ヴェンティクワットロ (桜台)

看板

ゴールデンウイーク、結局どこにも出かけず引きこもり。
アベンジャーズ・インフィニティ・ウォーの吹き替え版を見てから、
吹き替えにハマり、huluに入ってマーベルの映画シリーズを見まくり。
TSUTAYAに行っても全て貸し出し中だったりするので、
だったら、1ヶ月分入会して、見まくってやろうと。
で、夜はこちらも一ヶ月限定入会のDAZNで、ジロ・デ・イタリアを観戦。

TVBros.がテレビ欄を廃止して、BS、CS、ネット配信も含めた、
番組のレコメンド形式に変更しましたけど、
地上波の占める割合は、かぎりなく小さくなりました。
僕も、こんな調子で、地上波を見る割合減りました。

さて、ジロ・デ・イタリア気分を盛り上げようと、
イタリアンを食べに行く事にしました。
ところが、ご近所のイタリアンレストランは、軒並み予約客で満席で、
なかなか入れません。
ジロ・デ・イタリアは関係ないと思うのですが、
ゴールデンウイークの最終日は、ちょっと豪華にという感じなのでしょうか?

そこで、色々候補が消えた中で、
練馬のティップネスに行くときに、よく見かけてたいた看板を思い出し、
桜台の住宅街にあるお店に行ってみる事にしました。

ヴェンティクワットロ

裏通りにあるお店、ヴェンティクワットロ。
こちらも、家族連れでいっぱいで、僕は唯一空いていた二人席へ。
これで満席となり、次に来た方は、お断りされていました。
ギリギリセーフ!

お料理が来るまで、聞こえてくるお隣のご家族の会話を聞きながら、
自分が職業病なんだなあというのを実感。
留学されていた息子さんが、帰って来て、
家族水入らずの久しぶりの食事という感じで、
ちょっとセレブ系のご家族だったのですが、
まあ、話にオチがない、普通の話が延々と続きます。
オチもなく、普通の事を話してるだけなのに、笑っています。
どこが笑うポイントなのか、全くわかりません。
でも、これが普通の幸せな会話なんでしょうねえ。
ラジオのやりすぎで、会話にオチを求める職業病になっていました。
DJにもいつもダメ出しするんですよ、で、どこがオチなの?って。

前菜

さてお料理が運ばれて来ました。
前菜は、4種の盛り合わせ。
左下は、ビシソワーズに見えますが、新玉ねぎのスープ。
これが美味しかったです。

パスタ

そしてパスタは、大山鶏とグリーンアスパラの
アリオオーリオペペロンチーノ、ジェノベーゼソース添え。
こちらは、自家製麺の生パスタなのですが、
平打ちで、生パスタにしては少し固めで、珍しい食感。
ニンニク、唐辛子のペペロンチーノを想像していたのですが、
ちょっと、ジェノベーゼソースのバジル感が強かったです。

デザート

デザートも3種盛り。
これで、1800円。
さらに肉か魚のメインを入れると、2500円に。
ランチですが、ちゃんとコースでイタリアを堪能しました。

■ヴェンティクワットロ (Venti quattro)
■東京都練馬区桜台1-24-10
■営業:
11:00~14:30(L.O.13:30)
17:30~23:00(L.O.22:00)
■定休日:水曜
場所はこのへん

これだけ気合い入れて観たジロ・デ・イタリア、第3ステージ。
応援していたチームで総合3位にいたカンペナールツが、
遅れてトップ10からこぼれる結果に。
ロット、何やってんだよ!

Pocket
LINEで送る

カネコ(虎ノ門)

カネコ

お店を巡っていると、そこでの発見がつながる事がある。
…というのは、一つ前の記事で書きましたが、
このお店との出会いが、ビビって入るのをためらっていた、
目白のお店につながる事になるとは…。

虎ノ門の路地裏にあるKANEKO。
虎ノ門界隈は、早く閉まってしまうお店が多く、
18時前後は、カフェの陸の孤島に。
このお店も17時閉店なので普段なら無理なんですが、
一つ前の収録が早く終わったので、時間つぶしにやってきました。

店内

この付近のサラリーマンやOLさんは、
スタバなどのチェーン店に行くか、虎ノ門ヒルズに行くかで、
雑居ビルの2階にある喫茶店は、スルーされているので
実にのんびりとしたムードです。
喫煙可でハラハラしていたのですが、
サラリーマンは来なくて、定時退勤したであろう、
年齢高めの(余計なお世話だ)OLさんが、のんびりお茶していました。

シンフォニー

頂いたのは、シンフォニー、560円。
シンフォニーとはなんぞや?というと、
上からコーヒーゼリー、ホイップクリーム、コーヒーゼリー、バニラアイス。
コーヒーゼリーに自信があるのか、通常のコーヒーゼリーもあるのですが、
その豪華発展版がシンフォニーです。
チョコレートパフェや、フルーツパフェほど甘くなく、
黒、白、ベージュとモノトーンに近い層で、
あまりインスタ映えもしない、男のためのデザートという感じ。
でも、この甘く無い感じが好きです。

■カネコ (KANEKO)
■東京都港区虎ノ門1-8-4 虎ノ門オーディーエービル 2F
■営業:10:00~17:00
■定休日:日祝
場所はこのへん

虎ノ門

虎ノ門を突っ切る通称マッカーサー道路と呼ばれる環状2号線。
太平洋戦争に勝った米軍GHQが、
アメリカ大使館から竹島桟橋までの道路を計画していると噂され、
この道の計画をマッカーサー道路と呼んで来たのですが、
何の根拠も無く、ただの都市伝説。

東京オリンピックの選手村などが出来る、
豊洲方面への接続路として整備されているのですが、
道路を作るに当たり、この付近にあった雑居ビル等を、軒並み潰しました。
その道の真ん中にあったのが、蔦の絡まる「般若」という喫茶店。
そのお店を師匠とし、親戚筋に当たるのが、
この日訪れたお店、カネコだという事がわかりました。

看板

道路拡張工事で建物を潰された「般若」は、
しかたなく、実家を改装し、新たな喫茶店を作ったのだそうです。
それが、目白にある「般若」。
看板も当時の物を使っています。

般若

自転車で文京区方面に行った帰りは、
自転車乗りの裏道として、よくこの前を通っていたのですが、
「般若」という名前と、その雰囲気にビビって入れずにいました。
だけど、カネコの親戚筋とわかっただけで、急に親近感。
今度入ってみようと思います。

しかもブログでは順不同になっていますが、
MACのphotoアルバムの日付を見ると、
この般若の写真を撮った後に行ったのは、
元あった場所の近くの喫茶店、新橋ヘッケルンでした。
再開発が進む虎ノ門・新橋界隈で、残れたお店と、移転したお店。
それを知らずに、数日の間に両店を目にしているのですね。
そして、その事実が判明したのが、3年後。
人は気づかぬドラマを持っていますね。
こういうのが後で発覚すると面白いですね。

Pocket
LINEで送る