喫茶ポルト(江古田)

ポルト

引っ越しの物件を探しているだろうお客さんに、不動産屋の人が一言
「あそこに見える松屋って、全国の一号店なんですよ」
「うそ!マジっすか?なんでこんな所に一号店が?」
こんな所で悪かったな!
ついでに言っておくと、江古田はカラオケ館も一号店なんだぞ!

さて、そんな松屋1号店の手前にあるのが、喫茶ポルト。
ビルの3階にあります。

一冊、本を読破したかったので、ゆっくり出来そうなお店という事で、
こちらのお店をチョイス。

どこに陣取ろうかなと、店内を見渡して「え!?」小さな驚きが。

自分以外に6組お客さんがいたのですが、
そのグループの1人が必ずボーダーの服。
中にはカップルでボーダーを着ている席も。

かつて、調布のアートフリーマーケットの「もみじ市」に行った時、
あまりのもボーダー柄のお客が多くて驚いたの思い出します。
主催スタッフ達も、お揃いのオレンジのTシャツを着ていたのだけど、
その下から見えるロンTの袖が、みんなボーダー。

スタッフをしていた友人に、
「ドレスコード・ボーダーとか決まりあるの?」
って聞いたら、たまたまなんだとか。

アート好きって、ボーダーが多いんですかね?
雑司ヶ谷の手創り市も、前髪パッつんのボーダー率多いし、
谷中付近、谷根千もボーダータウンだ。

こちらの店長も、日芸出身で、お客さんも日芸OB多いし、
アートとボーダーは、何か関係がありそうです。

そういえば、かつてゲッターズ飯田さんが出した本で
「ボーダーを着る女は、95%モテない」という物がありましたが、
そのインタビュー記事で、
マリンルックとして、オシャレに着ている女性はいいのだけど、
多くの場合、無難な服として、中性的な感じでボーダーを選んでおり、
パッと見、後ろ姿が男だか女だかわからない人が多い。
つまに、女性としての手抜きをする為の服だという論理を述べていた事がありました。

僕が言った訳じゃないですよ。
ただ、「ああ…」と思う部分があるのも確か。

カレー

古き良き喫茶カレーという感じの、カレーライスは730円。
ドリンクは100円引きで、アイスコーヒー350円。

ほどよき音量の会話と、ゆったりな流れる時間。
ご飯を頂きながら本を一冊。

そういえば、ボーダーの人って、こういう喫茶カレーより、
挽肉たっぷりのキーマカレーか、ドライカレー食べそうだよね。
それは偏見か?

■喫茶ポルト
■東京都練馬区栄町31-10-3F
■営業:
14:00~24:00(平日)
12:00〜24:00(土日祝)
■定休日:水曜日
場所はこのへん
お店のfacebook

Pocket
LINEで送る

珈琲館(江古田)

珈琲館

パンケーキとホットケーキの違いは、
「甘さの違い」とベーキングパウダーの量の差による「膨らみの違い」だそうです。
甘くて膨らみがあるのが、ホットケーキ。
これを答えられるのは、約2割で、8割の人が知らないのだとか。

まあ、それは置いておいて…たぶん9割9分の人が知らないのが、
普通の珈琲館と、江古田の珈琲館の違いでしょう。

珈琲館グループは、2008年にUCC上島珈琲株式会社に買い取られ、
子会社化されたのですが、
その時に、いくつかのフランチャイズがUCC入りせず独立。

UCC入りしなかったので珈琲館の名前を使えなくなり、店舗名を変えて営業。
なので喫茶マニアの間では、そういうお店を元珈琲館と呼んでいます。

その一つが、江古田の珈琲館。
なにに、なぜか奇跡的に珈琲館の名前が使えている、貴重なお店です。
なので、元珈琲館マニアからは、聖地的な扱いをされているのです。

江古田と書いて「えこだ」か「えごた」かというのは、
江古田に住み始めたばかりのビギナーが、
最初に得意げに披露するウンチクですが、
珈琲館と、江古田の珈琲館の違いは、かなりマニアックなネタです。

ホットケーキ

純喫茶マニアに好評なホットケーキは、380円。
珈琲はブラジルで、520円。

表面がサクっというか、パリっと割れる感覚というか、
良く焼かれた感じが、昭和なテイスト。
どら焼きのような色合いが、これぞホットケーキ!

バターとホイップクリームの他、メイプルシロップもついてきます。

チェーン店のようで、チェーン店じゃない!
江古田の珈琲館のホットケーキ、召し上がれ!

■珈琲館
■東京都練馬区旭丘1-73-3 川端ビル
■営業:
8:00〜22:00(平日)
9:00〜21:00(日祝)
■定休日:無休
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る