フレンズ(神泉)

平野沙希子

この1ヶ月振り回されたのが、この1冊。平野沙希子さんの「生まれた時からアルデンテ」です。フジテレビの人間ドキュメント「セブンルール」でお見かけしてから、ずーっと気になっていた、新進気鋭のフードライターです。テレビで観てから著書を探したのですが、どこにも在庫がなく、古本で探して取り寄せ。

1991年生まれで、現在27才の彼女は、「生まれた時からアルデンテ」なパスタ世代なので、昭和のノスタルジーにあぐらをかいて、茹で置きの腰のないナポリタンの向上心の無さが許せないと、これまでのグルメライターとは違う視点で文章を書く人です。

今発売中のグルメ雑誌「dancyu」では、食パンの特集をしているのですが、その中で名物編集長が「ピザトースト」を取り上げながら、「世の中には、味を極めないぐらいが、ちょうどうい料理がある。ナポリタンとか…」と、語っています。まあ、一般的にナポリタンと言ったら、こちら派が主流でしょう。「dancyu」だって、オッサンが読む雑誌だし、その世代に向けたメッセージとしては、間違いではないと思います。

ところが、時代は、もう平成30年。
ここからは、オッサンの領域に平成生まれが突入してきます。生まれた時からアルデンテ世代です。今、発売中のPOPEYEは、東京特集なのですが、その目玉となっている付録の冊子が、平野沙希子監修の「二〇一八年の東京 味な店」で、アラサーぐらいまでの世代に知られている、平野沙希子さんを担ぎ出して、これまでのグルメ評との差別化がはかられています。

平成生まれから見た、昭和な人達は、自分達が見ていた大正時代の人達な訳ですが、もうすぐ年号も変わってしまう訳で、新たな年号の人達から見た自分達は、明治時代の人のように見える訳です。俺たち、文明開化!そりゃあ、時代のズレも出るでしょ。あきらかに、今年あたりから、世代のメインストリームが入れ替わり、オッサン、オバサン達が、徐々に世間の流れから取り残されて行くんだろうなと思います。

という話を番組スタッフと話していたら、平成生まれの27才の若手放送作家が、これまでTVというと、テレビブロスのような雑誌が、テレビをサブカル風にとらえて、人気を呼んできましたが、今発売中の男性雑誌雑誌「EYESCREAM」では、「インターネットTVっ子」という特集で、今観るべきネット番組や、動画など、地上波を抜いた、尖ったネット番組特集をしていて、若者はもう、「TV=地上波」という価値観ではないと教えられました。

僕もオッサン側なので、こういう話を聞くたびにショックを受けるのですが、否定はせずに、一応、体験してみるようにしています。敵?というか、違う感性を知る事により、自分なりの戦い方が見えてくると思うからです。

今、発売中の雑誌は、4月という事もあり、「東京」を特集した物が多いのですが、そのほとんどが、ノスタルジックな目線で語る、東京懐かしの場所特集。要するに、昭和なナポリタン側の視点による、東京。「うまれた時からアルデンテショック」を受けた直後だけに、こんなオッサン視点ばかりじゃ、若者は雑誌読まなくなるよなあ…と思いました。戦いを放棄している。

フレンズ

さて、その「生まれた時からアルデンテ」の中で、

神泉「フレンズ」のナポリタンは、昔ながらの味なのに、アルデンテなので最高です。

という記述が、あります。

まあ、すぐにこのお店に答え合わせに来ても良かったのですが、それじゃあ面白くないので、まずは、自分になりに江古田で食べ歩き、アルデンテなナポリタンを探し、「きっとこうだろう」という仮説をつかんだうえで、足を運びたいなと思った訳です。若者に迎合したい訳でもなく、あくまでも自分の中になかった価値観を、新たに取り込みたい。そういう欲に駆られました。

750

ただ、残念ながらオッサンである証拠に、喫茶店の前にHONDAのCB750が止まっていると、マンガの「750ライダー」を思い出します。「フレンズ」があの喫茶店「ピットイン」とオーバーラップ。

ナポリタン

スパゲティ、ハンバーグのせのハーフ。量が多いのでハーフがお勧めと言われました。待望の品に興奮して、値段忘れる失態。

まず、サラダを食べたら、ゴマのドレッシングが美味しい。いろんな所で出てくる、やっつけサラダとは訳が違います。丁寧に作られています。

さて、アルデンテなナポリタンは、どうでしょう?あれ?思ったより味が濃いなあ。味付けの方は完全に昭和だけど、炒め具合が絶妙なのか、ケチャップが滑らかで、吸い上げた時の食感が心地いい。そして、問題はアルデンテなスパゲティーです!なるほど、どうしてナポリタンはモチモチがいいという価値観になったのでしょう?絶対、アルデンテな方が旨いじゃん!

こういう新しい価値観を知る事が出来て良かったです。これから感性が若返る事は無いと思うけど、思考停止して、老化してしまう事だけは気をつけたいなと深く、深く、思いました。

コーヒー

食べ終わりというか、戦い終えたような気分から解放され、軽く放心状態。これから世代交代の波は、ますます訪れるんでしょうね。

例えば、紅白歌合戦って、若い世代とシニア世代の価値観が、全く違って、相反しますよね。若い世代は、ヒット曲のない演歌歌手が、毎年同じ歌を歌う意味がわからないといい、シニア世代は、名前を知らない歌手ばかりで、最近の紅白は面白くないという。やはり名の知れた歌手が出てこそ、年末の歌の祭典だと。まあ、どちらの言い分もわからないでもないですが。

ただ、冷静にアーティスト別の視聴率をチェックすると、演歌系では、白組2番手の山内惠介さんを除いて他の方は、前のポップス、ロック、アイドルのアーティストより、軒並み視聴率を落としています。視聴率が全てではありませんが、需要の目安の一つの指標ではあります。

時代のメインストリームが、入れ替って来ているのは、まぎれもない事実ですね。

建て替え

ところで、フレンズのあるマンションに建て替えの看板があるのを見つけました。これは、もうすぐ食べられなくなってしまうのかな?とチェックしたら、平成26年に着工して、28年に建て替え完成予定となっていました。マンション建て替えの反対運動でも、盛んに行われたのでしょうか?まあ、なにはともあれ、無くなる前に食べる事が出来て、本当に良かったです。アルデンテなナポリタン。

■フレンズ
■東京都渋谷区神泉町18-8 松濤ハイツ 1F
■営業:11:00~21:00
■定休日:日曜、祝日
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る

モスクラシック(千駄ヶ谷)

千駄ヶ谷

来週、またまた藤井聡太五段のフィーバーが巻き起こると思われます。ところが正直、将棋については詳しく知らず、藤井五段が置かれている状況を、理解出来ていません。そこで、イメージを湧かせる為に、仕事帰りに将棋会館のある千駄ヶ谷に行ってきました。

2月14日のバレンタイン当日には第49期新人王戦で古森悠太四段と対局、2月17日には第11回朝日杯オープンの準決勝で羽生善治竜王との大一番が控えていて、またまた、マスコミ、ワイドショーはこぞって藤井五段を取り上げるでしょう。

日本そばの「みろく庵」から、豚キムチうどんの出前を取ったとか、バリバリのマジックテープの財布を使っているとか、知っているのは、そんな事ばかりで、どんな立場で、どんな風に戦っているかなど、わからない、知らない、想像つかないというのが本当の所です。

そこで、将棋の世界をイメージしやすくする為に、こちらの映画を観ておきました。日本将棋連盟の公式サイトのコラムでも、将棋好きは絶対観るべき!映画「3月のライオン」をオススメする4つの理由とは?と、推薦されている映画です。


将棋の世界を描いた、「3月のライオン」という映画。

羽海野チカさんによる将棋漫画が原作の実写作品で、15歳でプロ棋士になった天才棋士桐山玲を、神木隆之介さんが演じ、羽生善治さんを思わせる名人を加瀬亮さんが演じます。子供の頃からプロだった桐山玲を、子供の頃からプロだった神木隆之介さんが演じたら子供の頃からプロだった藤井聡太さんとオーバーラップするでしょ。そりゃ。そして加瀬さん、いつも寝癖ついているし、もう羽生さんにしか見えません。イメージをつかむのには、ピッタリです。映画では藤井五段も挑戦する新人王戦なども描かれていたので、対局を迎えるまでの時間、対局中の心理など事前に映画を観たおかげで、世界観が想像出来るようになりました。

3月のライオンは「将棋をテーマ」にした作品でありながら「棋士を職業とした男の子の人生」を描いています。なので、主人公の桐山玲に降りかかる、色んな事を通して、中学生の藤井君は、こんな時、どんな事を考えているんだろうなあと、思えるようになりました。

鳩の森神社

将棋会館のすぐ目の前にある鳩森神社は、映画にも何度も出てくるのですが、ここは、自転車のお守りでも有名な神社で、以前もお参りに来た事があったので、見覚えのある風景。神木隆之介君演じる主人公も、ここを抜けて将棋会館に向かうのですが、映画に登場した近道は、現在、通り抜け禁止になっていました。

将棋堂

境内にある将棋堂には、棋士達の絵馬がかけられているのですが、木立の中にあるので、暗くて、残念ながら読む事は出来ませんでした。

将棋会館

表から将棋会館を。2階の窓越しに、対局している人達が見えます。

ドコモビル

映画の中で、将棋会館で対局を終えて帰るシーン、負けた棋士は、悔しそうに駅へと向かいます。その時に、良く出てくるのが、鳩森神社前の交差点。遠くにドコモビルが怪しく浮かんでいます。

モスクラシック

さて、藤井聡太五段が将棋会館の帰りに寄った事で話題なのがモスクラシック。モスバーガーの高級版で、本学的なグルメバーガーのお店です。ネットでは、中学生の藤井五段が贅沢をしていると、ザワつきましたが、正直、藤井五段は皆さんより稼いでいます。

映画の中でも、高校生である主人公が、先生に「おまえ、俺より稼いでいるんだもんなあ」と言われたり、大人達に子供扱いされると、「僕は年収700万円ある!一人前の大人だ!」と宣言したり。そのぐらい稼いでいれば、グルメバーガーなんて、どうって事ないハズなんですが、藤井五段も「普通のモスとはかなり値段が違ってびっくりしました」とちょっと、ビビったみたいなので、普通の中学生として、この店に入ってみたようです。

店内

こちらのお店、映画にも登場するのですが、左手の観葉植物の奥が、主人公の義理の姉、有村架純さんが、佇んでいた席です。普通のモスと違って、ハンバーガーレストランであるという雰囲気、伝わるでしょうか?ファストフードのモスと違い、サラリーマンやOLの方が多いです。

アボカドバーガー

頂いたのは、アボカドバーガー、1150円。通常は、ハンバーガーにはコーラと決めているのですが、お酒が飲めるのが特徴なので、ハートランドの生ビール、550円。大人のモスバーガーなので、お酒を飲むことも出来ます。ビールの他に、ワインなど、お酒も充実。

モスは、ハンバーガーチェーンの中では、しっかりした商品を出していますが、それでも、通常モスとは違って、完全に高級路線。パティがしっかりしています。

さて、藤井五段、このハンバーガーを食べながら、何を考えていたのでしょうか?その日の対局の事を考えていたのか?それとも、将棋の戦法のように、どの順番で具をやっつけるのか、考えながら食べたり?でもインタビューでは、コンビニなどで支払いをする時、手間取ってしまうのでレジに行くのが怖いと言っていました。レジに並んでいる時にボーっとしていて、自分の番が来てから鞄の中の財布を探し「あれ?無い!」って、慌てている人を良く見かけますが、藤井五段も、もしかしたらそういう事があるのかも。将棋以外では、先を読めないタイプなのかもしれませんね。食べる事が唯一の楽しみ的な事も言っていたので、今まで食べたのより高級なハンバーガーに、新鮮な驚きを頂いたり、気分転換になっているといいのですが。

■モスクラシック 千駄ヶ谷店
■東京都渋谷区千駄ヶ谷1-8-11
■営業:
11:00~23:00
11:00〜22:00(日曜)
■定休日:年始
場所はこのへん
お店のサイト

まったくの余談ですが…、自転車で走った事のある風景は、映画に1カットチラっと出てきただけであそこだ!と、わかるようで、最後に主人公が対局に向けて着物を作ってもらうのは、下赤塚の「白龍」だ!と、一発でわかりました。いつもあの脇を抜けて、荒川サイクリングロードに向かうのです。そういえば、今年はまだ、荒川サイクリングしてないなあ。

Pocket
LINEで送る