サッドカフェ(野方)

お志ど里

江古田は「お志ど里」が閉店した!という話題でもちきりです。
江古田を代表する老舗という事で、
喫茶店のトキ、おにぎり屋の「やぐら」と、四天王のうち2店舗が閉店。
残る2店として、地元の人の心のよりどころとなっていました。

張り紙

ところが、しばらく休業しますの張り紙が出てから、
長らく営業しておらず、
ツイッターでは、店員さんから聞いたという話で、
不動産では、貸店舗の案内も出たりして、
実は閉店したという噂が一気にかけめぐりました。
ただ、張り紙は「休業」のまま。
閉店が既成事実化していますが、
一発逆転の再開の可能性はないのでしょうか?

軍鶏八

それにしても、江古田の飲食に何か起きているのでしょうか?
閉店ラッシュが続いているのです。
千川通り、天下一品地下の軍鶏八は、今月いっぱい4月30日で閉店。

半兵衛

同じく南口の昭和居酒屋「半兵ヱ」は、5月28日をもって閉店。

あんず

北口のお好み焼き屋さん「あんず」は、5月10日で閉店。
そのお隣の餃子の「点点」は、「臨時休業します」の張り紙が貼られ
しばらく閉まったまんまです。

プアハウス

極辛カレーが名物の喫茶店「プアハウス」は、
店主の怪我の治療の為、休業中。
どうしたんだ?江古田の飲食業界!

江古田コンパ

そうなると、残る江古田らしさの頼みの綱は、
レトロなバーの「江古田コンパ」のみ!
どうなる?江古田!
と、衝撃を受けている時に飛び込んで来たのが、
1年前に閉店した「サッドカフェ」が復活しているという情報!
場所を変えて野方に!

サッドカフェ

野方の路地裏に復活していたサッドカフェ。
江古田時代は、バス停の路地を入った所にありましたが、
こちらも環七からちょっと入った所にあります。

看板

江古田時代は、深夜の利用がメインでしたが、
野方では、昼のカフェに。

店内

江古田時代より、少しこじんまりした店内。

CD

それでも、音楽好きのマスターのCDコレクションはそのままで、
JAZZが流れていました。

キッチン

ご主人に、江古田のサッドカフェと同じですか?と聞くと、
1年前に江古田店をたたんで、野方にお店を出したのだとか。
江古田は深夜営業だったので、昼夜逆転の生活がずーっと続き、
体調もあまり良くなくなってきてしまったので、
自宅近くの野方に、お昼のカフェをオープンさせたのだそうです。

キーマカレー

頂いたのは、ドライカレーのセット800円。
江古田時代は、おつまみの注文ばかりだったので、
ご飯を食べたのは、実は初めて。
喫茶の香りもする、ほっとするメニューです。

江古田時代は、閉店の時にイーグルスのサッドカフェが流れていましたが、
今の閉店の時にはかかるんですか?と聞いてみたら
「そんな事もありましたねえ」と、笑顔でかわされました。

■サッドカフェ
■東京都中野区野方3-25-7
■営業:11:30~22:00
■定休日:水曜定休(5月から)
場所はこのへん
お店のツイッター

Pocket
LINEで送る

CROSS COFFEE(矢野口)

多摩川CR

サイクリングしている間は、スマホはいじりません。
正確に言うと、僕のサイクルコンピューター、
ガーミン510にはナビがついていないので、
場所を確認する為に、2〜3度ぐらい地図を見るためと、
食事をインスタにあげる時ぐらい。
ツイッターやネットニュースをみたりはしません。
もちろん、イヤホンは危険なので、
音楽も聴かず、ただただ自然の中を、
ボーっとしながら走るだけです。

キャンプ

ネットの中って怒りが渦巻いていて、
精神的に不健康な物が、目から入ってきてしまいます。
僕は、どんな物にも色んな意見があり、
0対100になったりしないと思っていますが、
100になると思い込んでる人が多いような気がします。
そして、反対側を叩いて怒ってる。
怒りをぶつけあってる。
でも、そんな事したって100にはならないから。

スマホを見ない事で、そういう不健康な世界が遮断され、
デトックスされます。
サイクリングには、そういうデジタルデトックスの効果もあるのです。

みんな他人に対して、怒りすぎ。
そして、怒るネタを探すために、スマホ見過ぎ。
そして怒りのレベルゲージを10までためた所で、人と話すので、
怒りゲージ0とか1の自分は、ドン引きしてしまいます。
大谷翔平選手も言ってましたが、
だったらゴミを拾ったりして、「良い事した」と、
運を貯めたと考えられる精神状態の方が、いい結果出せると。

『書を捨てよ町へ出よう』と言う言葉がありますが、
スマホをしまって、自然の中を走ろう。
脳みそのオーバーヒートを、少しさましましょう。

橋

多摩川原橋を渡って、矢野口へ。

クロスコーヒー

こちらにも、新たなチャリカフェ、CROSS COFFEEが出来ていました。
チャンピオンシステムという、サイクルジャージの会社が母体で、
多摩川サイクリングロードや、
尾根環などを走る人達の拠点として、作りました。
ご覧のように、すでに沢山の自転車が。
これはもちろん、来店した人達の愛車。

お店

店内では、カフェの他に、ジャージや、小物など、
サイクルアパレルも売られています。

ジャージ

セールもやっていました。
店内のお客さんを見ると、学生グループなのかな?
4人組みのサイクリストは、二人が上下サイクルジャージ、
二人は、部活用ジャージのような感じで、
自転車は買ったものの、ジャージまでは手が回っていない感じ。
そういう人達が買いやすいお値段の物があるといいですね。

ラテ

カフェラテ、450円。
飲んでいる間も、深いことを考えず、のんびり。
考えなくていいことは、考えなくていい1日。

■CrossCoffee chocolate&sandwiches
■東京都稲城市矢野口227-1 グランツドルフ 1F
■営業:7:00~18:00
■定休日:無休
場所はこのへん
オフィシャルサイト

Pocket
LINEで送る