人生フルーツ

ポレポレ東中野

ミニシアターのポレポレ東中野へ。
「人生フルーツ」という映画を観るためにやってきました。
2017年の1月2日に、ここで公開がスタートし、
今も上映が続いている大ロングランの作品です。

日本住宅公団のエースだった津端修一さんは、
阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきました。
1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、
自然との共生を目指したニュータウンを計画。
愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンでは、
経済優先の方針で、設計を覆らされ、
建物が無味乾燥敵に立ち並ぶ、団地に変更されました。
そこで、その団地に土地を買って家を建て、雑木林を作り、
自然に寄り添う暮らしを続けて来た…というドキュメント。

たぶん、スローライフの勧めみたいに取る人もいれば、
リタイア後の、充実した人生の送り方と取る人もいるし、
夫婦のあり方とも取れるし、オーガニックなグルメレシピなど、
いろんな見方が出来る映画です。
仕事のあり方などを話していた時に、オススメされた作品で、
僕はその視点で見ていました。

終活をしていた自分の父親とオーバーラップする部分もありましたが、
僕が感動したのは、リタイヤした生活のようにみえて、
感性が、全くリタイアしていないどころか、磨きあげられていた事です。
建物が建ち並ぶ、巨大な団地の時代から、
自然に囲まれたニュータウンを売り物にする時代になりましたが、
何年も前から、その本質を見抜いていた事。
かと言って、自分の考えや経験を押しつける訳でもない。
自分の出番が来るまで、じっと静かに暮らしています。

モーレツ社員が賞賛される時代から、
やっとブラック企業とやらが、否定される時代になりましたが、
経済効率優先から、こぼれてしまった人達を救う施設を作る時、
白羽の矢が立ったのは、
昔から、自然と共生し、心豊かな生活を提唱していた津端さんでした。
相談されてから、たった2〜3日のあいだに、
施設全体の構想や、設計方針などをスケッチに描き上げてしまいます。
リタイヤした生活に見えて、全くリタイアしていませんでした。

自分自身、感性が鈍らないようにと言い聞かせて、流行を追いかけたり、
トップダウンに合わせるように、安全な石を置きに行ったり、
まわりに合わせすぎて、人生ブレブレですが、
こういうブレない人生を見せて頂き、猛省している所です。

感性が鋭いというのは、流行を追うことだけではなく、
そのものの本質をきちんと見極められるという事なんだなあと、
自分の邪道さ加減が浮かび上がり、軽く落ち込みました。
反面、自分の経験、積み重ねを信じすぎ、
新しいアイディアが生まれないのも、ダメなんだなあと。

ラジオに当てはめながら、考えていたら、
わかりやすい例で浮かんだのは、意外にも紅白歌合戦でした。
若者に媚びへつらいすぎてもダメ。
年配の人に合わせて、懐かしソングだけ並べてもダメ。
じゃあ、どうする?
簡単に答え出ないよなあ。
どうなるんだろう?今年の紅白歌合戦は?
と、自分の答えも出ていないのに、他人の心配をしています。

赤いマウンテンバイクに颯爽と乗って
毎日、葉書を持ってポストに向かう、津端さん。
その宛先はお世話になっている、いろんな人で、
例えば、魚屋さんに、今日はこんな風にして食べて美味しかったよと、
イラスト入りで、報告したり。
やっぱり、自転車はいいなあ。
こんな風にいつまでも乗れるといいなあ。

Pocket
LINEで送る

祈りの幕が下りる時


久々に映画で号泣しました。
普段はギリギリの所でこらえるのだけど、今回は無理でした。
ストーリーは言わずもがな、役者さん達の演技力が凄すぎました。

特に、松嶋菜々子さんの若い時代を演じた、桜田ひよりさん。
まだ中学生なんだけど、演技が凄すぎる!

かつて、「桐島、部活やめるってよ」で松岡茉優さんが出てきて、
さらに、高畑充希さん、二階堂ふみさんと、
若手の素晴らしい演技派女優が次々に出てきました。
ドラマ「問題のあるレストラン」では、その3人同時に出演させたり。

その後、『湯を沸かすほどの熱い愛』で、杉咲花さんが出てきて、
各映画賞で、新人賞と助演女優賞を総なめ。
凄い女優達が出てくるなあと思っていたら、
今回は、満を持して、桜田ひよりさんの登場ですよ!
まだこんな女優さんが出てくるのか…と、驚きました。

もちろん、お相手の小日向文世さんが、上手く引き出しているのですが、
それにしても、上手すぎる。
確実に、これからドラマから引く手あまたとなる、若き女優さんです。
その他、阿部寛さん、松嶋菜々子さん、話の核となる人達の演技が凄すぎて。
派手なアクションがある訳じゃないけど、
スクリーンからの圧で、終始圧倒され続けました。

街の小さな事件を追いながら、本質に近づく
ドラマ「新参者」が大好きだったのですが、
完結編の今回は、これまでよりもスケールが大きいです。
元々「東野版『砂の器』」などとも言われて来た原作ですが、
映像を見ていたら、中居正広さんでリメイクされた、
2004年の「砂の器」を思わせるシーンがありました。

後で調べてわかったのですが、
監督は、その中居版「砂の器」を担当した、福澤克雄監督。
さらに、半沢直樹」や「陸王」を監督したディレクターでもあります。
なので、後半の畳みかけが、凄い!

新参者シリーズを見ていない人でも、もちろん楽しめます。
この映画、マジでオススメです!
出演者の演技力に圧倒されてください。
お金払ってみても、損はしないと思います。
DVD化されるのを待つのじゃ遅いです。
新たなるスター「桜田ひより」さんの誕生に立ち会うべきです。

Pocket
LINEで送る