麻布十番 薬膳カレー(麻布十番)

一緒に番組をやっている声優の山寺宏一さんとカレー部を立ち上げ、第一弾として、レトルトカレーを食べまくり、旨いカレーの報告会を開くというのを、番組を使って行いました。

僕が提案したのは、ハウスのスパイスフルカレー(チキンカレー)
大阪発祥のスパイスの風味を味わうカレーで、「スパイシー=辛い」ではなく、香り立つという要素の強いカレーです。このブログでもいくつか流行のお店を取り上げましたが、その「スパイスカレーブーム」に目をつけたのが、ハウスで、今年の2月に、それをレトルトで簡単に楽しめる新商品を出してきました。

普通のレトルトの他に、箱には後がけのスパイスの小袋が入っていて、食べる前に、ふりかけのようにザザーっとかけます。それを歯でかみつぶすように食べると、スパイスのが口の中ではじけて、香りが広がります。

自分流の一工夫というか、オススメなんですが、さらに、ホールスパイス(粒)をその場ですりつぶせるミルタイプの黒胡椒をかけると、香りプラス、辛さの刺激も加えられるので、「スパイシー=辛い」とすり込まれている人でも満足いく味になります。

スーパーだとLIFEに置いてあるのを確認しました。他のスーパーだとあったりなかったり。ぜひ、お試しを!

薬膳カレー

カレー部レトルト編で盛り上がったので、実際に食べておいしかったお店の報告会をしているのですが、たまたま偶然、同じお店に入っていました。僕は、ハロプロなどの所属する事務所、アップフロントでのお仕事があったので、その近く、麻布十番の薬膳カレーで腹ごしらえしたのですが、山寺さんも、麻布十番のスタジオでの仕事帰りに、ここに立ち寄ったそうです。

DiningBar Hidden Loungeというバーなのですが、昼は麻布十番薬膳カレーのお店となり、夜の時間帯、バーになってもカレーは食べられます。

20時までのハッピーアワーに入ると、カレーの2種盛りとドリンクがついて、1500円。もちろんビールでもワインでもいいのですが、僕は仕事前だったので、ノンアルコールで。

鶏がら、なつめ、枸杞の実などの生薬・スパイスから採った「薬膳鶏がらスープ」に、スパイスと合わせたチキンカレーと、唐辛子の辛さとスパイスの風味が特徴のカレーの2種がけ。こちらは、スパイシーといっても、尖ったスパイス感ではなく、薬膳というイメージの通り、じんわりと来るカレーです。

山寺さんには、あとは原宿から国立競技場方面に行った、ヨゴロウ (YOGORO) が旨いとオススメされました。raphaや盆栽自転車屋も近いので、今度行ってみたいと思います。

■DiningBar Hidden Lounge
~スパイス香る~ 麻布十番 薬膳カレー
(Azabujuban Yakuzen Curry)
■東京都港区東麻布3-8-9 東麻布ビル B1F
■営業:
11:30~14:30(火〜日)
18:00~25:00(火〜木日)
18:00~28:00(金土)
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る

フルフル 赤坂店 (赤坂)

フルフル

フルーツパフェやフルーツサンドなどの特集で、銀座千疋屋やタカノフルーツパーラーなど老舗の名前がよく登場しますが、かつて秋葉原にあった老舗「万惣フルーツパーラー」を覚えていますか?果物業界で初めて宮内庁御用達に認定されたお店です。

創業は弘化3年という、江戸時代から続く果物屋さんだったのですが、本店のビルが面する靖国通りが「東京における緊急輸送道路沿道建築物の耐震化を推進する条例」の指定道路となり、ビルの耐震診断を行ったところ補強工事では基準を満たすことができませんでした。その為、全面建て替えしなければならなくなったのですが、資金が無く、やむなく閉店してしまったお店です。

創業は弘化3年と聞くと、古い煉瓦造りの建物だったのかな?と思い浮かべがちですが、見た目はわりと近代のビルでした。ただ、阪神淡路大震災、東日本大震災をへて、ビルの耐震基準は、どんどん厳しくなっていて、都が旧耐震基準で建てられた都内の商業ビルなどの耐震診断をしたところ、皆さんおなじみの、新橋ビルや、新宿の紀伊国屋書店ビルなどは、震度6強~7の地震で倒壊・崩壊の危険性が「高い」と診断され今、立て替えの計画が持ち上がっています。

さて、惜しまれながら閉店してしまった「万惣フルーツパーラー」そこの店員さんだった方が、新しくお店を立ち上げたのが、赤坂にある「フルフル 赤坂店 」です。

晴天の日なら、お店の前にズラリと女子が並んでいるのですが、この日は雨。ちょうど、お店のすぐ近くにある制作会社で会議があったのですが、雨なら空いているだろうと推測して行ってみると、ビンゴ!待たずにすんなりと入る事が出来ました。

フルーツサンド

さて、インスタ映えメニューとして人気のフルーツサンド。フルーツパフェは、8切れで1500円ですが、こちらは4切れのハーフで、800円。カフェオレ500円ですが、セットで200円引き、合計1100円。

一口にフルーツサンドと言っても、いろいろな種類がありますが、こちらは、エッジの効いたこのフォルムが人気。彩りと水分が出ないものを意識して、果物はパパイヤ、バナナ、キウイ、イチゴの4種で固定されているそうです。

フルフルでは特濃の生クリームを使っているのですが、その甘さが、果物を包み込み、ほどよく酸味を抑えて、ちょうどいいバランスとなっています。フルーツサンドだから、もちろん食パンで挟んでいるのですが、スポンジケーキと遜色ない感じで、邪魔をせず、フルーツと生クリームの土台として支えています。

いつもは、行列のお店なので、また会議の日に雨だったら、狙ってみたいと思います。

■フルフル 赤坂店 (Fru-Full)
■東京都港区赤坂2-17-52 パラッツォ赤坂 1F
■営業:
11:00~13:00(平日)
15:00~19:30(平日)
11:00-17:00(土日祝)
■定休日:月曜・第1第3日曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る