サブウェイの金格バーグを食べて来た!

サブウェイ

今回は、「ガイアの夜明け」美味しそうだった物はホントに美味しいのか検証シリーズ。苦戦する外食産業の起死回生の一手を取り上げた特集で、ドムドムバーガーやクリスピークリームドーナツ、そしてサブウェイが取り上げられていました。どれも一世を風靡した物のその後低迷し、店舗縮小している企業です。

ポスター

その中で気になったのがサブウェイの金格バーグ。熟成肉の格之進とコラボしたメニューです。格之進と言えば、江古田のお隣の桜台が東京一号店で、その後、六本木を中心に店舗数を拡大していったお店。その格之進のお肉を食べた事がある身からすると、ファストフードにあのお店の肉を使うの?というのが驚きでした。

コンビニがラーメン店とコラボしたりしますが、そのラーメン店風という物でインスタントラーメンでしかありません。なのでもう騙されないぞという感じなのですが、今回の特集を見ていると、肉そのものを使っているので、食べてみたくなりました。

今回は11/1(木)〜11/7(水)までの7日間限定の先行発売。TVの効果か回った2店舗では売り切れ。3店舗目でようやくGETです。

金格

サブウェイは、色々とカスタム出来るのですが、今回は、お店オススメのデフォルトで食べて見る事にしました。
金格バーグは、890円。チーズの入った金格バーグDXもありましたが、まずはスタンダードな物を。ドリンクと合わせると1050円。通常のサンドイッチは紙で包まれていますが、高級感を出すためか、箱詰めです。

金格

今回は、11月30日(金)の本格発売に向けてのテスト販売だと思いますので、思った事を正直に書きます。

味はマジで旨いです。ファストフードのハンバーガーのパテに慣らされていると、手ごねハンバーグのような肉の柔らかさにビックリ。薄っぺらいパティではなく筒状のミートボールのような塊なので食べ応えもあり。格之進の牛肉に「白金豚」を加えた合い挽きなので、豚の甘味が効いています。ビーフ100%よりも獣臭さがなくて、僕は好きです。そしてジューシーさも保たれています。欲を言うともう少し焼き目が欲しいです。パンもこれに合わせて開発されたオニオンセサミペッパーで、トーストしての使用なので香ばしくて美味しいです。

グルメバーガーを食べ歩きしている人なら、よくこのお肉使ったなと感心すると思うのですが、ファストフードのハンバーガーで満足している人達は「890円、高い!」と値段だけでしか判断出来ないのでは?とも。この価値観をどう作り上げていくかが課題でしょうね。京都に1日100食しかローストビーフ丼を出さない事で逆に人気の「佰食屋」という行列の出来るお店がありますが、1日1店舗数量限定にするのも手かも。実際に僕も3店舗回ってGETしていますし、どうしても食べたいと思わせる演出も必要かと。

さて、いい事ばかり書きましたが、テスト販売なので改善して欲しい点も正直に書きます。

●従来通り紙に包んで欲しい
高級感を出すための箱詰めですが、野菜がボロボロ落ちやすいので、紙包みの方がいいです。どうしても箱で品格を出したいなら、従来の紙包みを1枚添えて欲しいです。グルメバーガーにバーガー袋が添えられるのと同じ論理です。

●箱に入れるのであれば方向を考えて
写真を撮るために方向を変えましたが、箱を開けた時に切り口が向こう側、つまりサンドイッチが背を向けて入っていました。たぶん、サブウェイ初の箱詰めなのでバイトさん達に徹底されていなかったと思うのですが、楽しみにして開けたら背を向いているので「え?」と思いました。

●マヨネーズはデフォルトにしないで
TVでもこの肉に合うように、肉の味を殺さないソース開発にポイントを置いていました。色々味の濃いソースが却下された上で「すりおろし野菜の特性和風ソース・ゆず胡椒入り」が開発されました。当然これをかけて貰える物と思い、ドレッシングを聞かれた時に「オススメで」というと、このソースもかかっているハズですが、「マヨネーズがオススメです」と、上にマヨネーズをかけられるのです。もうそうすると、マヨネーズの味が勝ってしまって、野菜の和風ソースの味が消えてしまいます。なぜ、いつの間にマヨネーズがオススメになったのでしょう?「すりおろし野菜の特性和風ソース・ゆず胡椒入り」をオススメした上で、「お好みでマヨネーズもプラス出来ます」と言った方がいいんじゃないでしょうか?従来の「オイルビネガー塩胡椒」の方が旨いなんじゃないかとチラリと想像しました。

●イートインスペースもリリューアルしたら?
まあ、改善点も書きましたが、味はかなり満足しています。ただしトータル1000円以上するこのグルメサンドイッチを食べる環境では無かったです。店舗によってはかなりリニューアルされてもいますが、イートインスペースがフードコート並のショボい店舗が多いです。僕が入ったお店はテーブル席一席も無く、壁に向かったカウンターが一周しているだけのお店で、実際、会話したい3人組は注文前に席を確認して帰って行きましたし。

頼まれもしないのに、スタッフの一員目線で書きましたが、元々ハンバーガーのファストフードより、サブウェイ行く派なので、今回の格之進コラボをきっかけに復活して欲しいなあと思っています。実はよく利用してた店舗が閉店してしまったので。

明日、チャンスがあればマヨネーズ抜きで食べみようと思います。

Pocket
LINEで送る

2001年宇宙の旅 IMAX

ポスター

恥ずかしながら「2001年宇宙の旅」を観るのは初めてでした。

10月19日からの二週間、全国の指定IMAXデジタルシアターで、65mmオリジナルネガを素材にした4Kデジタル復元の『2001年宇宙の旅』が限定公開となっています。映画評論の評価が高いセクシー女優の戸田真琴さんが、素晴らしかったと評していたので、観に行く事にしました。

「♪僕らの生まれてくる〜ずっとずっと前にはもう〜アポロ11号は月に行ったっていうのに〜」というポルノグラフィティの歌がありますが、この映画は1968年、アポロ11号が月面に到着する1年前に公開された映画です。今年で50周年を迎える映画なのに、デジタルリマスターのおかげもありつつも、今観ても古さを感じさせない映画と評されています。

ところが、この映画、観る物に挑戦状を叩きつける作品でした。
恐ろしいぐらいにテンポが遅く、抑揚もなく、延々と続く1シーン。上映時間2時間41分という長尺。Uボートディレクターズカット版の3時間29分に比べたら短いですけど、現代のSF映画のカット割りで行ったら1時間半ぐらいになっちゃうんじゃないの?というスローテンポ。前半戦は台詞もなく音楽だけで見せるシーンが多いので、正直、途中、何度か睡魔に襲われてしまいました。あ!寝ちゃった!とスクリーンに目をやると同じシーンだったので、落ちたのは一瞬だったと思うのですが。

通路

しかも、この映画、途中で15分の休憩が入る2部構成。眠気覚ましにジュースを買いに行ったのですが、まるで宇宙船の中を歩いているかのようなIMAXシアターの通路。この通路を戻って始まった後半戦が前半と打って変わって面白い!スクリーンに没入して見入ってしまいました。理解不能と言われる最後10分ぐらいのシーンこそ、IMAXで観るべしという映像美でした。

とは言え、わからないシーンが多かったので、まず、自分で予測を立て、その後、ネットで調べてから、家でAmazonプライムで検証再確認しました。すると、理解度が深まり、初見で退屈だった前半戦も面白く感じました。

これ、2度、3度と観るうちに面白くなる作品なので、どうだろ?一概にとは言えませんが、先にAmazonプライムで頭に入れてから、IMAXで観た方が感動が大きいのではないでしょうか?

この映画、50年後の今、観ていても古さを感じないというのは、デジタルリマスターのおかげだけじゃなく、その後の宇宙物が、この映画の影響を受けているので、撮り方、セット、現代に通じる既視感があるのです。スターウォーズにも影響を与えたであろうメカニカルな部分や、撮影カット。エヴァンゲリオンを思わせるシーンも多数。とにかく「あ!これ」というシーンが多数登場します。

観る者を選ぶ映画ですが、一旦、縄跳びの縄に入ってしまえば、面白さが加速していき、鑑賞後の満足感が高い作品でもあります。
2週間限定の上映なので、11月1日(木)までかな?興味のある人はIMAXの大画面で観られるラストチャンスかもしれないので、ぜひ、お出かけしてみる事をお勧めします。

Pocket
LINEで送る