グッドマンチーズ(練馬)

高架

本来ならヒルクライムに出かける予定だったのですが、
サイクルロードレースのハンマーシリーズを見ていたら、
スタートも深夜11時55分と遅く、
飲みながら観ていたので、寝落ちしてしまいました。
ベッドでちゃんと寝てないので、起きたら体が異様にダルく、
ヒルクライムは、DNS。
DNSとは、サイクルロードレースで良く使う言葉で、
Do Not Startの略で、スタート前棄権の事です。

6月末に、毎年恒例の富里スイカロードレースがあるので、
代わりに練馬のティップネスで軽くランニングする事に。
その前に練馬の西武豊島線の高架脇にある
ハンバーガー屋さんで、ランチをする事にしました。

グッドマンチーズ

グッド マンチーズ (GOOD MUNCHIES)というお店。
トランプ大統領が来日の時に食べたハンバーガーは、
芝公園にある/MUNCH’S BURGER SHACK。
あちらのMUNCH’Sは、スラングで「やみつき」という意味ですが、
こちらのMUNCHIESは、小腹がすいたという意味のスラングです。

チーズバーガー

チーズバーガーに、コーラをつけて、1400円だったかな?
ハンバーガーを頼むと、ポテトかサラダのどちらをつけられるので
ポテトをチョイスしました。
パティは千葉県産のしあわせ絆牛だそうで、
こちらの牛肉は、千葉の放送局bayfmでよくプレゼントにも出る逸品。
肉の旨さは間違いなし。
肉は挽肉ではなく、ハンドチョップとの事ですが、
芝のMUNCH’S BURGER SHACKや、
池袋のNo.18のように、もう少し粗めの方が、
肉感が増して、良いかもしれない。
十分に美味しいのですが、欲を言えばという感じ。

ケチャップとマスタードが置いてありますが、
かけずに、塩胡椒の味で楽しんだ方がいい、シンプルバーガーでした。

■グッド マンチーズ (GOOD MUNCHIES)
■東京都練馬区練馬3-17-1 キョーリンビル7 1F
■営業:
11:00~15:00(火〜金)
17:00~21:00(火〜金)
11:00~21:00(土日祝)
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る

ミモザ(新富町)

ミモザ

東銀座って、銀座なのに何故か場末感があります。
メインの銀座には一流ブランドのショップが建ち並びますが、
個人商店や雑居ビルがメインだったりします。
意外と交通のアクセスが良くなくて、
有楽町線の新富町から歩いて行く事にしました。

この日は、とあるお仕事の顔合わせがあったのですが、
待ち合わせの時間までに、まだ時間があったので、
この界隈をぶらぶらしながら喫茶店を探してみました。
するとありました!
小さな純喫茶「ミモザ」。
前回の東京オリンピックの年に開業したお店だそうです。

本棚

ピンク電話の横に「渋カフェ」という本が置かれていますが、
そちらにも掲載されたようで、
「掲載されています」というステッカーが貼られていました。
これ、出版社が貼って、献本したのでしょうか?
よく、掲載された所にポストイットが貼られているケースは多いですが
表紙に「掲載されています」ステッカーを見たのは意外と初めてかも。

近くにマガジンハウスがあるので、
そこから出版されたのかな?と出版社をチェックしたら、
「散歩の達人」の交通新聞社でした。

コーヒー

ホットコーヒーは350円。
メニューにあった肉焼きそばに強く惹かれたのですが、
この後、食事会だったので飲み物だけにしました。
ちょっと残念。

テーブルの上には、灰皿にコービーの豆かすが敷き詰められています。
古い喫茶店に行くと、たまに見かけますね。
たばこの吸い殻の消臭機能の為ですよね。

お会計が終わった帰り際、お店のお母さんが、
「気をつけて、いってらっしゃいませ」と、
一人一人に声をかけていたのを見て、
かつて江古田にあった喫茶店、トキの事を思い出しました。
ドキのお母さんは
「本日は天候も良くないのに来て頂きありがとうございます。」
注文をすると
「ナポリタンですね。ありがとうございます。」
食べ終わると
「ありがとうございます。サービスのアイスです」
お会計の時に、
「600円です。ありがとうございます。」
帰り際に
「お気をつけて、ありがとうございます。」
これ以外にも、ちょいちょい言われて、
入ってから帰るまでに、「ありがとうございます」を
10回ぐらい言われたのです。
宮沢賢治の「注文の多い料理店」ならぬ、
「ありがとうございます。の多い喫茶店」だったなあ。

■ミモザ
■東京都中央区銀座2-13-2
■営業:
10:30〜19:00
12:00〜17:00(土)
■定休日:日祝
場所はこのへん

外観

お店には別にBGMとか流れていなかったのですが、
何か、かすかに音楽が聞こえました。
コントラバスか何かのような弦楽器の音なんだけど、
メロディーというより、何か「ブォーン」という音が鳴っています。
表に出てからチェックしてみましたが、
音楽関係らしい、看板は無し。
どこから音がしているんだ?とウロウロしていると、
バイオリンケースを持った小学生が、
お店の脇の階段の所に入っていきました。

看板

あ!これか!
さっきの「ブォーン」は、ヴァイオリンのスケール練習だな!きっと。

Pocket
LINEで送る