ラシーヌ ファーム トゥー パーク(池袋)

蜜にならないオープンエアシリーズ。

29日に東京で確認されたコロナ感染者は58人。Twitterなどを見るとこの58人だけみて騒いでいる人が多いですが、32人はホストクラブやキャバクラの従業員。そのうち新宿エリア31人。

6月22日〜28日までの東京の感染者334人中、ホストクラブやキャバクラ店の従業員や客は135人で、全体の40%。

つまり蜜になる場所を避ければ、感染リスクはかなり下げる事が出来ます。

北海道では昼からがクラスターを起こしていますが、江古田も小さい店で蜜になり大声でカラオケ熱唱している所あるもんなあ。近づくのはよそう。

池袋を要する豊島区より、我が練馬区の方が感染者が多いってどういう事?

オープンエアを求めて、南池袋公園のラシーヌ ファーム トゥー パークへ。

池袋も夜の繁華街ありますが、西口の一番街方面を避けて、こういう場所なら少し安心。

頂いたのはグリルドチーズサンドイッチ790円と、セットドリンクのアイスコーヒー200円。

気候もいいし、そろそろサイクリングしたいのだけど、埼玉まで行っていいのかなあ?と思ったりして。こうして近場で、自然っぽい所を探す日々です。

気温が高くなるとコロナも収まると言われていましたが、なかなか収まりませんねえ。日々、気をつけましょう。

■ラシーヌ ファーム トゥー パーク(Racines FARM to PARK)
■東京都豊島区南池袋2-21-1 豊島区南池袋公園
■営業:8:00~22:00
■定休日:無休
場所はこのへん
お店のfacebook

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

エコダヘム (江古田)

蜜にならないオープンエアシリーズ。

ここの所、東京では毎日、コロナウィルスの新規感染者が50人をオーバー。その大半がホストやキャバクラの関係者やお客だそうですが、練馬区の感染者数も、一時、ゼロが続いていたのに、また徐々に増え出して、油断出来ない状況が続いています。

なので、今回の三密を避けるオープンエアは、江古田銀座のECODA HẺM。先週からやっと営業再開しました。

入り口に消毒液がありますが、その他、飛沫を防ぐ為に、席は向かい合わないように、横並びで配置されています。

店内もカウンター席で、スライドのドア全開なので、ほぼオープンエアなんですが、せっかくなので、ベトナム屋台風のチープなテラス席へ。

頂いたのはコム・ディアという豚肉焼きのってご飯、1200円とコーラ350円。

焼いた豚肉と蒸した玉子、なますがワンプレートに乗ったご飯で、ベトナムのホーチミンでは朝ご飯の定番だそうです。意外とベトナムの朝飯ってボリュームあるのね。

魚醤をサラっとかけて頂いたのですが、そこまでクセはなく、砕いたナッツがふりかけられているので、その甘味と食感がアクセントになって、食べていて楽しい一品。

いつもは定番のベトナムのサンドイッチ、バインミーを頂くのですが、今回はご飯物にしてみました。

後ろにいたご夫婦らしき人が、初めてバインミーを食べたらしく「え?美味しい!美味しい」と、歓喜の声をあげていたので、バインミーもまた食べたいなあと思ったのでした。

■ECODA HẺM(江古田ヘム)
■東京都練馬区旭丘1-74-9
■営業
2:00~17:00(16:30L.O.)
■定休日:毎週火・水曜日
■場所はこのへん
■お店のサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ