Mr.FARMER 東京ミッドタウン日比谷(有楽町)

ミッドタウン日比谷

番組の来年の準備の為に必要な物を買いに銀座に。そのついでに、まだ足を運んでいなかったミッドタウン日比谷へやってきました。クリスマス当日で、イルミネーションを楽しんでいる大勢の人がいました。

自分の住んでいる街では、クリスマスに浮かれているムードはあまり感じられなかったのですが、やはり、こういう所に来ると浮かれモードはありますね。

イルミネーション

宝塚劇場に向かう通りは、車の通行が禁止されて、歩行者達の為のエリアになっていました。今後、車を閉め出す街作りというのが色々計画されていて、池袋の東口も西口も、車進入禁止にする計画もあります。

千代田区とか港区を訪れる人はわかると思うのですが、ビジネスマンも赤いシェアバイク(自転車)を使っている人が増え、一人で営業車に乗って外回りというようなスタイルは減りつつあるのです。これ、山手線の内側と、外側の実感は、全く違うと思いますが。

以前、番組に出てくれた山梨出身のギャルが、「流行はチャリの速度で山梨までやってくる」という名言を言い放った事があります。TVで全国放送しようとも、流行を実感するのは、ほぼ隣りの県でもかなり遅いと。

シェアバイクが定着するのは、東京オリンピックの時ですかね?ロンドンオリンピックの時も、渋滞解消の為に都心部への車の進入は制限され、そこでシェアバイクが利用され、定着したというのがあります。東京は地下鉄網が張り巡らされていますが、ちょっとした移動は地下鉄より自転車の方が速い事が、そのぐらいにわかって頂けるといいなと思っています。

と書いている中、小田急が、電車と、シェアカーと、シェアバイクでの乗り継ぎサービスを、箱根エリアと新百合ヶ丘・町田地域で実証するというニュースが。西武戦沿いでも川越でシェアバイクを強化。観光地からのジェアバイクの定着というのもありそうですね。

地下

さて、ミッドタウン日比谷を見て回ったのですが、何だかピンと来ませんでした。ファッションなどのお店と、飲食のお店などが混在していて、それが狙いなのですが、人が迷い込む回遊する効果より、それぞれの魅力がボヤけてみえるような気がしました。

飲食もそうで、「飲み」をメインとした夜型のお店が多いので、ちょっとお腹がすいたので、さくっとという感じのお店がありません。

飲食の中でも地下にあるHIBIYA FOOD HALLは割とカジュアルなお店が集まり、オシャレなフードコートという感じです。時間帯にもよるのかもしれませんが、この時間は、オイスターバーとか、肉バルでワインを飲む方が多く、そんな中でもカジュアル目のMr.FARMERに入りました。

野菜をメインにして業績を伸ばした「AWkitchen」や「やさい家めい」などを参加に持つ、「eatwalk」が運営。「畑の伝道師」と言われる渡邉明さんがトップに立つお店ですが、奥さんは元シェイプアップガールズの中島史恵さん。「AWkitchen」は、イタリアンがベースですが、野菜がウリのお店でバーニャカウダーを流行らせた勢力の一つでもあります。「AWkitchen」系はよく行くので、ここなら大丈夫だろうとIN。

こちらのMr.FARMERは、野菜をメインにてビーガンなどのメニューも押し出していますが、肉とのバランスを取ったメニューもあり、臨機応変。

水は野菜や果物を取り入れた物で、「美肌」「免疫」「ストレスフリー」など、効能がうたわれています。インフルエンザの時期なので「免疫」を選んでみました。

頂いたのは、ビーガンのアボカド&照り焼きソース、1825円。大豆ミートを使ったパティがウリのもの。それとジンジャエール637円。大豆ミートって豆腐ハンバーグとかよくありますが、それよりも肉に近い感じで、たぶん照り焼きというのが上手くマッチしているのでしょうね。「AWkitchen」系だから、野菜も旨い。なかなかいいお値段ですが、それでもミッドタウン日比谷の中ではカジュアルな価格設定です。

味がいいだけにちょっと悲しかったのが、店内のオペレーション。この系列のお店はサービスも徹底しているのですが、このお店はもろもろちょっと残念だった所がありました。

いつもは、あまりこういう事は書かないので、読みたくない人はここで離脱してください。

ハンバーガー好きなら、写真を見て頂ければわかると思うのですが、バーガー袋に入ってきていません。マックに慣れている人はピンと来ないかもしれませんが、モスバーガーとかのようなソースが落ちても大丈夫な袋スタイルの包装の事です。ボリュームのあるグルメバーガーのお店なら、ほぼ100%用意されているものです。メニューの写真もバーガー袋に入っていましたし、あれ?と思い、これでは食べにくいので「バーガー袋を頂けますか?」というと、「それがバーガー袋の代わりです」と、ハンバーガーの下にある紙を指さしたのです。

隣りの席の女性も、「これ、どうやって食べるの?」と困惑していたので、僕の「バーガー袋ください」に乗ろうとしたのですが、フロアを仕切っている男性は「それが、バーガー袋の代わりです」の一点張り。仕方がないので、紙ナプキンを使って挟んで食べようとしてみたりしましたが、厚みがあるので具がこぼれたりして上手くいかず、結局ハンバーガーを分解して食べる事に。

このお店はそういうスタイルなのかなあ?と帰りの電車の中でインスタを見てみると、他の日のハンバーガーは、全部バーガー袋に入ってんじゃん!しかも系列店も!明らかにミスだろコレ!注文の際に「バーガー袋を切らしてまして」とか言えばいいのに、このスタイルに変わりましたとその場しのぎでごまかしたのが後でわかり、2018年の最後の最後に、イラっとさせられました。残念。

個人店ならこういう事は書きませんが、、「eatwalk」系列はかなり大きな会社なので、少し苦言を呈させて頂きました。

■Mr.FARMER 東京ミッドタウン日比谷 (ミスターファーマー)
■東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 B1F HIBIYA FOOD HALL
■営業:11:00~23:00(LO22:00)
■定休日:東京ミッドタウン日比谷に準ずる
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る

マドラグ(神楽坂)

神楽坂

この日は歩くと決めていました。飯田橋をスタート地点として神楽坂に行ってから靖国神社方面、そして武道館へ。ウォーキングDAYです。

まずは神楽坂。日曜だったので日本人が多かったですが、平日は外国人率がぐっとアップします。英語で外国人用のメニューが張り出されているお店もあったりして。

歩いているうちにパラっと雨が降ってきたのですが、傘を差すほどでもないだろうと思ったら、意外と強めの雨に。ドラッグストアに安い折りたたみ傘があったので手に取り、外国人観光客の多い街だからQRコード決済あるかな?とレジを覗いたら無くて、Suicaでお支払い。

銀座のショップに勤めている知人によると、銀座は中国人観光客が多いので、QRコード決済が出来ないと商売にならないそうです。中国では現金を使わず、ほとんどがQRコード決済だからで、使えないとわかると他のお店に行ってしまうというのだとか。

Pay PayのMAPを開いてこの辺の使えるお店を確認てみたら、BARなどの飲み屋さんばかりでした。Pay Payは、中国の「Alipay」と提携しているので、中国人観光客対策になるのですが、雑貨とかテイクアウトのお店とか、その辺は、まだまだですね。

ラカグ

さて神楽坂を登り切った所にある「la kagu」へ。こちらは2014年に新潮社の倉庫をリノベーションして作られた「衣食住+知」のライフスタイルストアで、アパレルを中心に日用雑貨や家具を扱い、その1階にマドラグというカフェが入っています。

ところが、2019年の1月一杯で「la kagu」は閉店し、「AKOMEYA TOKYO in la kagu」へ業態変更する事になりました。米に焦点を当て、和の雑貨を扱うライススタイルショップです。

やはりこの神楽坂も、2014年ぐらいから4年もたつと客層にも変化が見られ、インバウンドやミドルシニア層が増え、神楽坂らしい和のテイストを求める人達が増えた事が、業態変更の理由だそうです。

こうして街を歩いてみて実感するインバウンドの影響。この後、靖国神社に行ってみるのも、最近ニュースになる外国人訪問者の様子などを、実際に目で見てみたいなと思ったからです。

メニュー

さて、「la kagu」に来た、最大の目的は1階のカフェ「マドラグ」です。和のコンセプトに業態変更する影響を受けて、1月一杯で閉店してしまう事になったからです。マドラグは京都のお店で、惜しまれつつ閉店してしまった京都の「レストラン コロナ」のたまごサンドを継承したお店です。京都の本店に行けば、今後もたまごサンドを食べられますが、東京で食べられるのは、あと一ヶ月ちょっととなってしまいました。

プアハウスの閉店ショックから立ち直れない江古田民達は、閉店情報に敏感で、集まれば「あそこ閉まるらしいよ」という情報交換。江古田ではないものの、東京から撤退してしまうと聞けば、行っておかねばと足を伸ばした訳です。

席についたら、可愛いイラストのメニューを渡され、それで決めたらレジに行って注文。番号札を受け取って席で待つスタイルです。

卵サンド

コロナの玉子サンドは、FULLは4切れで850円。Halfは、2切れで650円。4つ食べられる自信は無かったのですが、食べきれない分はテイクアウトにしてくれるというので、FULLをオーダー。インスタの写真をみたら、圧倒的に4切れの方が写真映えするんですよ。カフェラテは、ショートで500円。

お隣のテーブルで食べていたプリンアラモードも美味しそうだったんだけど、さすがにこれ以上は無理だわ。

「コロナ」の「玉子サンド」のファンだった「喫茶マドラグ」のご主人が、コロナのご主人に作り方を教わり、直々に「コロナの玉子サンドを名乗ってよし」とお墨付きを頂いた一品です。

実際には、コロナのファンだったお客さんたちが食べに来て、「もっとこうだった」と思い出補正でダメ出しをするので、思い出補正に耐えられる進化版としてアレンジされているそうです。よく老舗の2代目も常連に同じような事を言われ「親父を越える新たな味」を作り出さないとダメと言われますが、そんな感じなんでしょうね。

ふわふわした厚焼きの玉子を挟む食パン。持つところを考えないと、バランスを崩して卵焼きがポロンと出て来てしまいますが、食パンの内側に塗られたマスタードなどが味を引き締め、甘いだけじゃない絶妙の玉子サンドに仕上がっています。

この味が東京で食べられるのは、1月いっぱい。滑り込みセーフ。気になっていた方は、お早めに。

■マドラグ (LA MADRAGUE)
■東京都新宿区矢来町67 ラ カグ 1F
■営業:11:00~20:30(L.O.20:00)
■定休日:不定休
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る