいです。

黒蜜ミルク

黒みつミルクは780円。
思ったより大きかったけど、ふわっとしているので、口の中ですぐに溶け、
スプーンは進み、どんどん山がけずれていきます。

シンプルな黒みつを選んだのは正解!

十条の「だるまや餅菓子店」は、同じ日光でも松月という氷室を使っているけど、
こちらは、三ツ星の氷。
でも、細かな削り口と、氷のまろやかさは似ている気がします。

かき氷専門となっていたので、秋以降はどうなるのか気になって聞いてみたら、
甘味処となるそうです。

そして、かき氷の終わり。
23区で一番暑い練馬区にあるこの店の夏の終わりは、9月いっぱいだそうです。

■あんこ屋・八
■東京都練馬区練馬4丁目15-18
■営業:11:00~20:00
■定休日:不定休
場所はこのへん

結局、何が言いたかったというと、蒼井優ちゃんはカワイイという事だ。

何を言う〜!蒼井優〜!
村上春樹のついでに、村上ショージもパクっておく。

Pocket
LINEで送る

シャモニー(豊島園)

豊島園

映画を観に豊島園へ。
いつもはネットで予約してしまうのですが、
頂いた劇場鑑賞券との交換だったので、少し早く出てチケット購入後、
付近を探索する事にしました。
駅前はチェーン店で占領されているのですが、
路地裏などには新店も出来たりしているので、散歩してみました。

シャモニー

庭の湯の斜め前にあったのが昭和な感じの喫茶店、シャモニー。

泉麻人さんの著書に「東京ふつうの喫茶店」というのがあり、
オシャレなカフェでもなく、コーヒー自慢の喫茶店でもなく、
普通の喫茶店なんだけど、なぜかホッと出来るお店と、
そこでのエピソードが綴られた物があります。

まさに、その本に出てきそうなお店。

店内

店の奥には、なつかしのテレビゲームがついたテーブルもあります。
電源が入っていなかったので、なんのゲームかわかりませんが。
そして、誰のものだかわからない油絵のレプリカも。
でも、この雰囲気を作り上げるのに、どれも必要な気がします。

ナポリタン

やはり昭和な喫茶店とくれば、注文はナポリタンでしょう。
単品だと500円ですが、ランチ時はドリンクがついて700円。

待っていると、ジャージャーと炒める音がしはじめ、
野菜の香ばしい香りが。

料理の音が聞こえるお店って好きだなあ。

アイスコーヒー

お店のお母さんと、年配のお客さんが、外を見ながら天気の話をしています。
確かにここの所、にわか雨が多かったりしますが、
そうじゃなくても、年をとると天気の話をよくするようになりますねえ。

天気のことが重要なのか、それとも話題がないのか。
昭和な喫茶店では、天気の話がよく話題になっている気がします。

■シャモニー
■東京都練馬区練馬4-18-14
■営業:9:00〜19:00
■定休日:不定休
場所はこのへん

アベンジャーズ

さて、今回観に行った映画はこちら「アベンジャーズ」
IMAXシアターで3Dという体験でした。

3Dって最初字幕が浮き上がりすぎて、読むだけで精一杯になってしまいます。
そして首をどちらかにかしげると文字がずれて2重になって見える。
だから正しい姿勢でみないといけません。
さらに遠近感に焦点があっていないのか、目が疲れる。
途中、片目を閉じてせっかくの3Dを2Dにして、目を休めたりしていました。

ところが、そんな事を考える余裕があったのは前半戦だけで
バトルモードになると、画面に引き込まれ、
いつの間にか、そんな不満も忘れて見入っていました。
物語の世界に、すっかりと入り込んでいました。

アベンジャーズは、アメリカンな映画だと思う。
こういうエンタメ、嫌いじゃあないです。
日本人だったら、最後は、違うよね。
たぶんお涙ちょうだいになっていたハズ。

七人の侍に通じる、ある種の能力にたけたキャラクター達が、
それぞれの能力を発揮して戦うという話。
それを大幅にデフォルメしたのがアベンジャーズだけれど、
似たような構図は、身近にも転がっています。

例えば、僕の飲み友達。
美容師だとか鍼灸師だとか、音楽家だとか、職業的な特殊能力もあるけど、
僕が思うのはキャラクターの問題。

しゃべればイメージがちょっと違うみたいけど、見た目だけならイケメンいるし、
どんな話にも入り込んで盛り上げる、賑やかし能力にたけたヤツもいる。
情報通もいれば、いじられ役もいる。
笑っているだけで、その場を明るく出来るコもいる。
それがうまい具合に、それぞれの役割をはたし、楽しい飲み会が出来上がる。

映画と比べれば、規模はぐっと小さくなるけど、
とある飲み屋で、酔っぱらいアベンジャーズ達によるドラマが
ひっそりと上映されているのでした。
酔っぱらいだけに、再放送みたいなシーンが多すぎるけどね。

Pocket
LINEで送る