ボヘミアンラプソディを観て泣いた

映画の後半、涙が止まりませんでした。悲しい涙でも、嬉しい涙でも無く、感動の涙です。厳密に言うと「感動」というより、ひたすらカッコ良く、カッコいいと涙が出るんだという事がわかりました。

僕はQUEENをリアルタイムで聴いていた世代なので、あの頃の音楽の裏にはこんな事があったのかと、感慨深く観る事が出来ました。当時はKISSとQUEENが人気を二分していて、僕はどちらかというとKISS派でしたが、QUEENのレコードも全部持っていました。KISSのライブは4回も行ったのに、フレディーが生きている間に一度もライブに行かなかった事が悔やまれます。

でもこの映画の中でフレディーは生きていました。フレディー・マーキュリー役のラミ・マレックが、途中からフレディーにしか見えませんでした。いや、他のメンバーも。僕が観ていたのは若き日のQUEENそのもの。

今のようにSNSが無い時代、彼がバイセクシャルである事は当時の日本には都市伝説レベルの噂として、うっすらと流れて来ましたが、イギリスでは好奇の目にさらされ、差別的な扱いを受けていた事も描かれていました。だからフレディーが苦悩し、挫折し、立ち上がった時、もう自然と涙が流れ始め、止まりませんでした。最後は映画の観客ではなく、1985年のLive Aidウェンブリーの会場のお客として奇跡を目撃した一員となっていたのです。

素晴らしい映画でした。出演者に感謝したいです。僕にQUEENを観せてくれてありがとう。

ユナイテッドシネマ1000円デーだったので普通のスクリーンで観たのですが、IMAXで観るべきだったなあ。4dxでも上映しているけどどんな感じなんだろう?少なくともあと2回は観に行きたいと思います。

こちらが予告編。

Queen – Live at LIVE AID 1985/07/13
こちらが本物のウェンブリーでのQUEENの映像。we are the championsの後の投げキッス。これがどういう意味を持つのか、映画の中で確認してください。

Pocket
LINEで送る

モバイルPontaカードが凄い進化して便利!

アプリ

代打DJをお願いした元バニラビーンズのレナさんが、番組でポイントカードの断捨離のすすめを話していました。財布の中のポイントカードは、iPhoneなどのアプリに置き換えられるので、財布をスリムにしましょうという物。

調べてみると僕が使っているポイントカードでは、Ponta、Tポイントカード、ビックカメラ、ココカラファインカード、いきなりステーキ肉マイレージ、ジュンク堂のhontoが、アプリに置き換えられる事がわかったのでやってみる事にしました。計6枚の断捨離。

自分の場合、海浜幕張のbayfmでの仕事は、2階のローソンで買い物するし、江古田でも北口のローソンを使うので、Pontaカードは、めちゃめちゃ使います。このモバイルPontaカードのアプリが、めちゃ進化して便利になっていたので、皆さんにもお知らせしておきます。

まずはアプリをダウンロードして登録!Pontaカードの裏面をカメラで読み取る事でプラスチックのPontaカードとの連携が終了します。これ、いろんなポイントアプリの中で一番簡単でした。

ponta

次に、iPhoneのWalletに、Pontaカードを登録します。これもアプリからワンクリックで登録出来るので簡単です。これで終了。

さて、ここからが超進化したPontaカードの便利機能!

suica

ローソンでお買い物した時、レジで「Apple Payで支払います」と伝えます。

僕の場合メインで使っているSuicaで支払います。モバイルSuicaを使うのですが「Apple Payで」というのがポイントだそうです。

レジにiPhoneをピッとかざして決済。

すると、iPhoneのWallet内で自動でSuicaとPontaが連携して、Pontaカードを出さなくてもポイントが溜まり、画面に表示されます。

つまり、今ままでまず「財布出して」「Pontaカードを渡して」「その後、支払い」をしていたのが、「Apple Payで」「ピピ」で全て終了してしまう事になったのです。

しかも、2019年3月6日まで、iPhoneをかざしてのPontaカード認証だけで、ポイント2倍ですが、Apple Payで支払うこのやり方だとポイント4倍です。レシートは従来通りのポイントですが、11月分は12月末にと、後日加算されます。

海浜幕張のローソンは35階建てツインタワーのオフィスビルなので、お昼時めちゃめちゃ混んで5つレジがあるのですが、1列30人ぐらいの大行列となってしまいます。お店の片隅に別にセルフレジコーナーがあるのですが、そこは2〜3人しか並ばないので僕はそちらを使って時短しています。

セルフレジは、ポイントカードを先にスキャンしてから、商品のバーコードを読み取り、精算ボタン。どれで支払うかでApple Payをタッチしてから、ピピでiPhoneをかざして精算していました。

それがポイントカードのスキャン無しで精算すると即時に自動でポイントが溜まるので、財布を全く出さないで1回のピピで済みます。こりゃいいわ!これから海浜幕張の30人の行列横目に、iPhoneでピピで時短ですわ。

Pocket
LINEで送る