カフェ・アート(上野)

平昌オリンピックの女子カーリングの、
おやつタイムが話題となっています。
張り詰めた緊張感が続く中、束の間のほっこりタイム。
バナナやいちごをほおばりながら、作戦の確認。
北海道弁の「そだねー」が、ほんわかしていて、
カーリング女子会などとも呼ばれています。

ところが、17日夜のOAR戦で、
NHKは、おやつタイムをカットし、
フィギュアスケートの羽生選手のインタビューを流しました。
意外や意外、おやつタイムを楽しみにしている人達は多く、
NHKには苦情の嵐。
そこで急遽、YouTubeで、おやつタイムを流す事にしたのです。

なぜ、おやつタイムはこんなにも人気なんでしょうか?
将棋の世界でも、大福や干し柿、チョコレートなどを甘い物を補給し、
脳の活性化を図るというものもあります。
自転車ロードレースでも、途中にエナジーバーを補給したりするのですが、
そんな時は、特に盛りあがらず、
背中のポケットにバナナを刺して、途中で剥いて食べたりすると、
解説の栗村さんあたりが「この選手はバナナが好きなんですよ」と、
増田明美さんばりの補足情報を入れて、盛りあがります。

カーリングも、エナジージェルの人もいるけど、
やっぱり、バナナやいちごの方が、ほっこりしていいですもんね。

カフェ・アート

ところで、女子のおやつタイムは、至福のひとときとされるのに、
おっさんがおやつを食べるのは、変人扱いされるのはどうしてでしょう?
東京都美術館で、ブリューゲル展を観た後に、
美術館内のカフェ・アートで一休みする事に。

いちごパフェ

頂いたのは、いちごパフェ980円。
確かにかわいらしいフォルムではありますが、
おっさんが食べるのは、変わっているのでしょうか?
おっさんとスイーツって、
その間に何かキャラをかぶせないと、いけない雰囲気があり、
新日本プロレスの真壁刀義さんみたいに、
鎖を首に巻いて、ワイルドに「うぉおおおおおお」ってやった後に、
スイーツ食べるみたいな、
キャラでギャップを作らないと許されないみたいな雰囲気があります。

そんな事は誰も言っていないのですが、被害妄想です。
なんか自分の心の中で言い訳しないと、食べられない気がするのです。
渋谷のセンター街を歩く時に
「はい、遊びに来たんじゃありません、仕事で仕方なく通っています」
と、心の中で言い訳をすると言ったら、
結構、多くの人に共感してもらったのですが、
このスイーツを食べる時の、心の言い訳は共感してもらえるでしょうか?

今、いちごって旬の季節じゃないですか!
1年で一番美味しい時期ですよ!
おっさんだって、いちごパフェ食べたいんですよ!

そだねー!
って、誰か言って!

■cafe Art(カフェ アート 
■東京都台東区上野公園8-36 東京都美術館内
■営業
11:00~17:30
11:00~20:00(金曜日)
■定休日:
毎月第1、第3月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る

ばらーど(中野)

「そういえば、私、トリプルアクセルを跳んだ長洲未来ちゃんと
 幼なじみなんです」
ええええーーーーーーーーー!
スタジオ中がひっくり返りました。
声優の山寺宏一さんと共にDJを務める、岡田ロビン翔子の一言に。

うちの番組で、平昌オリンピックの結果を入れたり、
TV観戦した興奮を伝えている時に、
彼女から、そんな言葉がポロリと飛び出したのです。

ウソだろ!
ホントです!写真ありますよ!
…と出して来たのが、こちらの写真。

ロスの幼稚園に通っている頃の写真です。
確かに、幼き頃の長洲未来ちゃんが、ロビンと一緒に写っていました。

彼女は、時々こういう大ネタを番組に投下してきます。
アイドルの間で密かに流行っていた「デートなう」の写真を、
大物声優である山寺さんが、あえてやったらBUZZる!と提案し、
その言葉通り、36万いいね!で、大ブームを巻き起こしました。

アイドルなのにスタバよりも、喫茶店めぐりが好きという彼女は、
東銀座の喫茶YOUでオムライスを食べ、
吉祥寺のくぐつ草で、カレーを食べ、
神保超のラドリオでウインナコーヒーを飲み、
神田のヘッケルンでプリンを食べるという、
ハーフという見た目なのに、意外と渋い趣味をしています。

なので、休憩時間などには喫茶談義に花を咲かせています。

看板

最近、僕が彼女にお勧めしたのが、中野にある「ばらーど」という喫茶店。
駅から中野サンプラザを越えて早稲田通りに入り、
高円寺方面に10分以上歩いた所にあるお店。
と言っても、目印はコレだけなので、見落としてしまいがちで、
知る人ぞ知るお店となっています。

通路

路地を覗き込んでも、お店らしきものの姿は見えません。
アイドルにお勧めするお店かあ?
その理由は、もう少しお待ちを。

ばらーど

路地の突き当たりに来ても、あるのは普通の家。
でも、良くみると玄関脇に「ばらーど」という木の看板がありました。
どうやら、この家が、お店のようです。

店内

彼女にこのお店をオススメしたかった理由の一つは、
普通の家に潜入するような、ドキドキ感が味わえる所。
彼女はアイドルでもありますが、ラジオのDJでもあります。
ラジオでは、「スタバで新作飲んだよ」じゃ、話にならず、
こういう所に入ったエピソードが、フリートークのネタになるのです。

「喫茶店と聞いて行ったのですが、どうみても普通の家なんです」
「恐る恐る扉を開けてみたけど、やっぱり普通の家」
「泥棒に間違えられたらどうしようと思いつつ、
 思い切って入ってみたんです」
「そしたら、普通のリビングの奥から『いらっしゃい』と声がしたんです。」
「やっぱお店だったのかと、ホッとしました」

こういう話をしつつ

「みなさんは、勇気を振り絞って入ってみた場所とかないですか?」
「初めての、回らないお寿司屋さんとか」
「カジュアルなファッションだと、
 ハイブランドのお店とか場違い感がハンパないですよね。」
「さあ、どんな、勇気を振り絞って入ってみた体験がありますか?
 みなさんからのメール待ってます」

ラジオのフリートークやテーマ設定って、
こうした自分のドキドキ、アクシデント、失敗など、
体験談を元に膨らませていく事が多いので、
ラジオDJである彼女に、このお店をオススメした訳です。

モーニング

「ばらーど」は、以前は神田、上野、京橋とわたり
トータルで50年の歴史をもつ老舗なのですが、
最後に中野に移転し、自宅を改装して、お店にしました。

喫茶店マニアでもある、彼女にお勧めしたい理由は、もう一つ。
彼女のお姉さんは、かなりのパンマニアです。
江古田のパーラーまでパンを買いに来たり、
吉祥寺で彼女達のグループのライブがあった時には、
下井草の「カリーナ」のサンドイッチを差し入れしたり。

だから、お姉さんに「ペリカンのパン知ってる?」って聞いてみな。
…と言いました。
ここは、浅草の「ペリカン」のパンを使っているお店。
行列が出来、予約必須のペリカンのパンを、
奥様が、毎朝買いに出かけるのだそうです。

タマゴトーストのモーニングは、コレ全部で500円。

注文を受けるとすぐに玉子を割ってかき混ぜはじめ、
その場で焼いた卵焼きを挟むので、中身が熱々。
外がカリっとして、中身ふんわりのトーストとの相性がばっちり。
ワンコインランチというと、
お小遣い制限された旦那の悲哀みたいな響きですが、
こちらのワンコインは、幸せの国へと導いてくれるメダルとなります。

さあ、500円玉を握りしめて、夢の国へ。
ただし、午前中のシンデレラみたいなもので、
ワンコインの夢の時間「モーニング:は、午前11:30分までです。

■喫茶「ばらーど」
■東京都中野区野方1-44-1
■営業:9:00~18:00
■定休日:不定休
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る