プアハウス(江古田)

プアハウス

立春から徐々に寒さがやわらぐという事で、今週が寒さの底らしいです。
あまりにも寒くて遠出する気も起きません。
という訳で、近場のカフェへ。

江古田にあるプアハウス。
このブログでも何度か紹介しているお店で、
その1その2
学生時代の三谷幸喜さんの行きつけのお店です。

極辛カレー

寒いときは激辛の物を食べろ!という訳で、
注文したのは「極辛カレー」1000円。
色を見ると唐辛子系の辛さを想像する人も多いかもしれませんが、
胡椒系の辛さで、ガツンとした辛さというよりも、
じんわりヒリヒリ系の辛さ。

我が江古田でこのカレーを食べずにカレーを語る事なかれ的な名物カレーで
江古田で一番辛いと評判です。

チキン

ところで、これだけお店をまわってみて思ったのですが、
個人店の場合、
「この料理を食べさせたいから、お店を作りたい」
と、はじめる人と
「好きな空間を作って、提供したい」
と、きっかけは大きく2つに分かれているように思います。

ただ、やはり「あのお店のアレが食べたいなあ」と思わせるメニューを
持っているお店は強いです。
最近流行のリトルコーヒースタンドも、
あの店のカプチーノ飲みたいなと思わせる旨さがあります。

プアハウスの極辛カレーもそんな1品。
こういう寒い日、そして夏の暑い日、無性に食べたくなる一品なのです。

■poor house(プアハウス)
■東京都練馬区栄町39-1
■営業:11:30~23:00
■定休日:火曜、第1・3水曜(祝日は営業)
地図を表示

Pocket
LINEで送る

トレボン(江古田)

トレボン

かつて「学生街の喫茶店」という曲がありましたが、
我が江古田は大学が3つもあるのに、喫茶店やカフェを占拠しているのは
学生がメインじゃなく、
どちらかというと、学生気分が抜けないフリーランスのクリエーターか、
ランチの時間帯だけ、女子会気分に戻るママさん連中の方が多いです。

ちょっとオシャレっぽい女子ウケするカフェの前には、
お昼時、子供用の席を取り付けたママチャリがずらりと並び、
時間をつぶせそうなチェーン店には、漫画家さんらしき人達。
昔ながらの喫茶には、学生じゃなく、教授達の姿があります。
ここも、どちらかといえば、教授とか大学職員の方々が多いお店かな?
暇人フリーランスの僕も、ここが多いかもしれません。

このブログで取り上げるのは2回目ですが、
実は、何度も行っているお店で、
でも、学生さんたちにお目にかかった事ってあまりありません。

今、ラジオのお仕事で一緒になる方々は日芸出身の人も多いのですが、
その人達は、学生時代、トレボンによく通っていたそうです。
あと、個人的に知り合った江古田在住の日芸OBも。

だから、このお店取り上げると、喜ぶのは現役よりOBの人達が多いんですよ(笑)。

クロムムッシュ

頂いたのは、キリマンジャロ650円の、
クロムムッシュ600円で、1250円だったと思います。
配分は忘れたけど、1250円だったのは確か。

まあ確かに、このご時世に、学生がランチに1000円を超すのは無理か…。
でもね、教授をヨイショして、おごってもらうすべを覚えたらいいと思うのですよ。
学業よりも、社会に出たらそちらの方が、いかに役に立つか!
相手を気持ちよくさせ、おごらせるすべを知っている人って、
営業とかセールスも上手いハズ。
個人差はありますが…という通販特有のフレーズで逃げつつ、
でも、個人的にマジでそう思います。

まあ、そんな事はさておき、
個人的にこのお店の好きな所は、コーヒーを淹れるときのマスターの所作。
お湯の沸く音、ミルで挽く音、ハンドドリップの音、
静かなお店だから、音で何をしているのかがわかるんですよ。
僕が好きなのは、ドリップの時に小まめにお湯をそそぐ姿。
挽かれたコーヒーの上に、均等に置くように、お湯を注いで行くんのですが、
それが職人っぽくて好き。

見なくても、音だけで何をしているのかがわかるけど、
それを文章にして伝えるのが、自分の仕事でしたね。
ゴメン、そこまでの文章力なくて…。

■カフェ・ド・トレボン
■練馬区小竹町1-56-3(小林ビル2F)
■営業:10:00~22:30
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る