プアハウス(江古田)

プアハウス

ママチャリでだって、家から3分。
練馬区の江古田駅北口に古くからあるカフェ「プアハウス」。
カフェというより、喫茶店と呼んだ方がしっくり来るかもしれません。

看板

poorhouseは、英語で「貧救院」。
イギリスで貧しい物達を救う為に作られた労働施設の事です。

このお店が出来たのは、約35年前。
35年前といえば1975年。
バンバンの「いちご白書をもう一度」とか、風の「22才の別れ」がヒットしていた頃です。
貧乏くさい四畳半フォークから、都会的なニューミュージックに転換する時期ですけど、
当時の学生は、きっとまだまだ極貧の方が多かったのだろうから、
貧しい学生達を救うという意味合いもあったのでしょうか?
勝手な想像ですけど…。

店の前に掲げられた鳥の描かれた看板。
この鳥にも何か秘密があるのかもしれません。

あ!もしかして学生達!?
つまり「ひよっこ達」を救済するとか?
またまた勝手な想像ですけど…。

カフェというより、どちらかというと喫茶店寄り。
古く営業しているお店だからこその、どこか一本筋の通った趣のある雰囲気が好きです。

最近流行のコンセプトありきのカフェも悪くはないですけれど、
これから35年続ける事は出来るのかどうか?
と思うと、長い歴史を積み重ねて作ってきたこの雰囲気、
やはり、同じ「古い」でも一朝一夕では出来ない何かが漂っているのです。

昭和風を売りにしたお店は沢山ありますけど、
ボンカレーやオロナミンC、由美かおるさんのアース渦巻きなど、
ホーローの看板が飾られ、駄菓子のおつまみに、BGMは昭和歌謡という、
おきまりの昭和パターン。
どこに行ってもこれだから、逆に没個性になってしまってるような気がします。

やはり無理矢理作ったのとは違う自然の古さ、こちらは天然物です。

店内

お店はウッディーで、アンティーク調の家具でまとめられていている…
というより、長年かけてアンティークになってしまったというのが正しい言い方でしょう。

「いずれがあやめかきつばた」という言葉がありますが、
テーブルの上にある花は、アヤメ?カキツバタ?それとも花菖蒲?

何気にこのお店を愛している有名人も多く、
キリンジの「グッデイ・グッバイ」というプロモビデオの撮影にも使用されています。
ちょうどこのテーブルの向こう側に座って、歌っていました。
キリンジは江古田在住だったらしく、インタビューで好きな江古田の喫茶店の名前を
いくつか出していた事もあります。

そしてこのお店は、三谷幸喜さんのエッセイ
「ありふれた生活」に登場したことでも知られているんです。
学生時代にここで食べた「粗食」というメニュー、
コンソメ風のスープの中に、ご飯や鶏肉、チーズなどの入った、
洋風お茶漬けみたいな物なのですが、
それが懐かしくなって家で作ってみたら、奧さんの小林聡美さんに
「貧乏くさい」と言われてしまったのだとか。
そりゃそーかも、だってプアハウスのメニューなんですから。

お一人様のお客さんが多く、
それぞれが静かにマンガを読んだり、雑誌を読んだり、食事したりしているので店内は静か。
JAZZが心地よく流れています。

なので、ワイワイとおしゃべりするのには向いていません。
だからと言って、しゃべると怒られるような頑固オヤジのお店とは違います。
それぞれの、距離感がそんな雰囲気を作っているだけなのです。
だから、大騒ぎせず談笑するぐらいならOK。

今流行りのマニュアル化したフレンドリーさが売り物のカフェに慣れた人には、
ちょっと窮屈かもしれませんが、
どちらかとういと、老舗の喫茶店などに多い、こんな適度な距離感のある雰囲気の方が好き。
もしかしたら、複数で行くより、一人で行った方が居心地のいいカフェかもしれません。
誰にも邪魔されず、自分の世界にひたれるから。

極辛カレー

実はこちらのお店、喫茶店でありながら、
カフェマニアよりもカレー好きの間で有名なお店。
グルメ雑誌などで、こちらのカレーが美味しいと何度も取り上げられているからです。

名物のカレーは一種類だけ。
「極辛カレー」は1000円。

ルーはスープカレーと言ってもいいほど、サラサラしていています。
黄色っぽく浮かんでいるのは、ゆで卵を刻んだもの。
付け合わせには、ゴーダーチーズと春菊。
福神漬けでも、らっきょでもなく春菊というのが不思議な感じですが、
パクチーの代わりといえば、イメージしやすいんじゃないでしょうか?

江古田には本格インド料理店が何店もあるにもかかわらず、
ここのカレーが一番辛いと評判です。
ブログなどに書いてある皆の感想は「辛いけどくせになる」。
そこまで辛いと言われると、自分もお笑い芸人なみのリアクションをしてしまうかもと、
少し不安になり、恐る恐る口に運んでみました。

あれ?思ったより辛くない…。
チーズやゆで卵で中和されたのかな?
…と思っていると、ジワジワと来ました。
ハバネロみたいに「ヒー!ガツン!」と来る辛さではなく、舌にじんわり来る胡椒のの辛さです。

半分ぐらい食べるとジワジワとした辛さが積み上げられて、汗となって額から。
最後の峠を越すあたりで、これが「極辛カレー」なんだというのが実感出来ます。

しかしながら、この食べ終わった後の何とも言えない爽快感。
皆がクセになるというのが、わかった気がしました。

セットで頼んだアイスコーヒー(320円)を頂きながら、余韻に浸ります。

アイスコーヒー

最近、こんな感じで一人の時間にひたれるお店って、少ない感じがします。

35年の間にテーブルなどにつけられた、小さなキズ。
もしかしたら、その一つ一つに小さなドラマがあるのかもしれない。

もしかしたら、このテーブルで若き日の三谷幸喜さんが芝居の構想を練り、
出来たのが東京サンシャインボーイズのあの芝居なのかもしれない。
一人だからこそ、そんな妄想をしてみたり。

そう考えていると、流れているJAZZのが、
ドラマやお芝居の一幕の終わりを告げるBGMに聞こえてきたりもします。

最近、こんなにじっくり考えたりした事なかったですねえ。
昔は、貧乏学生救済の為のお店だったのかもしれないけど、
今は、発想や感性がプアになりつつある人を救済する、
そんな空間なのかもしれませんね。

あ!勝手にそう思っただけなんですけど…。

■poor house(プアハウス)
■東京都練馬区栄町39-1
■営業:11:30~23:00
■定休日:火曜、第1・3水曜(祝日は営業)
場所はこのへん

自転車で23区カフェ制覇の旅…ただ今、1/23区。

地図

Pocket
LINEで送る