カクタスカフェ(東長崎)

カクタスカフェ

東長崎と江古田の中間に新しいカフェが出来ていました。
千早高校がある千川駅へと向かう道。その東長崎寄りです。
場所は、カフェストークの近く

店内

お店はカフェというよりも、洋食屋さんという雰囲気。
でも店内には、フェンダーのテレキャスターや、
ダブルネックのギターなども飾られていました。

音楽関係の人がやっているのかな?と思ったら、
KACTUSというバンドのメンバーがオーナーらしいです。
柳ジョージ、杉山清貴、コブクロ、19などのサポートメンバーで作ったバンド。

写真

写真に写るKactus Kafeというのが、こちらのモデルらしい。

Kactusというのはサボテンという意味だけど、
そのサボテンが想像させるように、この辺はカフェ砂漠というか荒野。
カフェどころか飲食店も少ない地帯。

なので、この付近にあるお店は、
お昼時には近所の会社員がおしよせて一気に満席となるのですが、
かつてフレンチっぽいお店に入った時、
いっせいにタバコを吸うので、
喫煙所で飯を食べているような気分になり、かなり残念でした。

なので、今回も、団体で入ってきた時にビクリとしましたが、
喫煙所は外で、分煙されていたので一安心。

しょうが焼き

僕がチョイスしたのは、この日のランチ、ポークジンジャー。650円。
このお値段でガッツリ食べられるのが、嬉しいですね。

■Kactus Kafe
■東京都豊島区長崎5-19-10
■営業:7:30〜16:00
■定休日:日曜
場所はこのへん
お店のサイト

歩道橋

このお店のある通りは、中野通りの延長線上にありますが、
歩道橋の文字を見たら「千川通り」と書かれています。
千川通りは、東長崎のジョナサンの所で終わるんじゃなく、
こっちに直角に折れて来るのか…。

そうだ、元々千川上水にフタをして、暗渠化したのが千川通りだもんな。
…という事は、この下に千川上水が流れているのか?
ここも暗渠なんだ。

という訳で、千川上水のなごりを探してみる事にしました。

千早高校

千早高校の前に、キャッチボール場があるのだけど、
突如として道の脇に出来るこのスペースが怪しい。

千川親水公園

という訳でそちらに進んでみると、やはりありました!
千川親水公園です。

こういう暗渠めぐりって、
水の気配を探して歩き、そしてヒントを見つける。
そしてまた先へ進む。
ドラクエとかのロールプレイングゲームみたいな感じで、
なんだか面白いんですよね。

公園

親水公園の水は、震災以降節電の為止められています。
なので、ここも砂漠化状態。
千川の水の気配がどんどん消されています。

看板

公園の一角には、千川上水の説明がかかれた看板があり、
その下には、どなたが撮った、かつてここが川だった時の写真が貼られていました。

交差点

要町通りと、この千川通りがぶつかる要町三丁目の交差点。
そう、あの豪華モーニングの喫茶店「ひじり湖」がある角です。
そのビルと、ファミレスの間の細い路地が、千川上水のルート。
ここに出てきます。

千川駅

そして千川駅。
ここで千川通りと、千川駅が同じ「千川上水」由来である事がつなりました。
なんかすっきり。

路地

さらに、要町三丁目の交差点を渡って、大山方面へ。
ふたたび水の気配を探すと、通りの裏手が細い道になっていて、
空いているスペースが駐輪場になっていました。
この幅の細い家の裏の道が怪しいな。

並木

そのまま進むと、板橋高校と、旧千川小学校の間の並木道へ。
ここはなんだか江古田付近の千川通りの雰囲気ににています。
たぶん、ここだな。

交通公園

そのまままっすぐ行くと、「板橋交通公園」の案内が。
へー、こんな公園あったんだあ。

公園

公園内が教習所のようになっていて、
きっと子供達に交通ルールを教えるのに使うんでしょうね。

都電

都電などもありました。

看板

その公園の一角に千川上水の案内が書かれた看板が。
よし!オレの推理したルートあってるぞ!
また一つ、チェックポイントをクリアした!
♪チャチャチャ〜チャーチャン
『チャリカフェのレベルが1あがった』

合流

そのまままっすぐ進むと水道タンクの通りと合流。
これは合流後に撮った写真。
左が僕が走ってきた道。
右が水道タンクへと向かう道です。

思いつきで始めた千川上水の足跡をたどる暗渠サイクリング。
まだまだ長そうなので、一旦ここで終了し、
後で、じっくりたどってみる事にしました。

水道タンク

帰りは水道タンク側の道を。
ここって厳重にバリケードのようなフェンスが張り巡らされているので、
立ち入り禁止的イメージだったのですが…。

入り口

その脇に、大谷口公園の門が。
え?ここ行けるんだ。

タンク裏

裏に回るとこんな感じ。
あの一段高くなっている所が公園のようです。

公園

上にあがるとこんな感じ。
あまり知られていない穴場らしく、
この写真の左側の写っていない部分にあるベンチで、
制服を着た高校生カップルがキスをしていました。

僕があがって行ったとたんに、パっと離れた。
ゴメン、水さしちゃって…。

覗くつもりで来た訳じゃないんだよ。
ただ、水の気配さがしてここにたどり着いただけなんだ。

すぐに帰るので、続きをどうぞ。

さて、この記事を書くにあたり、
千川通りの事を調べていたら、なんかこんな歌をみつけた。

LUNKHEAD「千川通りは夕風だった」

日も暮れかけて 自転車に乗って独りきり
当てもないままぶらぶらするのも悪くないな
たまにはこんな日でも悪くないな

夕風に街の色はそっと夜に染まっていく
僕はなんだか寂しくなってまた自転車のスピートを上げる

時々僕はとてもくだらない事で悩んで、
一人ぼっちでどうしていいかわからずに途方にくれる
たまにはそんな日でも悪くないな

街灯がともった公園でブランコ泣いている
僕はなんだか寂しくなってまた自転車のスピートを上げる

夕風に街の色はそっと夜に染まっていく
ひとりきり僕の心をセンチメンタルに連れて行く
千川通りは家路を急ぐ人で溢れている
僕はなんだか寂しくなってまた自転車のスピードをあげる

この記事の雰囲気のぴったりの歌詞だね。

Pocket
LINEで送る

カフェ・プリヤートナ(東長崎)

東長崎

商店街を歩く時、遺跡発掘みたいな気分になる事があります。

東長崎も駅前から伸びる通りは割と商店街も賑やかなのですが、
脇道に入ると、やはりお店をやめてしまった所が多く、
かつては、ずらりとお店が並んでいたのでしょうけど、
今では、ポツン、ポツンと、点在する感じに。

空き店舗

そんなシャッター化された空き店舗らしき物件を見ながら、
かつては、どんなお店だったのか想像するクセがあります。
柱の穴とか、土台の石とかを観ながら、
どんな建物だったのか想像していくあの感じ。

このようにひさしが残っている場合は、衣料系の事が多いです。
肌着の他、履き物とか、ワゴンセールの商品を置けるような感じで、
現存するお店でも、こんな感じになっている所が多いですしね。

引き戸で、中がある程度観えるようなガラス戸だと、
食料品店だった可能性が高いです。
そこから見えるフロアが狭いと、
生鮮食品というより、乾物だったり、味噌だったり、麺だったり、
加工食品というケースも多いですね。

いわゆるドア系で間口が狭いと、スナックだったり飲み屋さんだったり。

そんな風に、かつて賑やかだった頃の街を想像しながら散歩するのも
楽しいものです。

洋服屋

その他、ショーウインドウから見える商品を見ながら、
どんな客層か想像したりするのも楽しい。
だいたい洋服の色合いで、お客さんの年齢層ってわかりますよね。

古着屋

こちらは、置いてある自転車から、いろいろ想像しました。
左手に置いてある自転車は、ビーチクルーザーと呼ばれる種類。
アメリカの西海岸のサーファーが、改造して乗ったりしてるヤツだから、
こちらのファッションは、サーフ系か、
西海岸系のアメカジの古着とか。

プリヤートナ

そんな感じで、想像しながら自転車を走らせていたのですが、
あまり想像しにくいお店と出会いました。
オシャレな新店カフェらしいけど、まず「プリヤートナ」って何語?

カタカナだけみるとイタリア語っぽい雰囲気もあるけど、
イタリアとかフランスとかだと、
もう少し、国旗の色にちなんだものを、お店の前に置いてある事が多いんですよね。

お店の前にあったメニューを覗いてみると、
「カフェ プリヤートナ」とは、
ロシア語で「心地よいカフェ」という意味という事が書かれていました。

ロシア!意外ですね。

店内

ロシアっていうと、安易にマトリョーシカみたいなのとか
赤の広場のワシリー寺院みたいな
ピンクがかった民芸品チックな色合いを想像しちゃうけど、
お店はスッキリとシンプル。

お店には、フィギュアスケートの選手の絵が飾られているのですが、
2002年、ソルトレークシティオリンピックの男子シングル金メダリスト
ロシアのアレクセイ・ヤグディンだそうです。

どうやら、彼のファンになってから、ロシアにも興味をもった様子。
さすがに、そこまでは想像出来なかった。

ケーキセット

そういういきさつを知らずに、普通に、ケーキセットを楽しました。
ベイクドチーズケーキと、アイスコーヒーのセットで、750円。

後でメニューをゆっくり見たら、ロシアンティーもあるよ。
ブレンドティーにバラジャムが添えられて、ポットで頂けるそうな。
それも良かったな!

■カフェ・プリヤートナ
■東京都豊島区南長崎5-20-10 五郎窪 TS ハイツ 1F
■営業:12:00〜21:00
■定休日:火曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る