カフェ・ジンク(下北沢)

下北沢

年だなあと思うのは、大盛りの料理が嬉しくなくなった時と、
賑やかな街に、気後れしてしまう時です。
自分が青春を過ごし、慣れ親しんだはずの、下北沢なのに、
改札から溢れてくる人の波に、アウェイを感じてしまっています。

学生時代は、一つ隣の世田谷代田に住んでいて、
当時の彼女が梅ヶ丘に住んでいたので、遊ぶのはいつも下北沢でした。
昔は劇団にも参加していたので、
南口前の「OFF OFFシアター」は本拠地だったし、
公演の打ち上げでは、シモキタの居酒屋で飲み明かしていました。

だけど、江古田に拠点を移してからは、来ることはまれ。
三茶とか駒澤とか、あちら方面に向かう時に、
ミニベロで、茶沢通りを通過するぐらいになっていました。
仕事帰りに、そんな下北沢に何故立ち寄ったかというと、
友人のバンドのライブを見るためです。

ロッカー

キャパ200前後のライブハウスでは、鞄が邪魔になるので、
まずは、南口駅前のセブンイレブンに併設されている
コインロッカーに荷物を預けて身軽になりました。
そして、ライブまで1時間あったので、変わりゆくシモキタを、ぶら散歩。

ジンク

南口をスタートし、変貌を遂げる、北口、西口と、
駅周辺を、徒歩でぶらぶら。
南口は混んでいて気後れしてしまうので、
穴場エリアである西口あたりで食事する事にしました。
そこで見つけたのが、こちらのカフェ「ZINC」
亜鉛という意味ですが、色を表す言葉でもあり、
錆色などを表現する言葉でもあります。
…という話を、店名の由来を聞いてきた女性に、
店員さんが説明していました。

こちらのお店、お一人様の女性客が多く、自分以外全員女性客。
パンケーキとか、そういう可愛らしい系ではないのですが、
自分と同じく、シモキタの喧噪を避けて来たのか、
単にこちら側に住んでいるからなのか、
アラサーぐらいの、一人でご飯を食べている女性を、多く見かけました。

チキンカレー

おすすめを聞いて注文したのが、鶏カレー。1205円。
この時間、唯一の男性客なので「ご飯足りなかったら言ってください」と、
親切に声をかけてくれたのですが、正直、この状態で量が多い。
年というのは恐ろしいです。
まず、チキンがコンビニのサラダチキンぐらい大きく、
ジャガイモ丸々2個に、人参も1本分。
さらに、ご飯も小丼ぐらいの量あります。
もう、見た目で圧倒されてしまっています。

カレーはサラサラのスープ状で、
新宿、紀伊国屋書店地下のモンスナックを思い出させる感じです。
カレーにご飯をくぐらせながら、ゆっくり、ゆっくり頂きました。

■カフェ ジンク (CAFE ZINC)
■東京都世田谷区北沢2-22-13 AXアダチ 1F
■営業:12:00~23:00
■定休日:木曜
場所はこのへん
お店のfacebook

シェルター

ボリュームある飯と戦った後は、未体験な空気感と戦う事になります。
ライブハウスの下北沢シェルター、
この日は友人のバンドURBANフェチと、SKILLKILLSの対バン。
まずは、SKILLKILLSの出番なんだけど、
悪そうなHIP HOP、いわゆる「dope(ドープ)」系なんですが、
おっさんとなった自分の中に、HIP HOP文化というのがありません。
低音で刻むビートに乗せて、まくしたてるRAP。
客まで、だいたい悪そうに見えてきて、ちょいビビる。
箱の後ろの方で、チケットと引き換えた酒をチビリとやりながら、
ノってるフリをして、時をやり過ごしていたのですが、
不思議な事に、次第に刻むビートが心地よくなってきました。

そして、URBANフェチ。
ドラムの女子が知り合いなんですが、こちらは変則的ビートが特徴。
ベースの女子が絶叫したり、トリッキーな所もあるんだけど、
なんかツェッペリンを思わせるようなうねりもあって、
聞いてて癖になってきます。
ベースの女子も、ガンガンにスラップ(チョッパー)かますんですが、
聞いていたら、あれ?ギターも一緒にスラップしてる!
あとで聞いたら、元々ベーシストだったから、
ギターでもスラップしちゃうんだとか。
ライブハウスも、下北沢並に久々だったので、
最初はアウェイを感じていたのですが、最後は、だいぶなじみました。

グッズ

変速ビートにハマってしまい、物販でCDとTシャツをGET!
時には、こういう音に触れるのもいいね。
最初の心配は、どこかに消えていました。

P.S.
RIZEのKenKen、来てたんだあ。

Pocket
LINEで送る

レストラン・オオタニ(大山)

レストラン・オオタニ

このレストランに来てみたかったのには訳がありました。

この時期になると、東日本大震災の、3.11を迎え、
ふるさとである、岩手県宮古市の事を思い出します。
震災で奇跡的に無事だった実家は、
父が亡くなり、母親は弟が住む盛岡へ行ったので、
空家になり、売ってほしいという話が舞い込みました。
そんないきさつで、実家を手放したので、宮古に家はなく、
訪れるとしても、観光でしか行くことがなくなりました。

ただ、この時期になると郷愁というのを覚えます。
そんな時に、思い出すのが、地元のレストランの事。
川からあふれ出す黒い津波映像で有名になった場所の、
すぐ向かいにあったのが、宮古市のレストラン「ほりた」。
七五三とか、入学式とか卒業式とか、
何かめでたい事があった時に、地元の人が行く、
ちょっと高級な洋食レストランです。

津波の被害で、長い間休業していたのですが、
しっかりとした造りだったので、建物自体は残り、
再開にこぎつけたという記事を読み、行きたいなと思っていました。
しかし、簡単には駆けつけられないので、
そんな風に地元の人に愛されるローカルレストランを探し、
疑似体験をしながら、故郷に思いを馳せる事にました。
僕なりの、東日本大震災イベントです。
そして、見つけたのが、板橋の大山にある、レストラン・オオタニです。

1階

昭和42年、カウンター10席でオープンしたオオタニですが、
地元に愛され、地道に努力をしてきた結果、
増築に増築を重ね、2階建て80席の大きなレストランに成長しました。

階段

増築に増築を重ねたので、ちょっとした迷宮状態で、
右下から階段を上ってくるのですが、
正面に行くのは、個室用の階段で、
Uターンをするように手前に上ってこなければなりません。

店内

さらに店内も、これがすべてでは無く、
左奥に増築した部屋があり、そちらには大人数用のテーブルが。
この写真は、お客さんが引けた所の写真ですが、
8人組という大家族がいたり、家族全員がそろって食事するというのが、
ぶるさとのレストラン「ほりた」に似た、雰囲気です。

ポークソテー

いただいたのは、名物メニューの、ポークソテーオオタニ風。
ガーリックソースで焼き上げられたボリュームあるお肉。1550円。
これにライスをつけると、330円。
と、なかなかいいお値段となるのですが、
ファミレスなどの味気ないメニューと違い、これが旨い!
下に敷かれているのは、ガーリックソースで炒められたスパゲティ。
よくナポリタンの付け合わせは見るけど、それとは段違いのうまさです。

サラダ

こちらは、セットになって出てくるキャベツサラダなのですが、
これがまた旨い!
マヨネーズで和えてあるのですが、もちろんマヨネーズは自家製。
市販のものと違い酸味が少なく、
キャベツの甘みを感じられるようアシスト。
最近思うんだけど、付け合わせのサラダって手抜きが多くないですか?
いつの間にか、これぐらでいいだろというレベルが下がっていて
こういう旨い付け合わせに出会うと、
「あー忘れてた、コレだ!」と、ハッっとさせられます。

生しぼり

こちらの名物の一つが、生しぼりジュース。
ほぼスムージー状のイチゴとミルクをシェイクした、
「いちごミルク」は、700円。
ストローを吸ったら、旨すぎて一気飲み干しそうになってしまいました。
700円もするにに。

ふるさとの「ほりた」で子供にとってごちそうだったのが、
クリームソーダで、昭和なド田舎の町の、
子供たちが連れて行ってもらえる場所で、
クリームソーダがあるのは、ちょい高級洋食屋ぐらいしかなく、
食後に飲ませてもらうのが
楽しみでしょうがありませんでした。

飲んでいるもの、食べているものは全然違うのに、
今は、なかなか行くことが出来ない、ふるさとのお店に、
思いを馳せる事が出来ました。
なんか、共通するところがあるんだよなあ、丁寧な仕事をする洋食屋さん。
ランチにしちゃ、トータルで2580円とお高くつきましたが、
鮮明にふるさとの風景、当時の光景を思い出す事が出来たので安いもんです。

昔、祝いの時に連れて行かれるレストランって、
高級風の体裁じゃなく、マジで旨かったんだよな。
思い出バイアスかかっているかもしれませんが。

■レストランオオタニ
■東京都板橋区熊野町47-8
■営業:9:00~24:00
■定休日:無休
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る