レストランHAMA(飯能)

名栗

飯能の奥、名栗に来ると、印象的な景色があり、
そこに差し掛かると「ああここまで来たんだ」というのを再確認。
この川がカーブして、直線に出る場所も、その一つです。

その他、ここから奥に行ったところのチェレステカラーのJAの建物や、
同じく川がカーブするところにある、謎のログハウス合掌村。
そういう目印的な場所が、いくつかあります。

今回は、この場所が目的地の一つでした。

レストランHAMA

名栗のサイクリスト御用達のお店、全部入ってみようシリーズ。
この集落の中にある、レストランHAMAへ。
週末はいつも混んでいる感じだったので敬遠していたのですが、
この日は並んでみることに。

バイクラックは、赤いHAMAの看板の下にあります。

入り口の記名を見ると、自分の前に3組待ち。
一瞬、他のお店も考えたけど、まあ急ぐわけでもないので待ってみましょう。

待っていると爆音が聞こえてきました。

族

族のような改造バイクですが、乗っていたのは30前後の人。
族っていっても2台なんですが。
入り口の名簿に記帳すると、外のベンチに腰掛け順番待ち。
なんか意気がるでも悪びれるでもなく、穏やかに話しています。
よい先輩、後輩という感じ。

なんでしょ?
古いハーレーをチョッパーにカスタムするみたいな感じで、
族車は、ノスタルジックバイク扱いなんでしょうか?
昔を懐かしむ感じなんですかね。
ちょっと不思議な感じでした。

DSC01078

さてさて、ここHAMAの名物といえば、
とろーりたまごのステーキ丼です。
肉のサイズが選べるのですが、僕は一番小さい120g。税込み1150円。

鉄の器で焼かれているので、一口目のご飯がめちゃ熱かったです。
気をつけてください。

ご飯はガーリックが効いた懐かしのバターライス。
バターが鉄鍋で香ばしくなっているのですが、
ステーキの肉汁と絡み合い、かなり濃厚。

ステーキは甘辛のタレで絡められているのですが、
肉が赤身のミディアムレアなので、くどくなくちょうどいい感じ。
おっさんは120gを選んで正解でした。
たぶん、若くない人は欲張らない方が吉のような気がします。

地元の方の間では、ごちそうと言えばここ的なものもあるのか
埼玉県のスポーツチームが優勝とかのご褒美で、
こちらで食事会した写真や色紙なども店内に張られていました。

飯能の名栗グルメ、ガッツリ行きたい人には、こちらがおすすめです!

■レストランHAMA (ハマ)
■埼玉県飯能市赤沢876
■営業:
11:00~14:30(L.O)
17:00~20:30(L.O)
■定休日:火曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

森牛乳・加藤牧場直売センター(飯能)

DSC00816

約一ヶ月ぶりの飯能。
週末雨だったり、謎のかかと痛だったり、
なかなか自転車に乗れませんでしたが、
足の痛みも引いたので、輪行で来てみました。

飯能は、駅の改札外にコインロッカーが無いので、
輪行の荷物をリュックでしょわなければいけないのですが、
ヒルクライムの時に、以外と邪魔。

これまでリュックはドイターのレース、10リットルを使っていたのですが、
飯能ぐらいの輪行だと、オーバーサイズ。
新幹線を使うぐらいの輪行で、風呂入って着替えしてから帰宅的な、
そういう時には、便利ですが。

U4E

そこで、今回から新兵器を投入!
より軽量化、シマノのU-4E。
こちらは4リットルのモデルです。
背中のところに、ボトルを入れられるので、
輪行中は、ここにボトルを差しておきます。

アーミーグリーンとなっていますが、実質レッド。
もう一種類、ブルーのモデルがあります。

ヘルメットホルダー

ショルダーにつながるベルトは、ワンタッチで外れるので、
ヘルメットの穴を通して、パチっとはめると、ヘルメットホルダーに。
もともと、マウンテンバイク用に作られたので、
フルフェイスのヘルメットのあごのところを通して止める用なんですが、
ロードの場合は、こうして止めるといいでしょう。
意外ときっちり固定されて、ぐらぐらしません。
電車移動の時は、こうして移動します。

中身

チャックはサイドについています。
で、飯能について自転車を組み立てた後に、バッグに入っているのが、
右から輪行袋と、ウインドパンツと、ダウンヒル用のジレ。
そのほか、帰りの電車に乗る前用の汗ふきシート。

パンク用のチューブ類はサドルバッグに。

近場輪行の時に使っているのが、モンベルのコンパクトリンコウバッグ。
自転車をひっくり返して、タイヤをはずしてボディーに固定するだけ。

付属のベルトではなく、マルトのゴム製の車輪固定フックを使えば、
ワンタッチでひっかけるだけなので、車輪の固定は30秒もかかりません。

電車内でサイクルジャージは恥ずかしいので、
モンベルのストレッチウインドパンツを履きます。
畳むとiphoneぐらいの大きさぐらいのコンパクトサイズなので、
バッグに入れても荷物になりません。

シマノのU-4Eは、ショルダーベルトが「くの字」型の対照になっていて、
真ん中をフックで止めると「X型」になるように設計されています。
なので、いい感じで密着して、ズレを感じません。

河原

今回は、これまで入った事のない自転車乗り御用達のお店を制覇すべく、
まずは埼玉県道70号飯能下名栗線の裏道へ行こうしたのですが、
いきなりの道間違え。
本当は、あの赤い橋を渡る予定だったのに。

名栗側を挟んで、県道70号と平行に走る道に出ます。
そちらの方が、多少はアップダウンはありますが、車もいないし、
左側が山なので、直射日光が遮られて、暑い日でも大丈夫。
…というか、この日はあまり気温もあがらず、涼しいぐらいでした。

加藤牧場

さて、その道の途中に、森牛乳・加藤牧場直売センターというのがあります。
バイクラックが設置されているように、自転車乗りの休憩所となっています。

だいたいの人が、朝からヒルクライムして、
帰りにこちらで、デザート休憩しているみたいですが、自分は行きに休憩。
しかも飯能駅から5キロも走っていないのに、もう休憩。

店内

お店にはイートインスペースもあります。

ジェラート

名物は、日高の加藤牧場のジェラート。
カップタイプとコーンタイプがあります。
カップだと、ダブルで360円だったかな?
ちょっと値段忘れたんですが、コーンよりカップの方が安かったです。

ジェラート

選んだのは、黒蜜きなこと、ピュアミルク。
榎本牧場のジェラートみたいに、縦に二つ盛りじゃなく、
丸いボールを二段重ねなので、この黒蜜の下にもう一つピュアミルクがあります。

黒蜜きなこは、意外ときなこが強めで濃厚。
ピュアミルクは、バニラというよりは、本当にミルク。
これ、縦に並べて交互に食べたいなあ。
コーンにすべきだったか。

食べながら、お隣の方と雑談。
「どこに行ってきたんですか?」と聞いたら
「子の権現」というお返事。
このへんのボスキャラ激坂じゃないですか。

興味津々で、いろいろ聞いちゃいました。
北側は、13%前後なので上れなくはないけど、
南側は、20%以上の坂があり、有名な最後のカーブより、
その前のストレートの方が心が折れそうになるとの事。

こうして、ビビってまだ登ってないのに、
子の権現耳年増になって行くのでした。

人見知りのコミュ障なのに、
最近、飯能行くと、知らない人といろいろ話してるなあ。
体もそうだけど、コミュ障もリハビリ中です。

■森牛乳・加藤牧場直売センター
■埼玉県飯能市大河原794-1
■営業:
10:00~17:00(4月〜10月)
10:00〜15:00(11月〜3月)
■定休日:不定休
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ