ベニーノ ヴィッラ(指扇)

荒川CR

超久々のロードバイク。そして荒川サイクリングロード!

最後にロードに乗ったのは、通行止めになってしまうと慌ててリベンジに行った有間峠。これが6月。荒川サイクリングロードに至っては、4月に桜を見に吉見の堤に行って以来。本当は、こんなにご無沙汰する予定ではなかったのですが、今年は猛暑になるのが早く、その後は台風、いい気候になってからも週末だけ雨という事が多く、なんだかモチベーションが下がってしまっていました。

全て言い訳です。サボりです。Twitterとかチェックしている人達がガンガンヒルクライムしてるの見てると、俺はあそこまで登れないなあとコンプレックスもったり、やる気が薄れていたのも事実です。

荒川

この日も9時ぐらいに起きたんだけど、何だか面倒くさいなあ、阿佐ヶ谷あたりでプリンでもいいかなんて思っていました。で、1時間ぐらいぐずぐずしてたら、体が起きてきたのか、ちょっと行ってみるかという気分になり、ジャージに着替えました。

久しぶり過ぎて、今、どのジャージを着ればいいのかわからず、15度想定の秋冬用を着て、ウインドブレーカーを持って行く事に。普段のミニベロでは手袋をしなくて平気だったので、指切りハーフのグローブをして、フルフィンガーはサドルバッグに。

町中を走っている時は寒くなかったのですが、荒川に出たら急に寒くなって、ウインドブレーカーを着込み、フルフィンガーにチェンジ。

田んぼ

寒いから夏のようにバテなくて、秋ヶ瀬公園の休憩をパスして、あっという間に荒川サイクリングロードの田んぼ区間へ。4月以来だから、今年は田植えも稲刈りも、まず稲の一生を見ていません。こんなのロード買ってから初めてかも。

公園

さて、久しぶり過ぎると、色々と情報不足になってしまっています。西遊馬公園の付近の土手は工事中で迂回路が指定されているのですが、その迂回路のコースが変わっていました。公園の中の舗装区間からダートになる前に右折する所までは一緒。

土手

土手に登る所で、これまでは右折して、折り返して右から左に斜めに土手の上に登って行っていたので、その通りに行ったら上は通行止めになっていました。

看板

土手下の看板を見逃していたのですが、サイクリングロードの迂回路は左折に変更になっていました。土手の下を走り、VIAのある「桃月園」の脇から、土手に登るコースに。

ベニーノ

やっといつもの土手上の荒川サイクリングロードに戻り、川越線を越えたら、この建物が見えてきました。かつてはピゼリアというお店だったのですが閉店してしまい、今はイタリアンの「ベニーノ ヴィッラ」になったという情報を得ていました。しかし、約半年ロードに乗っていなかったので確認出来ずにいたのです。土手の上のこの位置でもペペロンチーノらしき、ニンニクの香りが漂ってきて食欲をそそられます。よーし!食べるぞ!

建物

指扇のイタリアン「ベニーノ ヴィッラ」。看板は変わりましたが、お店の外観はほとんど変わっていません。

バイクラック

変わったといえば、本格的なバイクラックが設置された事。さいたま市の自転車まちづくり推進課が自転車による町おこしを推進していて、荒川サイクリングロード沿いのこのお店は、サイクルサポート施設の「さいクルステーション」に指定され、空気入れや工具が準備されています。現在10カ所が「さいくるステーション」に指定されています。
空気入れ

入り口入った所に空気入れがあり、工具も用意されていると写真が置かれていました。

店内

この日は、サイクリストがいなくて、一般のお客さんばかり。全身黒のサイクルジャージの自分は、モジモジくんのようで、少し浮いてしまいました。でもまあ、その辺はもう慣れたもので。

ピザ

運動不足で太っている人の事を隠語で「ピザ」と言います。ネットでデブをバカにする時に「ピザでも食ってろデブ」と言ったのが始まりだそうですが、運動不足なのでピザでも食っておきます。

マルゲリータのドリンクセットは、1280円。バジルの緑とトマトの赤、モッツァレラの白でイタリアの国旗をイメージしたピザで、イタリア国王のウンベルト1世の王妃マルゲリータが、このピザを出されて喜んだから「マルゲリータ」という名前に。具材自体はそれ以前から使われている一般的な物だったそうですが、粋な提供文句を唱えて王女が感激したから、この伝説が生まれたんでしょうね。これを書くときに調べていて、今、知りしました。

「ベニーノ ヴィッラ」のピザは、端っこはふんわりもっちり。だから薄手のナポリビザですが、ボリューム感もあります。1枚でちょうどいいかも。

他の人が食べているのを見ると、パスタもプレートメニューも美味しそう!今度来たときはそちらにも挑戦してみましょう。

「ベニーノ ヴィッラ」チェック完了です!

■ベニーノ ヴィッラ
■埼玉県さいたま市西区西遊馬2197-1
■営業:
11:00~15:30 (L.O14:30)
17:00~22:30 (L.O21:30)
■定休日:木曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る

worth cafe(新江古田)

ワースカフェ

江古田と新江古田の間に、超キラキラ系カフェの「worth cafe(ワースカフェ)」が出来ました。フレンチレストランのラリオンがあった場所です。ピンクが基調で、オッサンが二の足を踏んでしまうカフェ羞恥プレイにぴったりのお店で、友人知人から「早く行って来て!」と矢のような催促を受けていたお店です。

窓ガラスは暗くなるのと室内からの明かりに反応して、見る角度によって色が変わります。なぜ、江古田にこんなガラスやミラーを使った派手なお店が?と皆も不思議そうなのですが、どうやらガラスの会社が運営しているようで、そう聞くとショールーム的な役割なのかと、合点がいきます。

それでは、キラキラ女子達のテンションが上がりそうなハート型のドアノブを押して、店内にストトーンと潜入。

入り口正面のカウンターで店員のお姉さんと、ご対メーン!店内もメルヘンカラーでタマランチ会長!まずはこちらで注文し支払いをすると席まで持って来てもらえるシステム。小生はワースミートバーガーと、ワースラテで、小1枚と190円。と、おかしなテンションになり、オッサンだけが知る「夕刊ゲンダイ○○探訪」のような文体になってしまいました。若い人はハテナ?でしょう。

ガラス屋さんが母体という情報があったので、シャンデリアや、反射系の素材を使った壁面というのも、そういうノウハウを使った物なのかな?と思いました。

店内のインテリアは見事なまでのインスタ映えで、原宿などにあってもおかしくないお店なのですが、フードメニューはもうちょっと頑張った方がいいかなというのが正直な感想。ワースミートバーガーは780円と、グルメバーガーと遜色ないお値段。ミートと野菜をパンケーキで挟んであるのですが、デザート系のパンケーキなので、ホイップクリームやイチゴなどには合うかもしれませんが、バンズとして少しハテナ?

この内装であれば、スイーツのお店に完全に振り切って、可愛いケーキ類や今流行りのプリンなど提供して、「カワイイ」全面に押し出した方が良さそう。今、インスタ映えするプリンだけでめちゃめちゃ集客しているお店もあるし、ミスドだってピカチュードーナツで話題を作っているし。さて、どうなって行くのでしょうか?

あ、大きなお世話でしたね。

■worth cafe(ワースカフェ)
■東京都練馬区豊玉北1-3-24
■営業
8:00~20:00(月〜土)
10:00~17:00(日)
■定休日:無休
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る