銭湯図解

情熱大陸で、高円寺にある「小杉湯」の番頭として働きながら、銭湯のイラストを描き続ける塩谷歩波(えんやほなみ)さんが取り上げられていました。

早稲田大学の大学院で建築を学び、都内の建築設計事務所で働いてていましたが、肉体的にも精神的にも調子を崩して休職。そんな時に知人に勧められたのが銭湯。傷ついた心身を癒してくれた銭湯に恩返しをしたいと考え、建築の図法をで銭湯の俯瞰図を描き、Twitterで投稿し話題に。最終的に一冊の本になりました。

最近、江古田の飲み友と話をしていて、それぞれ精神的に病んでいた時期があり、その時にどんな事をしていたかというカミングアウト大会がありました。

僕が病んでいたのは、このブログを始めるちょっと前でした。

番組制作で責任のあるポジションについたのですが、上からはもっとアグレッシブに改革しろと迫られ、下からは「そんなトップダウンは受け入れられない」と突っぱねられていた頃です。怒鳴ってもしょうが無いので下に任せてみると、上が満足する結果まで達しない。

両方の板挟みになり、ストレスが溜まり、円形脱毛症にもなりました。

家に帰る前に、自分の仕事を知らない人たちと、仕事の話と関係無い話をして、頭をリセットしたいと始めたのが江古田の一人飲みです。

今考えると「パニック障害」の一種かもしれませんが(病院にかからなかったのでわかりません)狭いところが急に苦手になりました。家で仕事をしながらご飯を食べるのが息苦しく、コンビニでパンを買って公園で食べたりしていました。そのとき、家の狭い風呂が苦手で銭湯にも通いました。開放感に癒やされたというのは、たぶん塩谷さんと同じです。

僕の場合は、さらに公園に行くというのもやりました。広い場所に出ると心が解放されるし、海育ちなので、水をみると安心するというのがあって、石神井公園で一人でボートに乗ったりもしました。

こうしてたどり着いたのが、荒川サイクリングロードです。堤防の内側、河原の側は堤防で排ガスなど遮られているのではないかと思うぐらい、気持ちのいい風が吹いていましたし、緑や川のゆったりとした流れの風景を見るうちに、サイクリングにハマり、次第に自分が病んでいたのを忘れていきました。カミングアウト大会すると、結構、みんな同じような事あるんですね。

寒暖差が激しくて体調が優れない時は、今でも銭湯に行くようにしているのですが、定番なのは銭湯図解にも掲載されている桜台の「久松湯」。最近、飲み友に教えられてハマっているのは椎名町の「妙法湯」。どちらもピカピカのリニューアル銭湯ですが、人気で賑わっています。

Pocket
LINEで送る

映画『翔んで埼玉』

埼玉県民と、千葉県民と、池袋に繋がる沿線住民は、他の地区の人達よりも3倍笑える映画「翔んで埼玉」。もちろん西武池袋線の住民の僕は腹を抱えて笑いました。このエリアに住む人には特にオススメです。

史上最大の茶番劇と呼ばれ、埼玉を自虐でディスりながらも、自虐郷土愛を描く映画。なのでバカにされればされるほど、笑えます。

GACKTや二階堂ふみさんも、素晴らしいのですが、元AKB48の島崎遥香さんのコメディエンヌぶりがとても良かったです。塩対応のぱるるというキャラが抜けて、感情表現がめまぐるしく、とっても面白かったです。アイドル出身の女優さんって、なかなかアイドルイメージが抜けなくて伸び悩む事が多いのですが、今後、ぐんぐん伸びていく予感をさせました。

ところで、この映画では、荒川や江戸川に関所があり、埼玉や千葉県民は、通行手形が無いと東京へは入れないのですが、その設定って普段から自分が思っていた疑問に近かったので、あえてここで書いてみます。

「翔んで埼玉」風に半分ギャグのディスりなので、本気で読まないでください。

TVやインターネットなど地方の人も同じ物を見ているのに、なぜ、地方の人は情報や流行から遅れていくのかという疑問です。

かつて山梨出身のがんグロギャルタレントがうちの番組に出演してくれたときに放った台詞で「山梨への流行はチャリの速度でやってくる」と言ったことがあります。山梨でギャルが流行って、その格好で東京へ行ったら、東京にはもうギャルはいなかったという自虐エピソード。

同様に、流行はなかなか荒川とか江戸川を越えるのに、時間がかかると前々から思っていました。つい3〜4年前、川を渡ると急にガラケー率が高くなるとか。流行や話題の話が通じる率が低くなるとか。「これBUZZってるよね」と言っても、まず「BUZZる」が通じ無かったり。

同じTVやネットを見ているのに、何でなんだろう?と、ずーっと思っていました。

興味が無いと、見ても記憶に残らないとか、入ってこないとかなのでしょうか?流行のファッションとか実物が身近にいないから、実感がわかないのでしょうか?

この流行が川を越えるのに時間がかかる説を、ずーっと疑問に思っていたので、今回の映画で川に関所があるからという設定がしっくり来て、さらに笑えたのでした。

ちなみに僕はネットが無い時代に岩手に住んでいたので、流行が2〜3年遅れでやってくるという感じでした。

Pocket
LINEで送る