熱烈中華食堂 日高屋(江古田)

全然、カフェじゃないんですが、あまりにも面白かったので、番外編として!

昨日、2月21日に江古田にオープンしたばかりの日高屋に行って来ました。オープンしたてなので、バイト君も大量投入で、1店に10人ぐらい。でも、高校生ぐらいでバイト初経験という感じの子たちばかりで、何をどうしていいのかわからずパニックになっているのですよ。

ちょい飲み推奨の食堂ですが、まず、高校生だからお酒の事が全くわからずに、生ビールならまだしも、ハイボールやウォッカソーダ割りになると頭が真っ白になっている様子。

またお客に手渡された食券は、厨房前の壁にマグネットで止めるのですが、席の番号の書かれたマグネットじゃなく、手近にあった物で止めたバイト君がいて、オーダーがゴチャゴチャに。

オープンしたばかりなので、本社から派遣されたらしい、店員さんが、そのパニックのバイト君達に、次々に指示を出して回そうとするのですが、バイト君たちは聞き違えたりして、「そうじゃない!そっちそっち」と、てんやわんやは続きます。

そんな中、「あのー、こんな所申し訳ないのですが、お時間なので帰ります」というバイト君。「いいけど、頼んだ掃除は終わったの?」「いえ、まだだけどお時間なので」「んー、じゃあ今度からお時間までに掃除終わらせるようにして」「では失礼します」と、いきなりの戦力ダウン。

映画「カメラを止めるな」が大ヒットしましたが、「オーダーを止めるな」という演劇をしている、劇場型レストランという視点で見ると、そうとう面白いです。

さらに、そこに押し寄せる老人達。食券制なのに、そのまま席に行こうとして「お先に食券をお願いします!お先に食券をお願いします!」の声が飛びます。

しかし、老人達はタッチパネルが使えない。パネルの前で「ビールは・・・・ああああ・・・・」とフリーズ。2台あるタッチパネルの前で老人達が固まり、その後ろに行列が。結局、店員さんが飛んで来て、代わりに買ってあげる為に、つきっきり。

すると、リーダー的店員さんの指示を欠いた厨房前で、バイト君達がパニック!

もう、リアル「カメラを止めるな」ですよ!熱烈中華食堂ならぬ、パニック食堂。ただ、これはオープン2日前の慣れないオペレーションでした見られない光景でしょうから、今のうちに足を運んでパニックを楽しむ事をオススメします。

そー考えると、この状態を二人でこなしている「福しん」って凄いんだな。

Pocket
LINEで送る

ファーストマン

なんか自分に合わない映画と出会うと落ち込みますね。前回は、『グレイテスト・ショーマン』でヒュー・ジャックマンの「俺凄いでしょ!」的演技が全く合わず、周りが絶賛すればするほど自分の感性の違いに落ち込みました。

デイミアン・チャゼル監督の「ラ・ラ・ランド」も賛否ありましたが、同じ監督の「ファーストマン」は、僕は合わない方でした。監督との相性が悪いんだな。

目で心境を表現するという手法を多用したのはわかるけど、正直、しつこい。顔のアップばっかり。インディーズ系映画のような効果を狙ったハンディーカム風のブレブレの映像も多く、酔いそうになるぐらい。

世界で初めて月に立ったニール・アームストロングを、英雄ではなく一人の普通の男として描いたそうですが、普通になりすぎ。

宇宙物、アポロ好きとしては、ゼロ・グラビティのような壮大な宇宙映像を期待していたのですが、目の表現を多用するあまり、宇宙船内の視点が多い為に、潜水艦映画を見ているような気分でした。

あと、家族との関わり方も丁寧に描いているのですが、長すぎて、弱虫ペダルでレースの途中に挿入される回想シーンが、何週間も続く感じ。

肝心の月へのシーンも、ばっさり切られていて、実際の映像で繰り返し何度も見た、あのシーンも、あのエピソードも、丸々カット。例えるなら大河ドラマの真田丸で、大河史に残るぶっ斬りと言われた超高速関ヶ原みたいな。やっぱ、あのシーン見たかったなあという肩すかし感。ロケットのプラモデルも作った事があるアポロマニアだからなのかなあ。別にニール・アームストロングを英雄として描いてくれという訳じゃないです。アポロの映像がもっともっと見たかったのです。

アポロ計画も1の次にもう11号だもんなあ。8号は?

もちろん、絶賛している方も沢山いるので、いい映画なんでしょうけど、アポロと宇宙の映像が見たくて行った自分にとっては、「これじゃない感」が強かったです。

家に帰って来てから、実際の映像、掘りまくりました。やっぱカッコいいし美しいんだけどなあ、あのシーン。

Pocket
LINEで送る