インスタで人気になりつつあるスライダーバーガーとは?

ハンバーガー

Instagramなどで話題になりつつあるスライダーバーガー。ブームの発祥はアメリカのチェーン店のホワイトキャッスルで。四角いバンズの小ぶりなハンバーガー・スライダーを発売すると大人気となり、アメリカで広まっていったのだそうです。喉をスライド(滑り落ちる)ほど小さいという意味合いで、日本風に言うと、「ハンバーガーは飲み物」という感じでしょうか?

上の写真は、東武東上線・大山にあるジューシーオールスターズのスライダーバーガーですが、インスタで、 #スライダーバーガー で検索すると、カフェメニューの他に、クッキングスクールなどで、インスタ映えするこのメニューの授業があったりして、人気となりつつあるようです。

ロッテリア

で、チェック漏れしていたのですが、今年の春からロッテリアで、期間限定・数量限定で、メニューに登場していたという情報を入手し、行ってみる事に。ロッテリアは近所だと椎名町にあったので、自転車でひとっ走り。ロッテリアって、バーガーキングを買収した後、店舗をバーガーキングに転換している所が多いので、意外と、店舗が消えていたりするんですよね。

スライダーバーガー

「ロッテリアスライダーセット」は850円で、「プチエビ」、「プチ絶品」、「プチてり」3種類の中から2種類と「ふるポテ」、「ドリンクM」が付いたセットです。バンズは直径約6cm。

んー、バンズがファストフード特有の安っぽいヤツなので、コレじゃない感が出てしまっていますね。インスタ映えは、あまりしませんが、味は、普通のエビバーガーとかのミニ版です。お店でもあまり出ないのか、店員さんがレジで打ち込みに困惑していました。

よくあるお店だと、J.S. BURGERS CAFEで、割と前からメニューにあるみたいなので、インスタ狙いなら、そちらの方がよさそうですね。

Pocket
LINEで送る

Bike’n Hike Bag

Bike'n Hike Bag

ついに新兵器投入!RawLow Mountain WorksのBike’n Hike Bag。輪行の時のベストなサドルバッグとして狙っていましたが、ずーっとSOLDOUT。メーカーに問い合わせしたら、再販の時はInstagramでお知らせするのでぜひ、チェックしてくださいと言われ、ずーっと監視していたのですよ。

再販と同時に、即買いしました!

・ ・ Bike'n Hike Bag ありがたい事にここのところ毎日たくさんのお問い合わせを頂いております。 ・ 容量約10Lのバックパックにもなるバイクパック ・ 自転車でのアプローチからデイハイクへとシームレスに繋げられるマルチパックです。 ・ 最近バックパックとしてよく使用していますが、気になる箇所や改善点をアジャスト出来るオプションを開発中です。 ・ 現在欠品中で大変ご迷惑をお掛けしていますが、今月末から来月初旬にかけてオンラインストア及び各お取り扱いショップ様へ入荷予定となっております。 ・ ご検討中の方はよろしくお願いいたします。 ・ #rawlowmountainworks #bikenhikebag #bikeandhike #rawlow

RawLow Mountain Worksさん(@rawlow_mountain_works)がシェアした投稿 –

容量約10Lのバックパックにもなるバイクパック.


これまではシマノのU-4Eが軽量でベストだったのですが、出来ればヒルクライムの時には、何も背負いたくありません。そこで、サドルバッグを色々探していたのすが、見つけたのがコレ!サドルバッグにもなり、リュックにもなる、Bike’n Hike Bag。サドルバッグって、輪行の時に意外と邪魔。なのに、リュックに変身してくれる訳ですよ。完璧じゃないですか!

バンジーコードは、電車移動中にはペットボトルを挟んだり。これ、以外と便利。

リュック時の裏側は、こんな感じになっています。背中の所が防水素材で、サドルバッグ時は、泥よけにもなります。

ストラップを外すと、サイドのベロをたたんでマジックテープで止められます。

ストラップは、上のポケットに収納できます。これで、走行中にホールとかに絡むのを防げます。

上のポケットの方には、スグに取り出したい物を収納出来ます。ポケットの中には、家の鍵とか車の鍵をフック出来る、キーホルダーも備え付けられています。自分は、輪行の帰り用にモバイルバッテリーと、ライトニングケーブルもここに入れておきました。

ロードバイクには、シートポストにマジックテープで固定シートのレールにベルトを通して左右固定と、3タッチで簡単にサドルバッグに変身します。ブルベとか激しい走行でなく、ポタリング系だったらまさにベスト!最初だけ、サドルバッグを気にしていましたが、走行しているうちに、その存在を忘れるほど、気になりません。

先日の再販後も、すぐにSOLDOUTとなってしまっていますが、見つけたら、買いだと思います。

オフィシャルサイトは、こちら!
RawLow Mountain Works

Pocket
LINEで送る