バトー(江古田)

バトー

夏の忘れ物シリーズ。
江古田、ゆうゆうロードの焼き菓子店、バトー。

最近、食べ物屋さんを探すときは、
食べログなどではなく、インスタで地名検索します。
たとえば #江古田
それで、美味しそうなメニューを探すというのが定番化。
見た目旨そうな物は、ハズレが少ないです。
しかも、お店の写真ではなく、実食レポの写真だから、
マクドナルドのメニュー詐欺写真みたいな事も無いですし。

という訳で、食べたいなあと思っていたのが、
こちらの、イチゴとラズベリーのフラッペ、430円。

ちなみにフラッペというのは、砕いた氷とシロップを混ぜたもの。
フラペチーノは、フラッペ+カプチーノから来たもので、
スタバによる造語です。

なめらかに作られたフラッペは、
果汁感を感じさせる濃厚さがあります。
最初、店内でサクっと頂こうかと思ったのですが、
人気店なので、次々にお客さんが来るので、
店内にいては邪魔だなと、持ち帰る事にしました。
江古田内ぐらいだったら、解けずに持ち帰る事ができます。

■Bateau(バトー)
■東京都練馬区栄町36-4
■営業:16:00~22:00(売切れ仕舞い)
■定休日:火曜
場所はこのへん
お店のインスタグラム

Pocket
LINEで送る

カフェ・ルドルフ(雑司ヶ谷)

ルドルフ

目白から雑司ヶ谷に向かう途中で、カフェ発見!
え?こんな所にカフェがあったかな?と思ったのですが、
今年の4月にオープンしたお店らしいです。
「ルドルフ」というのは、サンタクロースのソリで、
一番先頭を走っているトナカイの名前。

こちらのお店が、毎日がクリスマスというコンセプトで、
店内には、それをイメージさせるオブジェも。

きな粉ピンス

クリスマスっぽいショートケーキも並んでいたのですが
店頭の看板にあった、かき氷が気になりました。
「きな粉ピンス」900円。

ピンスというのは、韓国のかき氷。
氷の削り方は、日本と違うようで、
食感は独特で、パウダースノーのようにふわっとしています。
これ、どうやって作っているんでしょうね?
氷も溶けにくい感じでした。
次回来たら、クリスマスっぽいメニューでも食べてみましょうか。

■Cafe ルドルフ (カフェ ルドルフ)
■東京都豊島区目白2-2-2 Mejiro222ビル 1F
■営業:10:00~20:00
■定休日:水曜
場所はこのへん
お店のfacebook

Pocket
LINEで送る