くれない茶房

くれない茶房

自転車に乗っていると、アーケード街からは逆に足が遠のきます。
自転車禁止になっている所が多いから。
この日、中野でいくつか用事があったので、駐輪場に止め、
その後、徒歩でこのサンモールを散策。
その時に、ふと飛び込んで来たのがこちらのお店。

一階のシャッターが降りているのでスルーしそうだったのですが、
2階にある「くれない茶房」というお店に入ってみる事にしました。

店内

割とこじんまりしたお店で、商店街側のテーブル席のフロアと、
奥のカウンターのフロアの、2フロア構成。

窓から

お店からは、こんな感じでサンモール商店街を見下ろす感じ。
窓からは商店街の喧騒が感じられるのですが、
店内はこの時間は、他にお客さんもなく完全な隠れ家状態。

焼きあんぱん

ドリンクは一律600円だったので、アイスココアをチョイス。
そして、焼きあんパンというのがあったので、そちらもおやつ代わりに。
こちらは180円。

こしあんと、ココアって、違うんだけどなんだか似てる。
あんパンをかじってから、ココアをくちに含むと、
おしるこ的な感覚が駆け抜けていきます。

隠れ家にこもりながら、ブロードウェイで入手したサブカルの本を読んでいると、
女性の親子連れがやってきました。
娘さんは、大学生ぐらい。

お母さんと買い物に来たようなのですが、
戦利品を広げていると、割と腐女子の系統のものが。
萌えキャラが描かれたグッズがいくつか。
お母さんの理解があって、
「手に入れられて良かったね」
などと言っているのを聞くと、なんだか微笑ましくみえました。

池袋のアニメイトもそうだったけど、
女ヲタって可愛いコが多い気がするんだけど。

■くれない茶房
■東京都中野区中野5-67-11 紅屋ビル 2F
■営業:12:00~22:00
■定休日:月曜
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る

アネアカフェ・中野新橋店

中野新橋

長距離はリドレーでロングポタリング、
23区はミニベロKHSでのんびりポタリング。
どちらも白なので、ミニベロの縮尺を見るとチョロQのような味がある。

そんなおチビにまたがってやってきたのは中野新橋。
神田川にかかっている橋の欄干は赤く塗られているけど、
かつてこの町が芸者さんの街、花街だったなごりだそうです。

神田川

神田川の下流方面には、西新宿のビル群が。
この川の右側が中野区の弥生町。
あの弥生土器が見つかった場所です。

その土器をつかっていた弥生時代の人達は、
まさか将来こんな風景になっているとは想像出来なかったでしょうね。

アネアカフェ

その中野新橋のすぐ近くにあるのが、アネアカフェの中野新橋店。
店舗の設計などを手がけるアネアデザインという会社が、
参宮橋、学芸大に、ドッグカフェを開き、3店舗目でここへ。

実は、以前行った幡ヶ谷のラグというお店の目の前の六号坂の信号からの通りを、
まっすぐ中野方面に向かうと、この目の前を通って、青梅街道へ抜けるのですが、
そのラグの帰りに目をつけていたお店です。

で、前回も今回も行った時には気づかなかったのですが、
左手の黄色い電灯の上をみてください。

相撲

なんとお相撲さんがいるではないですか。
あ、そうか、ここには旧・双子山部屋、現在の貴乃花部屋があるのか。

店内

やはりドッグカフェだけあって犬連れのお客さんがいっぱい。
…というか僕以外、全員犬を連れていました。
大型犬から小型犬まで。

僕も犬を飼っていたので、どちらかというと猫よりは犬派。
猫カフェみたいに、犬を触っていいカフェとかないのかな。

グリーンカレー

頂いたのは鶏肉と竹の子のキーマグリンカレー、880円。
300でドリンクがつけられるので、アイスラテを。

ちょっぴり初夏の香りもする、うららかな春の日差しの中を
ミニベロで都内をクルーズしながら、カフェめぐり。

とってもオシャレな雰囲気をかもし出しつつ、
その足で、中野サンプラザで行われる、
モーニング娘。のコンサートへ向かうのでした。

■アネアカフェ・中野新橋店
■東京都中野区本町5-3-8 中野新橋ビル 1F
■営業:11:30~26:00  
■定休日:無休
地図を表示
お店のサイト

Pocket
LINEで送る