すき家の低糖質メニュー

仕事の時間帯から、ほぼ昼と夜は外食にならざるを得ないので外食でのロカボメニューを色々調べました。まずは、すき家。

吉野家や松屋が、自分で工夫してロカボしなければならないのに対し、こちらは、はじめからロカボメニューが導入されています。

まずは、牛丼ライト。

●普通の牛丼、炭水化物 108.4g、カロリー 656kcal
●牛丼ライト、炭水化物 16.2g 、カロリー 269kcal

と、炭水化物を大幅に抑える事が出来ます。炭水化物は、糖質と食物繊維で、牛丼の場合はご飯の糖質がほとんどでしょう。

それに対し、牛丼ライトは、ご飯の代わりに豆腐が入っています。その分、糖質が抑える事が出来るのです。

ただ…、冷や奴の上にサラダを乗せて、その上に牛肉が乗っているので、バランス的にはいいのですが、脳みそが牛丼なので、食べたときに「冷たっ!」となって、
残念な気分になりました。コレ、豆腐を温めたら、もっと美味しくなりそうだけど、ファストフードで、そんな手間はかけられないんでしょうね。

家で作るときに、豆腐を温めて、サラダ&肉で作ってみてもいいかもしれないと、思いました。

こちらは、ロカボ牛ビビン麺。牛ビビンバ丼のご飯を、こんにゃく麺にしたもので、こちらは、温かくも冷たくも出来ます。

●うどん、一玉の糖質、55g
●ロカボ牛ビビン麺、糖質22g

半分以下に抑えられています。

個人的に、温かくして食べるのがオススメ。猛暑ならまだしも、まだこの時期、冷たい飯って、なんかメゲるんですよね。

ロカボは味付けもあっさりの物が多く、食べた気がしないってなるかもしれませんが、ビビンバベースなので、味付けが濃く、さらに、コチュジャンもお好みでかけられるので、物足りないって事はないです。逆に、濃いと思うぐらいで。

このほか、もう一品、ロカボ牛麺というのもあります。こんにゃく麺の、肉キツネうどん的な感じの物。あっさり味がいいのなら、そちらがいいかも。

ロカボ中なのに外食しなければならない人!まずは、すき家を探そう。

Pocket
LINEで送る

ふかくさ(盛岡)

盛岡城

父親の三回忌の為、盛岡へ。
東京の桜も遅れたように、本来なら満開のはずの盛岡城も、まだ蕾。

2年目なのに、なぜ三回忌かとか全く知らなかったのですが、
亡くなった日を最初の忌日として数えるためで、

・亡くなった年=お葬式
・翌年=一周忌
・翌々年=三回忌(三周忌)

と3年連続して、法要が続くことになるのだそうです。

自分と弟は、似ているのですが、
認知症がが始まってしまっている母親は、
同じ顔が二つ現れ、最初びっくりしていました。
自分が盛岡に来る事を知らせると、
「いつ来る?いつ来る?」と、施設の方々に迷惑をかけてしまうので、
知らせていなかったので、驚いたようでした。

そういうのが刺激になったのか、
普段はなかなか名前が出てこない弟の名前も、
すらすらと出てきて、逆に弟がびっくり。

お寺での法要も無事終わり、親戚とお食事会。
いつもこういう行事の仕切りを人任せにしているので、
食事代は払わせてくれと、カードで払ったのですが、安くてびっくり!
一人分のお食事のセットが、定食なみのお値段でした。
これだったら、現金でも払えたよ。

朝一で盛岡に行って、夕方の新幹線で帰る予定だったのですが、
早めに全て終わったので、盛岡の街を散策する事にしました。

旧岩手銀行

旧岩手銀行のビル。
設計は日本銀行などを手がけた、辰野金吾。
2012年までは、岩手銀行の中津川支店として使用されていましたが、
現在は、記念館に。

ふかくさ

旧岩手銀行ビルの並び、中津川の川沿いにあるのが、
喫茶店の「ふかくさ」。
夏になると、青々とした蔦の絡まる外観になるそうですが、
今はまだ、春になる前の景色。

ケーキ

ケーキセットは、500円。
確かに添えられたミカンは缶詰だけどさ、
きちんとサイフォンで淹れられたコーヒーとケーキがセットで500円て。
やっぱり盛岡は物価が安いんだなあ。

中津川

窓から見える中津川の流れを眺めながら、しみじみ。
父親との思い出。
認知症になる前の母親。
自然。
今の仕事が岩手で出来たらなあ…とか。

新幹線の時間まで、現実逃避しました。

■ふかくさ
■岩手県盛岡市紺屋町1-2
■営業:
11:30~15:00
17:00~23:00
12:00〜17:00(日祝)
■不定休
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る