カフェカルディーノ・ココネリ練馬北口店

ココネリ

映画の招待券の期限が今月末までだった為、あわてて観に行く事に。
例のごとく豊島園に向かったのですが、その前に練馬駅に出来た、
商業施設、ココネリをまだチェックしていなかったので、寄ってみました。

ユニクロでTシャツをみたら、自転車関連のものがあったので、
帰りに買って帰る事に。

カルディーノ

そして、2階にあったカフェ・カルディーノで、
映画前にちょっとお腹を満たして行く事にしました。
左手奥のカルディーコーヒーファームに併設されたカフェ部門です。

ポテトサンド

頂いたのはポテトグラタンサンドとコーヒーのセット。690円。
禁煙なのが嬉しいですね。
長居をするというよりは、さくっと寄りたいお店。
練馬はこの手のお店が少ないせいか、買い物帰りの年配の方も多かったです。

■カフェカルディーノ ココネリ練馬北口店 (CAFE KALDINO)
■東京都練馬区練馬1-17-1 Coconeri 2F
■営業:7:00~22:00
■定休日:不定休
場所はこのへん
お店のサイト

つつじ

その後、豊島園に行く為に練馬区立練馬文化センターの脇を通ると、
何やら、お花見をしている人達がいるではないですか。

つつじ

文化センターの隣りが、平成つつじ公園になっていて、今がまさに見頃でした。
つつじって、結構、色鮮やかなんですね。

張り紙

その通りにこんな注意書きが登場していました。
道交法における自転車の走行ルールは厳しくなり、
歩道ではなく原則車道という事になっていますが、
まだまだ啓蒙活動が足りない事も指摘されていました。
それが、徐々に始まったのですね。

この走行ルールを知って置いて欲しいのは、
違反の場合罰金があるというだけでなく、
万が一、事故が発生した場合、どちらに非があるかという
基準にされてしまうという事です。

歩道で歩行者と自転車がぶつかった場合。
原則車道を走る事になっている自転車側が、
歩行者への注意の義務があるので、
子供が飛び出そうが、酔っぱらいがふらつこうが、
100%自転車の非となるという裁判所の方針が発表されています。

車道は怖いとかそういう感情論じゃなく、
こういうルールになっているので、裁かれる時は、この基準で裁かれますよ
…という事だけは知って置いてください。

注意

そして自転車は軽車両ですから、車やバイクと同じ左側通行。
さらに車道だけじゃなく路側帯も左側通行が義務づけられました。
これに関しても違反の検挙高める方針である事が発表になりましたが、
まだ啓蒙活動が足りなく、あまり知られていません。

警官が自転車で車道の左側を走り、
右側を逆走してくる自転車を取り締まればいいと思うんだよな。
かなりの確率で遭遇するハズだから。

逆走はホントに危険なので、ご注意を。
そして自転車保険に入りましょう!

最近は、子供がおこした自転車事故で、
親に賠償8000万円という支払い命令もありました。

総合保険比較サイト【価格.com 保険】

↑こちらのサイトで自転車保険を比較出来ます。
僕は、auがやっている「あ・う・てケガの保険 Bycle」に加入しています。
事故の時の弁護士費用まで保証してくれます。
1ヶ月に換算すると300円前後からあるので、条件を比較するといいでしょう。

ポスター

さて、この日観に行った映画は、アメイジング・スパイダーマン2。
娯楽アクションのヒーロー物。
激しいアクションの中にも、コメディー要素が散りばめられているのが、
非常にアメリカ的。

ただ、今回は「あースッキリ!」というより、喪失感も漂うので、
大ハッピーエンドとはいきません。
しかも、次回へつながる終わり方なので、
バックトゥーザフューチャーの2みたいな存在。

余談ですが、博士が使ってるパソコンがSONYだったりVAIOだったりして
映画ではmac全盛の中で、あれ?と思ったんですが、
コロンビア映画だから、SONYなのかと気がついてそういう見方をすると
デジカメやら何やら、出てくる電化製品が全部ソニー。

アップル信者になる前は、SONY信者だったので、ちょっと懐かしい感覚。
今でもデジカメだけはSONYですけどね。

あと映画のエンディング、スタッフロークになった瞬間、
席を立ったり、スマホをチェックする人が多かったんですが、
今回は、ロールの後半途中に、
次回の予告的なムービーが挿入されてたりするので、
観に行く方は、最後まで、席で見た方がいいと思います。
スマホも、もうちょっとガマンで。

そして気になったのは、予告編で紹介されていた6月公開の映画、
「ノア約束の舟」
つまりノアの方舟の映画なんだけど、世界が大洪水に飲まれ滅びる映画だよね。

7月公開のハリウッド版「ゴジラ」は、
原発の事故で目覚めて、津波とともに来襲する設定。

被災地でも上映されるんだろうか?

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

安田珈琲店(練馬)

安田珈琲店

豊島園で映画を観る前の腹ごしらえシリーズ。練馬の安田珈琲店へ。

看板

サイフォンで淹れるコーヒーのお店で、サンドイッチ系の軽食もあります。…という訳で、入ってみました。

サンドイッチ

ジャズが流れる店内。当日のサービスのモカは400円。ハムチーズのホットサンドイッチは500円。

ちなみにバタートーストなら100円、シナモントーストは150円と、お手頃な物もありました。サイフォンで淹れたモカは、まろやかで非常に飲みやすかったです。

珈琲もサンドイッチも美味しかったのですが、僕の場合は非喫煙者なので、全面喫煙可なのが辛かったかな。この時も僕以外、全員喫煙者でした。

■安田珈琲店
■東京都練馬区豊玉北6-13-15 藤和シティコープ 1F
■営業:9:00~19:00
■定休日:木曜日・第2水曜
場所はこのへん

ユナイテッドシネマ

みんなが働いている平日昼間に映画を観るという行為はなんだか、背徳感があります。

生放送がない日はでスタジオに行く必要がなく、原稿だけ送ればいいので、どこでも仕事が出来ます。

この日も、締め切りが2本あったのですが、夜までに提出すればいいので割と昼間は自由が利きました。しかも、そのうちの1本が注目の映画紹介の原稿なので、映画館のロビーで仕事をするのが都合が良かったのです。

ノートパソコンがあれば原稿なんてどこでも書けるし、いわゆるノマドワーカーってやつですね。しかし、仕事=会社に行くの人からすれば、遊んでるようにしか見えないんだろうな。とか思ったりするので、正直、引け目を感じる部分もあります。

チラシ

チラシはそろっているし、映画を観れば予告編も観られる。なので映画の原稿を書くにはうってつけ。

カフェテラス

平日のロビーは空いているので、映画を観たらすぐにここで原稿書いちゃいます。

キャプテン・フィリップス

今日観たのは、キャプテン・フィリップス。2009年に起ったソマリア海域での海賊事件の実話に基づくドラマ。

まずこれは、あくまでも僕個人の感想だという事を前提に読んでください。

この映画は、実際に起きた事件を元にした話しなのですが、でも、どこか、遠い世界の話という感じの人が多いんじゃないでしょうか?ただ、自分の場合は、実は父親が貨物船やタンカーの船乗りだった人で、中東戦争が起きているさなかに、ペルシャ湾に行く事もあったし、このソマリアの海域も航行した事もあります。で、何か近くで大きな事件が起きると、安否報告が会社からあったりしたので、たぶん他の人よりリアリティーを持って観る事になったのだと思います。

ソマリアの海賊に襲われた貨物船と、その船長の対応を描いたものなのだけど、トムハンクス演じる、船長の機転が素晴らしい。

ほぼ船のなかだけだからある種、密室劇なのだけど、船長の心情の動きの描き方がすごいので大きなアクションはないけど、常に手に汗握る状態。そして救出に向かう最新鋭、最精鋭のアメリカ軍は、まるでSFを観ているようでした。

これは遠いアフリカのソマリア海域の出来事で、日本人にはピンと来ないかもしれないけど、実際に頻繁に起きている出来事です。日本沿岸ではそういう事が起きるはずがないと思っている人が多いでしょうけど、実際に起きたら、どういう対応になるんだろう?なんて思いながら観ていました。

ドラマの最後に出る字幕。船長はこんな恐ろしい思いをしているのに、その後また、船の仕事に戻ったそうです。僕の友人が自転車で転んで骨折した為に、その後、自転車に乗るのが怖くなったとトラウマになってるけどそれと比べ物にならない恐怖を味わって、どんな決意で海に戻ったのだろうか?

ドキュメントを観ているような感覚で、スクリーンにのめり込んでいたわけだけど、放心状態になりながら、字幕を観ていた時に、ふと、これって演技なんだよなと思ったら、鳥肌が立ちました。

あの緊張感漂うシーン、感動のシーン、その後に「はい!カット!」みたいな感じで、素に戻るんだろうか?それを感じさせない迫真の演技。そう考えたら逆にトム・ハンクスすげーな!なんて震えが来ました。

最近観た映画の中では、特にオススメ。予告編はこちら。

47RONIN

それとは逆に、違う意味で超注目しているのが47RONINです。今週末公開の映画。ユナイテッドシネマとしまえんでは、ゼログラビディよりも宣伝に力が入ってます。

キアヌ・リーブスも出演しているし、赤穂浪士、忠臣蔵のアメリカ版かと思っていたのですが、予告を観てびっくり!呪術師が操る、猪や龍みたいなモンスターと戦っているのです。

え?ドラクエみたいなヤツなの?

超B級の香りがプンプンする。チラシはポスターは、完全にモンスターの件を封印する作戦に出てるけど、公開されて、どんな反応を巻き起こすのか楽しみ作品です。剛力ガッチャマン同様の、コレじゃない感を巻き起こす予感がしているのですが。まあ、それはそれで楽しみ。

今週末、何観よう?コレか?んー、コレじゃないか…。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ