電動じゃないアシスト自転車「フリーパワー」を試乗してきました!

「がっちりマンデー」で自転車ビジネスを特集していて、
その中で気になったがの、電動じゃないアシスト自転車
「FREE POWER(フリーパワー)」です。
森永卓郎さんが試乗した姿が映し出されていて、
ママチャリでは登れない坂を、
フリーパワーでスイスイと登る驚きの映像が流され衝撃を受けました。

え?こんなに凄いなら、坂道に弱いブロンプトンにつけたら、
最強の折りたたみ自転車になるのでは?
山に行くのもブロンプトンだけで楽しめるのではと、妄想が始まり、
これはブロンプトンを買う理由に出来る!
と、今すぐにでも乗ってみたくなりました。

そこで、どうしても試乗してみたいなあと、調べてみると、
ホームセンターの「Olympic」の子会社で、
自転車販売のCycle Olympic が扱っているとの事で、
大山店に電話すると、TVの反響で試乗希望者が多いですが、
待てば乗ることは出来ますとのお返事。
そこで、さっそく試乗しに出かけてきました。

フリーパワー

まずその前に「フリーパワー」とは何かというと、
ペダルの12時と6時の部分、真上と真下の部分は、
動力としての死点で、エネルギーロスを生むので、
その前にペダルを踏み込む時に、
ギアのの中に組み込まれたシリコンを潰し、
12時と6時の時に、その反発力を解放し、
動力のアシストにしようというもの。

1時から4時ぐらいまでの間に、踏み込んで潰したシリコンが、
5時ぐらいで、パンと解放され膨らむので、
本来なら死点の、6時から7時ぐらいに勢いをつけ、アシストします。

サイクルオリンピック

で、実際にサイクルオリンピック大山店にお邪魔しました。
僕が行った時は、フリーパワーの事を熱心に聞きたい男性が2名と、
がっちりマンデー見たから、一応試してみたいファミリーが
先客としていて、お店の方にお願いして試乗の順番待ちしました。

フリーパワー

その間に店内で流れていたビデオを拝見。
パンフレットも頂いてきました。

フリーパワー試乗車

さて、僕の番が来て試乗させて頂く事になりました。
ママチャリ系のものと、クロス系のものと、2台試乗しました。

フリーパワー

これがフリーパワーのペダルとギア。

フリーパワー

内部に見える青いのがシリコンで、青はミディアムタイプで、
白がソフト、黒がハードと、シリコンの堅さは3段階あります。
このシリコンの耐久性は3年ぐらいとアナウンスされていて、
シリコンだけ交換する事も出来るそうです。

また、そのフリーパワーを手に入れる方法は3つあり、

①このサイクルオリンピックで、フリーパワー付き自転車を買う
②店内の気に入った自転車に、フリーパワーをつけてもらう
③自分の自転車を持ち込んで、フリーパワーをつけてもらう

フリーパワーを取り上げたまとめサイトなんかには、
『どんな自転車にも装着可能』なんて書かれていますが
実は、条件があり、前が多段ギアの自転車は駄目。
フロントがシングルギアである事が条件で、
前のギアは、32t、36t、42t、48tの4種類。

P20

これから僕が書く感想は、
サイクリングは、ロードバイクのリドレー・フェニックスに乗り、
普段の足はKHSのP20という、
スポーツサイクルに親しんでる人の視点だと思ってください。
それを念頭に置いた、僕の結論。

ママチャリ派だったら、十分アリ!
スポーツサイクル派だったら、無し!

踏み込みは、シリコンを潰しているので、
カチっとしたダイレクト感は無く、
ずーっと、ふわふわというか、プニプニした感じ。
加速感を言葉で表すのは難しいですが、
モウモウモウモウと言って加速していく感じで、
12時と6時の時のアシスト感があります。

電動アシストも、昔のターボ車みたいに、
1秒ぐらいタイムラグがあってからの加速感があり、
スポーツバイク派が乗ると、違和感がありますが、
フリーパワーの場合も別の違和感が!
踏むたびに、ムニュムニュというか、
ずーっと「うどん」を踏んでるような、
何かを潰し続けるような、不思議な踏み込んだ感覚があり、
これに慣れるかどうかでしょう。

平地で、商店街の坂道が、せいぜい斜度1〜2%だったのですが、
ママチャリには効果的なアシスト感なんじゃないかと思います。
体感でいうと、電動アシストの1/3ぐらいの感じ。

よく、ママチャリからクロスやロードに乗り換えると、
え?こんなに楽に走るの?と驚くじゃないですか!
そのぐらいの差です。
それをママチャリで実現させよう!みたいなパーツです。

比較対象が、ママチャリであれば、アシストを感じられますが、
対スポーツサイクルだと、元々パワーロスをしないように
パーツなどが組み込まれているので、
正直、そこまでのアシストの差は感じませんでした。
あと、ダイレクトに踏み込むのに慣れているので、
シリコンを潰している時の、ふわふわ感がパワーロスに感じてしまいます。

その前に、この12時と6時のパワーロスを埋めるシステム、
スポーツバイク派だったら、ビンディングで、すでに享受してるのでは?
さらに、ロードバイクだったら、
踏み込む面を増やした、楕円チェーリングのROTORの「Q-RING」とか、
そちらをつけた方がパワーロスは無さそうです。

お店の方も、ダイレクトに脚力からのパワーを
路面に伝えたい人には向かないと言っていました。
このアシストの恩恵を得られる(差を感じられる)のは、
ふだんママチャリに乗っている人でしょう。
しかも、森永さんぐらい自転車に乗れない人とか、年配の方。
乗れる人なら、踏み込みのムニュとした気持ち悪さは選ばないのでは?
自転車ならではの、軽快感、気持ちよさが失われています。
という結論から、ママチャリ派だったらアリ!
スポーツバイク派だったら無しとさせて頂きました。

ただ、これはまだ開発されたばかりの製品で、
今後、どんどん改良されていくでしょうから、
将来的には、スポーツサイクル派にも恩恵があるように、
改良させれくる余地はあると思います。

なにはともあれ、電動無しで、アシストというのは
これまでに無い、画期的なシステムです。
それは凄い発明です!

P.S.
「がっちりマンデー!!」で、「フリーパワー」が紹介され
電気を使わず電動アシストのように楽にこげ
どんな自転車にも搭載できることから、ヒット商品化への期待が高まり、
Olympicグループ、月曜の株価が、ストップ高。
いやいや、どんな自転車にでもつけられる訳じゃないし、
あの森永卓郎さんの映像を見ての事だと思いますが、
多少、テレビ的演出入っていますよ。あれ。
森永さんぐらい自転車に乗れない人なら、恩恵あるけど、
普通に自転車に乗れる人には…な、感じです。
みんな、テレビを鵜呑みにしすぎ!

Pocket
LINEで送る

ラジオの放送作家が教える、結婚式での上手なスピーチの仕方

この時期の作家あるあるなのですが、
ジューンブライドの結婚式シーズンに突入して、
「何かいいスピーチって無い?」
と聞かれる事が多くなります。

まず、結婚式での挨拶の予定のある方に覚えておいて欲しいのは、

自分ではない、誰かになろうとしない事

結婚式のスピーチって、いつも聞いていて思うのは、
何か特別な事をやってやろうと、肩に力の入っている人が多いという事です。

野球に例えると、
普段、内野安打レベルの小さな笑いしか取っていない人が、
なぜか、結婚式で場外ホームラン級の笑いを取れる気になって
ブンブン大ぶりしてきます。
取れる訳ないじゃん。
これまで1本もホームラン打ってないんだから。

また、普段、とっても親しみやすい人が、結婚式のマナーを気にするあまり、

「はなはだ僭越ではございますが、
 ご指名にて、私よりお祝いを申し上げたいと思います。」

みたいな、固い挨拶を始める事があります。
たぶん、本とかネットとか、結婚式サイトとかで、
文例をコピペして来たのだと思いますが、それが間違い。

●本やネットの挨拶文は、書き言葉で書かれていて、話し言葉ではない。
●失敗しない為の文例であって、本人の気持ちが入ってない。

結婚式の挨拶って何だ?という事を、もう一度、思い返して欲しいです。
結婚式のスピーチは、
コピペした文例を噛まないように言う大会ではありません。

心から、お祝いの気持ちを伝える

多くの人が、これを忘れています。

作家じゃないんだから、急に感動的な言葉を作れる訳ないじゃないですか。
作家だってなかなか作れません。
感動的な言葉を言おうとすると、
結局、どこかで見聞きして良かった言葉を、使おうとしてしまいます。
みんな同じ事を考えているから、その言葉の登場打率は高くて、
10も結婚式出れば、2つぐらいで「ああ、あの文か」という物が出てきます。

最初に言いました!

自分ではない、誰かになろうとしない事

これが、結局、上手くいくのです。

それが、

あの人らしいい、挨拶だったね。

と、小さな感動を呼ぶのです。
大きな感動はいりません。
主役は、新郎新婦です。
自分が主役になろうとしなくていいのです。

式の最後の読まれる、花嫁さんからの手紙。
つたなく、たどたどしい読みなのに、
なぜに、あんなに感動して、涙してしまうのか。

そこには心からの両親への感謝の気持ちが入っているから。

結局、どこからかのコピペじゃ、人は感動させられないのです。

元ニッポン放送の五戸美樹さんと、
お仕事でご一緒させて頂いた時も話ましたし、この本にも書かれていますが、

トークが上手くいかないのは、お手本が間違っているから。

冠婚葬祭本や、結婚式サイトの文例は、
失敗しない為の文例であって、成功する文例ではありません。
書き言葉で棒読みになるように出来ているし、
本人の気持ちを入れる余地がありません。
ほぼ、成功しないように出来ているのです。
なので、五戸さんも言っているように、
ほとんどのお手本が間違っているのです。

じゃあ、どうしたら、いいスピーチが出来るのか?
正直言って、正しい文例はありません。
先ほども書きました!

心から、お祝いの気持ちを伝える

みんなの気持ちって、それぞれ違うじゃないですか。
その気持ちを正直に出す事が大事です。

と言っても、なかなかスピーチ問題は解決しないので、
前にアドバイスして、上手く行ったと感謝された方法を書いておきます。

まず、新郎もしくは、新婦
自分が直接の知り合いである方の、好きな所をいくつかあげます。

<新婦の女友達の挨拶だとして>
●まずは、みんなも知っているだろう、○○な性格
●自分だけが知っている、○○なところ
●新婦との楽しい思い出
●実は、自分が新婦に感謝している事

笑いを取ろうとしなくていいです。
本当に自分が好きな所をあげるだけでいいです。
それで、十分に伝わります。
そして最後に、新婦とつきあううえでの注意点を1つ入れます。

<例>
●機嫌が悪くなると、こうする癖がある。
●3人以上いると聞き役に回って、しゃべらなくなる

そういう時は、私は、こうして乗り切っていましたので、
○○さんも、ぜひ試してみてください。
末永くお幸せに!

イメージで言うと、西野カナの「トリセツ」の、
あなたの言葉版というか。

コツは、挨拶のメモを箇条書きにする事。
例えば、最後の1つだけ注意点という部分なら

●○○さんは学生時代から、大体午前中は機嫌が悪かった
●午前中話しかけても、「はあ?」とか言うので、
 午前中に無理に機嫌を取ろうとしなくていい。
●お弁当を食べるあたりから自然にテンションが上がってきた
●昼過ぎでも機嫌が悪い時は、要注意、何か不満がありそう
●とりあえず、お菓子とかあげると、意外と機嫌が直る
●私調べでは、ギンビスのたべっ子どうぶつが効果あり

これを、

○○さんは、学生時代から、大体午前中は機嫌が悪かったのですが、午前中に話しかけても「はあ?」とか言ったりすることがあります。なので午前中には無理に機嫌を取らずに、放っておきましょう。
だいたい、お弁当を食べた後から、自然にテンションが上がって来ますので、昼過ぎても、機嫌の悪い時は要注意です。なにか不満がありそうです。
とりあえず、お菓子とかあげると意外と機嫌が直る事が多かったです。私調べでは、ギンビスのたべっ子どうぶつが効果ありましたので、○○さんも、ぜひ試してみてください。

のように書いてしまうと思うのですが、
上の箇条書きの方が絶対上手く行きます。

これはラジオの放送でも使うテクニックなのです。
下の文は完全原稿と言うのですが、
これだと、どうしても読んでしまい、素人は棒読みになってしまいます。

「〜です。」「〜ます。」
という語尾に感情をのせて読むのは、プロでも難しいです。
感情がのっていない例が、通販のしゃべりです。
「とってもお得なんですよー」の「よー」って、無表情ですよね。

試しに声に出して、誰かに伝えるように言ってみてください。

●とってもお得なんですよ。

●とってもお得

下の方に、自分なりに「なんだよね」とか「なんだって」とか
自分の言葉でつけた方が、自然になります。

これ、ラジオあるあるなんですが、
企業の広報の方に、この趣旨を説明して、
箇条書き台本を送って、それでやってくださいと伝えます。
すると、広報の上の人が原稿チェックして、
書き言葉の完全原稿に直して、これでやりますと言ってきます。
結果、棒読みになってしまい、商品の魅力が伝わらないという。
これも、広報の上司、お手本が間違っている例です。

とにかく結婚式のスピーチで一番大切なのは、
自分ではない、誰かになろうとせずに、
自分の言葉で
心から、お祝いの気持ちを伝える

上手い例えとか、名言とか、マジでいらないです。
自分の気持ちを、心を込めて伝えれば、
新郎とか、新婦とか、本人には伝わります。
お客さんなんか、感動させなくていいんです。
新郎新婦にだけ、気持ちが伝われば大成功です!

Pocket
LINEで送る