ジラソーレ(江古田)

平野沙希子

この本を読んでから、自分の食べ歩きが迷走しています。
人気の若手フードライター、平野沙希子さんが書いた、
「生まれた時からアルデンテ」。
平成生まれの彼女は、昭和というノスタルジックに浸って進歩のない、
アルデンテじゃないパスタ、つまりナポリタンは邪道と切り捨てます。
アルデンテなナポリタンを作ればいいじゃないか!と。

それから、アルデンテなナポリタン探しという、
謎の旅に出る事になります。
…と言っても、江古田の中でですけど、うろうろしています。

ジラソーレ

まず、江古田でアルデンテと聞いて思い浮かべるのは、
イタリアンのジラソーレです。
小さいお店ながらも、美味しい料理を出す事で愛される、名店です。

店内

パチンコ屋さんとの間の細い路地から見えるのが、江古田駅で、
駅からこんなに近いのに、意外と江古田の住民達も知らない、
隠れ家的なお店となっています。
個人的に、江古田のNO.1パスタランチと言ったら、ここだなあ。

プッタネスカ

頂いたのは、プッタネスカ スパゲッティー二
アンチョビ、オリーブ、ケッパーのトマトソース。
アルデンテで、トマトソースというところで選び、
ナポリタンからは遠いのですが、
トマトソースなパスタの理想型を知るべく、頂いた訳です。

確かに、固めの弾力で、ソースが滑らかで、
理想のトマトソースパスタがここにあります。
となると、プッタネスカを食べれば良くて、
ナポリタンである必要は無くなるのですが、
それでは面白くなくて、
平野沙希子さんが指摘しているように、
なぜ、この食感のナポリタンを作ろうと考えない?
…と、思考停止している所を、何とか突破したい訳です。

トマトソースでの風味と滑らかさを殺さずに、
これをケチャップでやるには、どうしたらいいのか?
それを解決する料理の腕がないので、
食べ歩きで、解決しようとしています。

とりあえず、喫茶店のナポリタンのような、
下茹でして置いてあるものを炒めるというのは無しだな。
注文されてから茹で、アルデンテな麺は、必須。
あとは、ケチャップをどうするかだね。

■ジラソーレ (girasole)
■東京都練馬区旭丘1-73-9 三共ビル2F
■営業:
11:30~17:00(月〜木)
11:30~14:00(金〜土)
18:00~21:00(金〜日)
■定休日:毎週水曜日
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る

ECODA HẺM(江古田)

江古田ヘム

飲食店の多い江古田ですが、15時から17時にかけては、
グルメ空白時間帯となります。
ランチが終わった後の、店員さんのお昼休憩タイムとなるからです。
家で原稿を書いていて、うっかりランチタイムを過ぎていると、
ママチャリという名のラクダに乗って、
やるせない気持ちで、グルメ砂漠を放浪する事になります。

家で食べろよと思われるかもしれませんが、
原稿を書いていない時は、一旦、資料や原稿から離れ
気分転換をしに、外に出たいのです。
ここまで書き終わったという、小さなご褒美のような感じで。
なので、チェーン店はやってるんですけど、
出来れば個人店の美味しいお店に入りたいのです。
小さな発見やワクワクを感じに。

この日も「しまった!」と思いながら、江古田を徘徊していたのですが、
ECODA HẺMが開いている事に気がつきました。
柵が閉まっているで、閉店しているのかなと思っていたのですが、
足元の看板には、「16:30LO〜17:00」の文字があります。
3軒屋台ゾーンがあるのですが、手前の一軒だけ開いていたのです。
まさに、グルメ砂漠の中でオアシスを見つけたような気分でした。

店内

屋台は3軒あって、ヌードル、ライス、カフェに分かれているのですが、
平日は、手前の一軒だけ営業なんですかね。
他は、開いていませんでした。

バインミー

豚肉がガッツリのったコムディアという料理と、
ベトナム風サンドイッチの、バインミーがあったので、
バインミーを選びました。
具材は、豚肉の甘辛焼きか、しうまいのトマトソースの2つから選べます。
豚肉の甘辛焼きをチョイス。
マンゴージュースがセットになって、900円。

家で原稿を書けるのって、いいねと言われる事があるんのですが、
やった人ならわかると思いますが、意外とキツいのですよ。
オンとオフのスイッチが切り替わらないので、
ずーっと仕事モードになりがちだったりもします。
あと、番組によって文体を変えなければいけなかったりもしますので、
頭の切りかえも大事です。

そういう時は、一度、仕事以外の事を考えるのが一番です。
なので、こうして美味しいサンドイッチを食べながら、
「おお、パクチーが効いてるな」とか
「唐辛子に気をつけて食べてくださいと言われたけど、
ほどよい辛さで、ちょうどいいな」
と、全然関係ない事を考えて、前の仕事の事を忘れる事も、
ただご飯を食べているように見えて、必要な時間だったりします。

フランスパンだけどベトナムの味。
うん、パクチーの香りがたまらない。
こういうちょっとした刺激で、リフレッシュスイッチがオンになります。
カーリングじゃないですが、こういう「もぐもぐタイム」必要なんです。

■ECODA HẺM(江古田ヘム)
■東京都練馬区旭丘1-74-9
■営業
2:00~17:00(16:30L.O.)  
■定休日:毎週火・水曜日
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る