ぐすたふ珈琲(江古田)

看板

雑誌「Hanako」の「喫茶店に恋して」という特集で、
江古田の喫茶店が取り上げられていました。
中盤に学生街の喫茶店という事で、
「モカ」と「林檎」「ヴィエイユ」
小竹向原の「音楽喫茶acacia]
新江古田の「江古田珈琲焙煎所」が取り上げられていたのですが、
前半の「ネオ喫茶の新世代マスター」という特集で、
「ぐすたふ珈琲」が大きく取り上げられていました。

南口の江古田コンパから練馬総合病院方面に向かい、
いつもチョークで道路に標語みたいなのを書いている、
ゴミ屋敷ような謎の家を通過したあたりにあります。
路地に入る角の所に、ベルベットの椅子に置かれた看板があり、
この路地を入ります。

かつては、といってもかなり昔ですが、
このちょい先に青果市場のようお店があり、
その向かいに肉屋が二軒、隣にパン屋、定食屋と、
ちょっと賑わっていた一角なんですが、
青果店の撤退と共に、いっきにそれぞれのお店が閉店し、
すっかり寂しい一角となってしまいました。
和定食の「平和」は、よく通ったなあ。

ぐふたす珈琲

外観からは想像できないのですが、
Hanakoの記事によると、以前はスナックだった物件のようです。

店内

店内はカウンターがメインで、
自分が座っている店の奥にソファー席が。
昭和感漂うベロアの椅子や、ファーの壁材ですが、
逆に今、モダンな感じがするから不思議ですね。
スナックとは違う重厚感があります。
リノベーション系だから、新店なのに懐かしい感じが漂います。

トースト

トーストを注文すると、
「千川通りのヴィエイユの物を使っています。
 今出ていったのがご主人なんですよ」
と、教えてくれました。
トーストは、400円。
ミルクとマンデリンの2層からなるカフェオレグラッセ650円。

最近、読書といえばエッセイばかりだったのですが、
映画「祈りの幕が下りる時」を観てから、
東野圭吾の加賀恭一郎シリーズで、
映像化されていないものを制覇しようと読み始めました。
電車で読んでいて、もうちょっと読みたいなという時に、
お店に入って続きを読んだりするのですが、
このお店、読書によさそうだなあ。
適度な静けさがあって。

■ぐすたふ珈琲
■練馬区旭丘1丁目56-13
■営業:10:00〜18:00
■定休日:水曜
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る

トレボン(江古田)

平野沙希子

フジテレビの「7ルール」を見ていたら、
平野沙希子さんがピックアップされていました。
様々な分野で輝いている女性の、自分のルールを探す番組で、
平野さんは、新進気鋭のフードライターです。

話している事も面白かったのですが、
文章が読んでみたいなあと調べてみると、
著書に「生まれた時からアルデンテ」がある事がわかりました。

ちょっと待てよ!そういえば、前に聞いた事があるなあ…。
そうだ!飲み友のMが、言っていたんだ!
「生まれた時からアルデンテが好きなんですよ」と。
彼もクリエイティブな仕事をしているのだけど、
平野沙希子の文章が好きだと力説していたのです。
今から3年前に。

ジュンク堂や三省堂に行ってみたのですが、在庫がなかったので、
amazonで中古を買う事にしました。
amazonのカスタマーレビューでの評価は異常なくらいに低いのですが、
読んでみてわかりました。この本は音楽でいう所のパンクなのです。
食やグルメ本、グルメエッセイが好きな人が読むと、
それまでの価値観が壊され、ぶちのめされるような気分になります。

まず、タイトルともなっている「生まれ時からアルデンテ」というページ。
自分は生まれた時からアルデンテ世代なので、
芯が無い事を誇りのように開き直る喫茶店のナポリタンが嫌いだ!と力説。
村上春樹の「カンガルー日和」の「スパゲティーの年に」で、
「空想のキッチンのタイマーを15分にあわせる」って、
茹ですぎだろ!と、大御所の文章にもかみついています。

いやあ、面白い!
これは彼女が24才の時に書いた文章。
最近、才能のある若者の作品にふれて、
自分の凡才ぶりに打ちひしがれる、
才能SMプレイが好きだと言いましたが、
彼女の文章にもビシビシと打ちのめされていきます。

ナポリタン=昭和のいい思い出話みたいな方程式が、
グルメエッセイのスタンダードとなって来ましたが、
気がつけば平成元年生まれも30才、ミレニアム生まれも18才、
腰の無いナポリタンが最高!なんて感覚は、
もはや、オッサンやオバさんの脳内にしか残っていないのです。

誤解無きよう言ってきますが、
彼女は昭和だけをディスってる訳じゃあありません。
食べログに頼り、評価の答え合わせばっかりしている人や、
旨くも無いのに、旨い旨いというグルメレポーター、
食に対して予定調和な人達をバッサリと斬って行くのです。
自虐というオブラートにつつんで、ユーモアを交えながら。

そんな中で、昭和な人達に甘やかされて生き残ってきた、
ぬるま湯メニューである、ナポリタンを一通りディスったあと、

(追記)として
神泉「フレンズ」のナポリタンは、
昔ながらの味なのにアルデンテなので最高です!

と、結んであります。
だよな、今の時代、ナポリタンもアルデンテにすればいいじゃん!
と、腑に落ちて、スッキリしたところで、
そういえば、江古田にもあったな!と思い出しました。

トレボン

江古田の老舗喫茶、トレボン。
ここで美味しい物といえば、クロックムッシュが代表的なんですが、
実は、野沢菜ピラフや、野菜サンド、
一見、普通の喫茶店メニューっぽい物が、旨いのです。
過去にも書きましたが、普通のメニューを丁寧に作ると、
こんなにも旨くなるんだなあという、感動があるのです。

ナポリタン

ナポリタンもその一つです。
注文してから、炒め始めるまでの時間から想像すると
たぶん、麺は茹でおきなんだろうけど、
それほど、ふにゃっとしてなくて、固め。
シャキっとしたピーマンの歯触りが気持ちいい。
あとは玉ねぎとソーセージと、平凡な具なのに、それでも美味しい。
ケチャップもくどくなく、上品!
全てがちょうどいい。
昭和ノスタルジックも、平成も関係なく、平野さんが何と言おうと、
自分にとって、これはこれで満足な一品です!

でも、平野さんが絶賛した、
神泉「フレンズ」のナポリタンは、どんな味で食感なんだろう?
アルデンテなナポリタン、気になるなあ。

■カフェ・ド・トレボン
■練馬区小竹町1-56-3(小林ビル2F)
■営業:10:00~22:30
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る