シスターズ 池袋店 (池袋)

wacca

ガイアの夜明けでソフトクリームの会社NISSEIの特集をしていたのを見て、
ちょっと食べてみたくなりました。
という訳で、ソフトクリームを食べに池袋のWACCAにやってきました。
ミニストップや道の駅などで売られているのも、NISSEIのソフトクリームで、
シェアは日本の50%以上という、巨大なソフトクリームの会社です。

わりと、ガイアの夜明けやカンブリア宮殿が好きで見ているのですが、
特集されたお店に実際に行ってみると、感動を少し盛っている時もあり、
今回は本当かどうか、実際に試しに行きたくなるのです。

かつて、某回転寿司の特集をしていた時に、
全国からネタを空輸し、その日のうちに羽田空港から各店舗に配達し、
地方の旨い魚をネタにしているという特集がありました。
実際に行ってみると、確かにネタは良かったのですが、
肝心のシャリが、職人が握らないロボット寿司だった為に、
ネタが良くても、シャリが全然ダメで、
感動出来るような旨さではなかった事がありました。

このシャリロボットを作っている会社は、江古田にあり、
もう少し、ふっくら握れるように改良してくれないかなあ…と思ったり。

なかほら

今回、ソフトクリームに興味を持ったのは、
自分的No.1ソフトクリームであった、
池袋東武の「なかほら牧場ソフトクリームカフェ」が、
プラザ館全面改装のあおりを喰って、8月で閉店しまったからです。
そのため、現在では松屋銀座でしか食べられません。
9月25日には、日本橋高島屋にもお店が出来ますが、
池袋で食べられなくなったのは、痛い。
ソフトクリーム難民です。

シスターズ

そこでガイアの夜明けで絶賛されていた超プレミアムソフトクリーム、
「クレミア」が、近くで食べられないかと探してみたら、
池袋のタピオカ屋さんのシスターズにあったのです。

クレミア

こちらが、クレミア。500円。
乳脂肪分12.5%と、生クリーム感を全面に打ち出したソフトクリーム。
コーンは、高級焼き菓子のラングドシャを使ったコーンです、

さて、お味は?
確かに濃厚で旨い。
生クリーム感もある!
でも、「なかほら牧場」には追いつけないかな?

クリームは濃厚だけど、成分を調整して作った濃厚さなので、
濃厚さがちょっとしつこい。
なかほら牧場の原料は、牛乳とアガベシロップのみで、
最上級のそもそも濃厚な牛乳の味を引き出しているので、
最初は思っていたらより爽やかで、後味が濃厚という自然の味。
それに比べると、クレミアは作り上げられた濃厚という感じは否めません。
ただ!普通のソフトクリームよりは、はるかに旨いです。
比べるハードルが高すぎたのです。
「なかほら牧場」を頭から消去したら、今まで食べた物の中でダントツです。

でも、コーンのラングドシャは、なかほら牧場より上です。
なかほら牧場も、コーンはNISSEIの普及版で、普通の味でした。
このラングドシャコーンは、このために開発したのだそうですが、
ちょっと、ソフトクリーム界の革命ぐらいの発明だと思いました。

あーでも、なかほら牧場のソフトクリーム食べたくなった!
銀座に行く機会があったら食べに行こう!

■シスターズ 池袋店 (sisters)
■東京都豊島区東池袋1-8-1 WACCA池袋 1F
■営業:11:00~21:00
■定休日:不定休
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る

シーザー(溜池山王)

溜池山王

2週に1度、溜池山王で番組制作会議が開かれるのですが、
その前に腹ごしらえしようとしても、チェーン店が多く、
なかなかブログに載せられるようなお店で、ランチ出来てませんでした。
すると、Instagramの純喫茶巡りのアカウントから、
溜池山王のお店の写真が流れてきたので、さっそくチェックしに!

地下街

交差点の所にあるコマツビルは、この付近ではわりと古いビルです。
地下街はあるものの、
新設された地下鉄の溜池山王駅とは繋がっておらず、孤立した地下街。
そのため、今回のお店も、わりと見逃されてきた感じがあります。
地下街を歩いていて偶然みかけた!という風にはなりません。
しかも、地下街の飲食は一店舗だけで、他はビジネス系。
用事がないと、この地下街にやって来るチャンスは、
なかなか無いかもしれません、

土嚢

台風や地震の直後だから目につきましたが、
地下には土嚢の収納BOXも。
「溜池」という地名だけに、もともと湿地帯だろうし、
六本木方面、霞ヶ関方面に挟まれ、谷のようになっているので、
大雨が降ると、水が流れ込んで来る可能性もあります。
そのための対策なんでしょうね。
このBOX一つではなく、他にもありました。

シーザー

さて、今回訪れたのは「シーザー」という喫茶レストラン。
あと2年で禁煙になるとは思いますが、
今のところ全席喫煙可という事で、サラリーマンのオアシスとなっています。
飯を食べるのに喫煙可かあ…と躊躇したのですが、
広めのお店だったので、なるべく席の離れた端っこに着席。

ランチ

オムライスとかあったら久々に食べたいなあと思っていたのですが、
お店のメニューは、グランドメニューとかは無くて、
全部、その日の日替わりで、メニューが限られていました。
僕が選んだのは、ランチB、900円で、
チーズハンバーグと、ポークのスタミナ焼き。
店舗は喫茶風なんですが、ガッツリ洋食屋という感じ。

アイスコーヒー

どことなく昭和を感じさせる雰囲気のお店なんですが、
よくよく考えると、今、昭和どころか、
平成が一昔前の年号になろうとしてるんですよね。
新年号になると、昭和生まれは、
自分たちの時代の明治生まれ的存在になる訳ですね。
新人類といわれていた平成生まれも、大正生まれな感じに。
一昔じゃなく、二昔になるのか。
その前に、あと2年、東京オリンピックの年には、21世紀生まれが二十歳。
ホントの20世紀少年、そして少女達の時代ですよ。
どうします?十九世紀少年、少女の皆さん。

■シーザー
■東京都港区赤坂2-3-6 コマツビル B1F
■営業:8:00~19:00
■定休日:土日
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る