シュルプリース(小竹向原)

シュルプリース

副都心線の開通で便利になった小竹向原周辺だけど、
単純な話、お茶をしようとしても、出来る場所がなかなか見つかりません。
カフェというとサイマーケットとか、駅の出口付近のアカシアぐらい。
意外と「お店で待ってて」というような待ち合わせなどに困る駅なのです。

そんな中で割と最近出来たのがケーキ屋さんに併設されたカフェ「シュルプリース」。

元々はドラッグストアだった場所だという事は、説明しなくてもおわかりでしょう。

あと関係ないけどドラッグストアで売ってないドラッグで逮捕されたイケメン俳優が、
保釈された後、マスコミとカーチェイスしたあげく
逃げ込んで姿をくらましたのがこの駅です。

こちらのお店は、住宅街の割りにオープンテラスなども併設されていて、
ドラマの撮影などにも使われた事があるそうです。

店内

入ってすぐの正面がケーキショップ。
その左手がカフェスペースになっていて、
ここで選んだケーキを奥でも頂けるようになっています。

店内

お店の中央には何故かグランドピアノ。
たまにはコンサートでも開かれる事があるんでしょうか?
一応分煙になっていて、一番奥の方が喫煙席でした。

レアチーズケーキ

頂いたのは、レアチーズケーキ420円と、ダージリン500円。

ケーキを頂くときは、最近は砂糖を使わなくなりました。
口の中の甘さを紅茶で流してちょうどいい感じ。
最近は、すっかりこのパターンです。

お客さんはご近所の主婦と思える方々が多かったです。
主婦の方々の場合もガールズトークっていうのでしょうか?
ともかく「ちょっと聞いてよ!」というフレーズが
ヘビーローテーションで飛び交っていました。

お隣では、一方の方が「そろそろ…」的な雰囲気を醸しだし、
「今日、夕食の準備でアレ買わなきゃ」とか、
「今日、息子の塾が無くて」とか、
この後、予定がある事を暗にほのめかし、コートも隣の席から膝の上に乗せて
タイミングあれば着ようかという感じでいるのですが
も1人の方が「あそうなの。でさあ」とまた自分の事を話し出し、
いっこうに終わる気配がありませんでした。

すると帰りたそうな主婦の方は、一旦トイレに行く事にして話を切ったのですが、
残されたもう一方は、鞄から手帳を取り出して、
「後、あれとあれがあったわね」と、なにやら話題を確認しています。

友人がトイレから帰ってきて、また話を続けようとした主婦に対して、
トイレから帰ってきた方は「あ!メール来てる」と確認し、
「息子が帰ってきたみたいなの。ゴメンね」と帰りを切り出しました。

「あそうなの。それにしても話はつきないわねー。泊まりじゃないと終わらないわ」
と、話し好きの主婦。

「話がつきないって、あんたが一方的にしゃべってただけやん」と、
お友達の代わりに、心の中でツッコミを入れて置きました。

こうして、幕を閉じた「お茶の時間終了の攻防戦」。
この後、伝票をつかんでの「私が払うわ」「いえいえ私が」攻防戦で、
第二ラウンドが始まるのかとおもいきや、そこはきっちり割り勘なんですね。
密かに楽しんでいただけに、ちょっと残念が気がしました。
まあ、そんなもんですよね。

■シュルプリース
■東京都板橋区向原3-10-6
■営業:10:00〜21:00
■定休日:不定休
場所はこのへん

Pocket
LINEで送る

サイマーケット(小竹向原)

サイマーケット

自転車で23区のカフェ制覇の旅。今回は板橋区のカフェへ。

江古田は、練馬区の東の端っこにあり、豊島区、中野区、そして板橋区と隣接しています。
有楽町線、副都心線の小竹向原駅は、その板橋区との境界線にあります。
銀座や渋谷に1本で行けるので、江古田からこちらの駅まで歩いて、利用している人も。
という訳で、江古田からでも、ママチャリでもすぐ行ける板橋区、
小竹向原駅付近にあるカフェ、サイマーケットに行ってきました。

ちなみにお店の前は駐輪禁止で、向かいにある坂の途中に専用の駐輪場があります。

ランチメニュー

ランチメニューを覗いてみると、ノンオイル・ほうれん草カレーという文字が。
ノンオイルのドレッシングとかは聞いた事がありますが、
ノンオイルのカレーってあまり聞いた事はありません。
どんなメニューなのか、非常に興味が湧きます。

中庭

この日は天気が良かったので、中庭で食事する事にしました。

サイマーケットは、いくつかのフロアに分かれていて、
正面に見える店内に加え、ペット可の中庭、
そしてここには写っていない右側に、セミオープンテラスの別館があります。
この日も中庭には、小型犬を連れた親子連れが。

ちなみに、この左手には雑貨屋さんが併設されていて、
フェアトレードの商品や、地球にやさしいエコな商品が並べられています。

そしてカフェは、オーガニックに対するこだわりが。

ほうれん草カレー

こちらがノンオイルのほうれん草カレー、900円。
ご飯は、玄米ご飯に雑穀をブレンドしたもの。

お米や野菜、調味料など、使う素材は、安心して安全に食べられる物というこだわりがあり、
詳しくはお店の公式サイトに掲載されているので、そちらを参照してください。

ルー

ノンオイルのほうれん草カレー。
ルーはカレーというよりは、スパイスの効いた食べるスープといった感じです。
インドや欧風カレーのような、いかにもカレーという味ではなく、
食べている間に、徐々にスパイスのピリリとした刺激が。
ほうれん草やお豆腐の優しさと、その裏に隠れているスパイスの刺激が交互にやってきて、
それが、次第にマッチしてくるのです。

食べる前から、カレーはこうあるべきと決めつけて望む人には、意外な味でしょうが、
こういうカレーもあってもいいんじゃないでしょうか。

ご飯の量は控えめですが、ルーの方は意外とたっぷりあるので、
食べるバランスを考えながら、行きましょう。

正直、普段はあまりオーガニックなど意識したことはありませんが、
こうして食べてみると、それぞれの行きすぎない感じが、バランスがとれていて、
逆に深みを出している感じがします。
なにが入っているんだろうなどと、想像しながら食べるのも楽しい。
何かが突出していない自然の味だから、素材の味が感じられるのだと思います。

アフォガード

平日であれば、プラス150円でドリンクがセットになるのですが、
この日、デザートに頂いたのは、小豆と豊富のアフォガード、650円。

お豆腐のアイスクリームと、デーツ入りの特製小豆あんがグラスの中に。
デーツというのは、ナツメヤシの果実です。
添えられているポットには、自然栽培&フェアトレードのエスプレッソが。

ミックス

まず、最初にアイスと餡を食べて楽しみ、
その後、エスプレッソをかけて、ブレンドして楽しみます。
最後に、グラスに残ったエスプレッソを飲み干し、3つの楽しみを堪能。

カフェやレストランなどに、オーガニックという冠がつくと、
なんだかメニューなどにもウンチクや講釈などがあって、
主張が強すぎて、居心地の悪そうなイメージがあったのですが、
こちらは、インテリアや空間の雰囲気も、行きすぎていない感じがバランスいいです。

表現が難しいですが、無理矢理自然を意識しようという強い感じではなく、
自然に自然を感じようという、やわらかい感じが、心地よいのです。

土曜日のお昼、光が降り注ぐ中庭では、
パパと制服を着た女子高生の娘さんが食事をしていました。
今どきのギャル語ではなく、おだやかな口調。
可愛らしい小さな犬を連れていたのは、実はこの親子で、
まるで三井のリハウスのCMにでも出てきそうな、幸せそうな光景でした。

住宅街の中のカフェだからこその、1シーンだったのかもしれません。

■サイマーケット
■東京都板橋区小茂根1-9-5
■営業
カフェ:11:00~22:00(LO)
雑貨:11:00~20:00
■定休日:水曜
場所はこのへん
お店の公式サイト

自転車で23区カフェ制覇の旅…ただ今、4/23区。

地図

Pocket
LINEで送る