サウナ&カプセルホテル北欧(上野)

番組で、思いのほか自分のサウナ話がウケました。それは千川の銭湯サウナ、クアパレス藤に行った時の事。サウナには自分ともう一方の二人のみで、その方がサウナハットをかぶっていたので、勇気をだして話しかけてみたというエピソードです。

「そのサウナハットは、どちらで買われた物ですか?」と聞いたら、「池袋のタイムズスパ・レスタで、無料でサウナハット体験会みたいなのがあって、それで良かったので買いました」というお返事。

「僕も、タイムズスパは、先日行きました」というと、互いにオススメサウナの話に。先日最終回を迎えたドラマ「サ道」の世界に近かったので、「そういえばサ道見て、上野の北欧行って来たんですよ」というと、「僕も10回以上行っています」と、盛り上がり。その方が、「お先に!」と上がる時「また、どこかのサウナで!」と言ったという話をしたら、DJやスタッフが何かドラマのようと、盛り上がり。

それきっかけで、その日は、出会った人と去り際に話した一言というので、番組が盛り上がりました。ラグビーW杯で外国人に写真を頼まれた時「Enjoy TOKYO」と言ったら、喜んで貰えたとか。この外国人とのふれあいを、来年のオリンピックまでKEEPしたいねとか。

さて、9月最後の金曜日、プレミアムフライデーに行ったのが、サウナーとの会話でも出て来た、上野の北欧です。

10月10日から、料金改定で、クイック3時間が1400円になるのですが、それでも他のサウナに比べれば格安。僕が行った9月27日は、タオルセット&館内着付きで1000円でしたから、これまでが安すぎでしょ!

ドラマ「サ道」で、本拠地となっていたのが、この北欧で、なんたって露天の整いスペースが充実しているのがいいです!

サウナ、水風呂が凄い所は多々ありますが、その後に外気浴をしながら休憩する椅子やビーチチェアがふんだんに用意されている所って意外に少ないのです。

北欧は、大きめな露天風呂を囲むように、椅子が何脚もあるので、サウナが混雑していても、椅子が満席という事はほぼありません。整いやすい条件が揃っているのです。

さて、北欧に来たかったは、サ道のロケ地というのもあるんですが、その中でも荒川良々さんの回が最高に好きで、家でも会社にも居場所がなくて、一人、この席で飲んでいる時に、一つ前の席で飲んでいた主人公の原田泰造さん達のグループに話しかけられ、嬉しそうに笑顔を浮かべるというシーンが感動的でした。

その荒川良々さんの座っていた席で、同じようにビールを飲んでみました。ドラマのようには話しかけられませんでしたが、この出来事が冒頭のクアパレス藤での、逆に話しかけてみるというのに繋がるのです。

なんか、ますますサウナハマるなあ。サウナ沼ですわ。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

天空のアジト,マルシンスパ(笹塚)

空前のサウナブームですが、サウナを知らない、またはハマっていない人からは、何がいいのか一つもわからないという声も聞きます。

では、逆に聞きます。サウナに何目的で行っていると思いますか?

汗をかくとか、風呂上がりのビールというのが一般的イメージだと思うのですが、本来の目的は「快感」を得るためなのです。

マラソンをした人がよく「ランナーズハイ」になると言いますが、それと同じ状態を味わう為に行っているのです。

最近ではサウナで「整う」という言葉を使いますが、その前は「サウナトランス」とか「キマる」という言葉でした。

ランナーズハイの時に出る脳内の快感ホルモン「β-エンドルフィン」は、苦しい状態が一定時間以上続くと、そのストレスを軽減するために分泌されます。モルヒネと同じような作用があり、それで恍惚状態になるので脳内麻薬とも呼ばれています。これは厚生労働省のホームページにも掲載されています

つまり、あえてわかりやすくする為に、危ない言い方をすると、合法的なトリップを楽しむ為に、みんなサウナに通っているのです。そして、麻薬的快感を脳が覚えるので、サウナがやめられなくなるのです。

サウナでの行動を4つに分解すると、
①100度近いサウナで汗をかく
②水風呂につかる
③露天のベンチで外気浴をしながら休憩
④風呂上がりのビール
に分けられます。

サウナで整う「サウナトランス」は、③の「露天のベンチで外気浴をしながら休憩」この状態の時に起きるので、③がメイン。曲に例えると、サウナがイントロで、水風呂がAメロ、外気浴をしながらの休憩がサビで、風呂上がりのビールがアウトロ。

サウナに行かない皆さん、何が目的なのか、ご理解頂けましたでしょうか?

サウナで整う為には、その準備段階として、体温を上げる事が必要です。体温が上がると自律神経の中の交感神経の働きが強まり、その結果、全身の血管が広がって血液の流れが非常に良くなります。

その体温を上げるためのイベントとして、サウナでは、ロウリュとか、アウフグースというのが行われます。ロウリュとはアロマの入った水をサウナストーンにかけて熱い蒸気を立ち上らせる事。アウフグースとうのは、熱波師という人がタオルを回して蒸気をサウナの中に行き渡らせ、お客に向かってタオルで扇いで蒸気の熱波を送るというもの。これをやられると、滝のような汗をかきます。

その後、水風呂に入ると、皮膚の血管は急激な収縮をします。すると膨張していた血管が収縮するので、ポンプ効果で血流がさらに早まり、脳に大量の酸素が送られる事になるのです。

こうして「整う」「サウナトランス」の状態が起きやすくなるのです。

この日の熱波師によるロウュ&アウフグースは、初回15時だったので、これに合わせて14時過ぎにINした訳です。

整う状態は、「サウナ+水風呂+外気浴」を3セットした後に起きやすいと言われているので、3セット目にこれが来るように計算して来ました。

このマルシンスパは、最近、サ道というサウナのドラマの、荒川良々さんの回で、辛いことを忘れる為に泣きながらサウナに入るという神回の舞台となった所で、大混雑。この日は、平日木曜日の2時過ぎにもかかわらず、8人入るサウナは満席で、残りの二人は立ちで、アウフグースを受けていました。

このマルシンスパの特徴の一つに、天空の外気浴スポットがあります。ビルの10階の非常階段に続くベランダに椅子が並べられ、ビルの屋上のような場所で外気浴が出来るのです。本来は夜に夜景を見ながらが最高らしいのですが、夜はドラマの影響で激混みとの事です。

外気浴で整った後は、レモンサワーではなく、オロボ。オロナミンCをポカリスエットで割ったもの。サウナ愛好家には知られた飲み物ですが、ノンアルコールです。だから自転車でも大丈夫。

これをゴクゴク飲むと、カラダに染みるように入っていきます。

さあ、17時から仕事、サウナでスッキリしたので、頭もクリーンで原稿もはかどりました。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ