ハングリーヘブン(上板橋)

ハンバーガー

「おふくろの味」と聞かれた場合、
普通は「玉子焼き」とか「味噌汁」とか和風の物をあげるのでしょうが、
僕の場合はハンバーグです。

それはなぜか…。

うちは父親の料理の方が上手だったせいか、それを基準としてしまうので、
母親の料理のイマイチ感を子供心でも感じていたらしいのです。

ある日「何が食べたい?」と母親に聞かれて「お父さんの料理」と答え
烈火のごとく叱られた事がありました。
つい旨い物という事で、父親の料理が頭に浮かんでしまったのでしょう。
幼い頃ですから、別に悪気があった訳じゃありません。

叱られてとっさに思いついたのが「ハンバーグ」。
きっと幼心の中で瞬時に母親の料理ランキングを頭の中で組み立て、
「まあまあうまい」と、上位に来たのがハンバーグだったんだと思います。
その日、必要以上にハンバーグを「おいしい」と言って食べた記憶も未だに残ってます。

以来、母親の料理のハンバーグ率が急激にUPし、
それが「お袋の味=ハンバーグ」という真相になります。

…という話を男同士の飲み会の席で話したら、
「オレもある!」と、母親の料理がマズかった話で盛り上がったのですが
長くなるので、その話はまた今度。

誤解しないで頂きたいのですが、母親を批難している訳ではなく、
子供は正直なので、つい本音が出てしまった…というお話。

というような訳で、個人的に…
ハンバーグなら誰が作ってもそこそこ美味しいというイメージがったのですが、
カフェめぐりでグルメバーガーを食べ比べするようになってから、
ちょっと変わりました。
チェーン店のアレとは、ちょっと次元が違うんですよねー。

今回は、東武東上線の上板橋に旨い店があると聞いてやってきました。
「ハングリーヘブン・上板橋店」

看板

駅前から裏手の商店街に入った所にあり、少しわかりにくい場所。
でも、店内はカウンターを除いてほぼ満席である事をみれば、
その人気のほどが伺えます。

東武東上線沿いとか、西武池袋線沿いとか、こちら側は、食の値段が安いので、
ファストフードより高いイメージのあるグルメバーガーは難しいのでは?
なんて勝手に心配したりしたのですが、余計なお世話でした。

女性客も多いし、外国人のお客さんも。
なので客席にはカメラを向けられず、写真は撮れませんでした。

チーズバーガー

焼肉屋さんが経営するハンバーガーショップという事と、
ジャンボサイズのメニューがある事が、よく取り上げられるのですが、
旨さを試すにはシンプルなメニューがよいだろうと、
選んだのは、チーズバーガーは850円。
ランチの時間帯だったので、これでポテトとドリンクもついてきました。

焼肉屋が母体という事で、肉を全面に出しているのかと思いきや、
意外にバランス重視のハンバーガー。
バンズというより、日本人が親しんできたパンに近い、食感。
ソースも突出してない。

ボリュームのあるメニューを用意すると、味も濃いめにしてしまいがちだけれど、
バランスが良いので、大きめに見えてもぺろりと行けてしまうのでしょう。
だから、女性客も多いのかもしれません。

こういうハンバーガー屋さんが近所にあるというのは、羨ましいですね。
こちらのお店、目黒にも支店が出来たそうなので、お近くの方は探してみてください。

■Hungry Heaven 上板橋店
■東京都板橋区上板橋3-5-1 1F
■営業:
11:30~15:00
17:00~26:00
11:00~26:00(土日)
■定休日:無休
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る

バディバディ(中板橋)

千川

東長崎から千川に抜ける通り。
ここは今、八重桜が満開。
ソメイヨシノが終わると桜は閉店ガラガラムードで、
同じ桜でこんなに咲いているのに、出遅れた感満載。
八重桜にはちょっとかわいそうなムードが漂います。

この通りは、将来的には中野通りと繋がる道で、現在、順次拡張中。
今は、千川から大山にかけてを工事中で、
この道から左に入り、日大板橋病院方面を抜けていくと、中板橋に着きます。

バディーバディー

今回はその駅前にあるお店「BUDDYBUDDY(バディバディ)」へ。
パン屋さんのNEEDsの2階にあり、
今年の1月に出来たばかりの、まだ新しいお店です。

メニュー

こちらはスープを中心としたカフェ。
下のパン屋さんで買ったパンを持ち込む事も可能で、
下のパンを頂きながらスープを飲む事もOK。

店内

店内は2人席が2つ、カウンター2席の合計6席と、とても小さなカフェ。

本棚

本棚には、またまたナウシカがあって、
「カフェに行くと、ナウシカの本と遭遇する率が高いんですよ」
というと、常連さんにもそう言われると言っていました。
そう思っていたのは自分だけじゃないんですね。

グリーンカレー

頂いたのはグリーンカレーのセット750円。
スープ店なので、セットというのは、御飯がセットになるという意味。
石焼き風にグツグツを湧いて出てきます。
あまり辛くなく、どちらかといえばまろやか。
この甘みはサツマイモなんだそうです。

そういえばベトナム料理屋さんでカレーを頼むと、
ジャガイモじゃなくてサツマイモが入っている事が多いです。
甘みが先に広がり、あとからジンワリスパイシーさが来ますね。

ショウガごはん

ごはんは、ショウガ御飯。
単体で食べてみたのですが、ショウガが効いているのでさわやか。
魚介系のスープなんかに、特に合いそうな予感です。

アイスコーヒー

コーヒーは穀物コーヒーなので刺激の少ない優しい味。
単品だと、250円なのですが、食べ物を頼んだ人は150円。
アイスコーヒーは+50円。

自由帳

店内にはメモのような自由帳が置かれていたのですが、
読んだら、お客さんにめぐまれているお店なんだな…と思いました。
少しユーモアがあったり、優しさに溢れた書き込みが。

まだ出来たばかりの新しいお店だけど、
みんなに愛され、人気店に育っていく予感がします。

■BUDDYBUDDY
■東京都板橋区中板橋 23-3 2階
■営業:11:00〜23:00
■定休日:第1、第3月曜
場所はこのへん
お店のブログ

窓

お店から窓の外に目をやると、なんだか懐かしい気分に。
外に見える駅の階段や連絡橋の感じが、昔の江古田駅に似ているのです。

使わなくなったレールで組み立てられた、柱たち。
昔の江古田駅もこんな感じだったなあ。

江古田駅北口のカフェメルカードからは、かつて、こんな風景が見えました。

中板橋

西武線では、今は準急などの通過待ちは東長崎に移動してしまいましたが、
その昔は、江古田駅がその場所でした。
こんな感じで待避線もあった。
と、昔を思い出しなんだかノスタルジックな感じに。

商店街の雰囲気も、元気のあった頃の江古田っぽいんですよ。
個人店が立ち並び、買い物客で賑わっていて。
そこで、街を探索してみる事に。

自転車屋

庶民的な商店が多く、ママチャリの買い物客が圧倒的に多いのですが、
中には、こんなロードやカスタム、オーダーメイドも出来る自転車屋さんも。

中板橋は、古さと新しさが混在した、ちょっと面白い雰囲気の街です。

でも、若い人も多く街を歩いているのに、カフェ的な物は少ない。
自分が入ったお店と、近くの洋食屋さんのようなカフェと、パン屋さんのカフェ。
昭和な喫茶店…。
路地をくまなくまわってみたけど、あきらかにカフェっぽい要素はありませんでした。

となると、ここにカフェを作ったら需要があるんじゃないかと、
妄想、カフェ作り。
妄想、物件探しが始まりました。

店舗物件

で、いいなと思ったのがコレ。
あくまでも妄想です。たぶん空き店舗ではなく、営業してると思います。

これを妄想で、カフェ作り、ビフォアアフター。
まず、カワラをスペインっぽいオレンジの物に。
壁は、薄いピンクが入った白壁して、和のテイストを地中海っぽくします。
引き戸や窓枠は、雑司ヶ谷のキアズマ珈琲みたいな、もう少しガラスが大きい木の枠。

床は板張りか、代田橋のCUBBYのようなコンクリート剥き出し。
アンティークの木製の不揃いな木のテーブルと椅子。

で、雑司ヶ谷のフェリーチェみたいな、エスプレッソ中心のお店に。

みたいな事、想像しながらチャリでブラブラしてしまいました。

妄想なので、敷金、礼金、保証金、匠の仕事を含めたリフォーム代はタダ。
いいなあ、安上がりな趣味で。

Pocket
LINEで送る