ティティカフェ(豊島園)

豊島園

大雪の日、どうしても観たい映画があったので、豊島園に。
さすがに電車です。
その電車も、間引き運転していました。
さらに「としまえん」は、大雪の為に閉園してました。

喫茶店

映画の前に腹ごしらえ。
行こうと思っていた喫茶店もお休みしていました。
たぶん、雪のせいですね。

ティティカフェ

という訳で、その先のティティカフェへ。
店内の明かりが目に入った時には、ちょっとホッとしましたよ。
やってなかったら、あとどこに行こうかと思っていたので。

店内

いつもは満席の人気カフェですが、さすがにこの日は、人もまばら。

ランチ

チョイスしたのは本日のランチ、1200円。
この日は、サーモンのソテー。
サラダとパン、スープは食べ放題。
雪の日は、こういうクリームソースが似合いますね。
最後はパンでソースを拭き取るように食べて、完食。

■ティティ カフェ(titi cafe)
■東京都練馬区練馬4-19-7 メッセ豊島園2号館2F
■営業:
8:30~20:00
11:30〜14:00(ランチ)
■定休日:木曜日
場所はこのへん
お店のサイト

ユナイテッドシネマ

さて、映画。
みんなが大雪で外出を控える中、
どうしてもみたくてしょうがない映画がありました。

最近、有吉反省会や1分間の深イイ話で話題を呼んだ、
色黒ナレーターの伊津野亮さん。
一緒にラジオの番組をやっているのですが、
その番組で今季のF1展望をやった時に、話しに出てきたのが、
F1を描いた『映画ラッシュ/プライドと友情』
車好きの伊津野さんに、熱くお勧めされた作品です。

今週の番組で、リスナーからの感想を募集しようかな…とか思って、
週末に観ておく事に。
その前に話聞いたら、観たい欲求が抑えられなかったのです。

金曜日の仕事帰りに金券ショップ覗いたら、
前売りが1200円で売られていました。
通常1800円だから600円のお得!やったー!

F1史上もっとも印象的なライバルと称される
ニキ・ラウダとジェームズ・ハント。
完璧主義の頭脳派、ラウダ。
自由奔放なカリスマ、ハント。
相反する二人の男が、火花を散らし頂点を争います。
実話を元にした映画です。

1976年のシーズンがメインのお話しですが、
この世代でなくても、
音速の貴公子、アイルトン・セナと、
冷静沈着なプロフェッサー、アラン・プロス。
このセナ・プロ対決を知っている人なら、脳内変換出来ます。

6輪タイレルも出てくるし、
プライベートのシーンでは、当時の車が。
最終戦は、富士スピードウェイなんだけど、
駐車場には、ダルマセリカが駐まってたり。

もう、車好きには、たまらん映画です。

印象的だったのは、映画内の
「幸せは自分を弱くする」という台詞。

守るべきものが出来ると、無理が出来なくなるというニュアンス。
普通なら、守るべき物が出来て、強くなると言いますが、
それは、妻や子供を守るという意味での強さ。

この映画での「幸せは自分を弱くする」は、
守るべき妻や子供の顔がチラつくと、
ギリギリの所で今までのような無理が出来なくなるという意味。

うちの番組でF1の解説をしていただく為に、
現役のGTレーサーにお越し頂いたのですが、
やはり、子供が生まれると遅くなるレーサーもいるんだそうです。
守る物が出来ると、ギリギリの無茶、もうひと踏みができなくなるのだとか。

「飛べない豚はただの豚」って有名なコピーあるけど
踏めないドライバーはタダの豚だって感じで、
無茶をして暴れまくるハント。
それとは逆に、結婚や大事故を経験し、慎重になるラウダ。

最初は、ラウダに肩入れしてみていたけど、
最後にはハントも好きになります。

最後の大舞台は、日本、富士スピードウェイだぜ!
もう、見るしか!

F1の爆音あってこその映画。
ぜひ、映画館で見る事をオススメします。

手に汗握る戦い。
気がついたら、秋元康さんみたいに両脇かかえて腕組みして観てました。
大雪だけどさ、熱くなれたよ。

Pocket
LINEで送る

スターバックス・コーヒー 豊島園駅前店

としまえん

映画「エンダーのゲーム」を観る為に、としまえんに。
この時期はイルミネーションのショーをやってるらしく、
暗くなってから入っていくお客さんも、チラホラ。

スターバックス

ちょっと早めについたので、珍しくスターバックスへ。
全国でスタバがない県は鳥取県だけらしいですが、
23区でもスタバがない区というのがあって、
江戸川区と荒川区には、現時点でスタバのスの字も無いそうです。

スタバによると、需要に合わせて出店しているとの事。

練馬区には、かろうじてこの豊島園と大泉学園の2店舗があるのですが、
我が江古田には、3大学もあるのにありません。
この「需要に合わせて」というのもあるのかもしれません。

マクドナルドが現在立替中で営業していないのですが、
その難民は、同じ駅前のターリーズじゃなく、
ミスタードーナッツへ押し寄せているそうです。
江古田はそっち系の価格帯を求める人が多いんでしょうね。

カプチーノ

さて、スタバで注文したら、
ただ今満席なので、持ち帰りしか出来ませんと言われました。
確かに見まわしたら満席。
どんな需要があるのかと見渡したら、ノート広げて何かの勉強が半分。
macbook airで何か仕事らしい事している人が4分の1。
普通に談笑している人が4分の1という感じ。

寒さで表のテラス席は空いていたので、そこで飲む事に。
まあ、映画までの間、さくっと飲む感じだったので。

■スターバックス・コーヒー 豊島園駅前店
■東京都練馬区練馬4-18-8 ティーズガーデン
■営業:
7:00~22:00
7:00~22:30(金土)
■定休日:無休
地図を表示
オフィシャルサイト

ユナイテッドシネマ

さて、上映時間が来たので、ユナイテッドシネマへ。

エンダーのゲーム

今回見るのは、エヴァンゲリオンの元ネタとも言われている
「エンダーのゲーム」
1977年に刊行され、SF界のネビュラ賞、ヒューゴ賞の2冠を獲得した
SF小説なのですが、庵野監督も、この小説を読んだと発言しています。
原作は、様々なジャパンアニメーションに影響を与えていると言われていますが、
映画化されるのは、今回が初めてです。

あらすじ…
昆虫型生命体、フォーミックとの宇宙戦争を続けている人類。
その第2次侵攻に備えるべく、世界中から優れた少年兵士たちが
防衛軍ベースキャンプのバトルスクールへと集められる。
そんな中、特殊な能力を秘めている少年エンダーは、
様々な葛藤と戦いながら戦士の才覚を発揮し成長していく。
しかし、その結果…。

というようなもの。
もう、これだけでエヴァを想像する事が出来ますよね。

ここからは、ネタバレにご注意。
ストーリーやオチは書きませんが、
全体の雰囲気にまつわるレビューはあります。

続きを読む スターバックス・コーヒー 豊島園駅前店

Pocket
LINEで送る