さとう(江古田)

さとう

江古田北口の音大通り、BEATSの跡地に出来た、肉バルのお店「さとう」
BEATSは、飲み仲間と良く通った懐かしい場所で、
南口の「ぽかんと」で飲んで、その後みんなでBEATSへ!
…というのがお決まりのコースで、
南口の女王と、北口の女王と呼ばれる、
江古田の2大酒豪女子がそろい踏みする場所でもありました。
と、お店の前に立っただけで、そんな記憶が蘇ります。

工事期間が長かったからか、
新店が出来る事は、この界隈の話題になっていたようで、
日芸や音大生の間でも、よさそうなお店が出来てると、
噂になっていたそうです。
若者はお金無い的に思われがちですが、今や時給1000円以上の時代。
ちゃんとバイトしているコたちは、
ワンコインランチの父さんよりも、お小遣いがあって、
美味しいお店めぐりの情報交換に余念が無いのです。

メニュー

江古田にグルメバーガーのお店が欲しいと願っていましたが、
ついに念願のお店が出来ました。
半生というのは、レア気味という事で、
ハンバーグのレアは…という人も多いかもしれませんが、
パティに使われている肉は、桜台の人気焼き肉店「格ノ進」と同じ、
岩手の門崎丑です。
普通にも焼いてくれると思いますが、半生推奨のようです。
ご主人は、この門崎丑に惚れ込んで、「格ノ進」で働いていた時期があり、
その後、その門崎丑を使ったステーキバーを新宿御苑に作ります。
そうした経緯をへて、江古田に「さとう」をオープンさせる事になりました。

ハンバーガーセット

ハンバーガーセットは、サラダとポテトがついて、900円。
セットにつけるコーラは、200円。
ご主人1人でやっているので、セミセルフのサービスとなります。
コーラも注文すると、冷蔵庫から自分で取ってくださいと言われますし、
8人ぐらい座れる、相席の大テーブル席もあるのですが、
出来たら呼ばれて、カウンターから受け取るというスタイルです。

パティーは、炭火焼きです。
カウンターから見える焼き台に、ガスなどの配管が無く、
火を調節するような小窓がついていたので、
「もしかして、炭火ですか?」と聞いてみると、
「全部炭火です」との事。

バーガー袋が瓶に入れられてあるので、
串を外したら、袋に入れてかぶりつきます。
肉質の良さを生かす為に、味付けはシンプル。
最近は、アボカドだとか、色々挟むボリューミーな物が多いですが、
このお肉だったら、いろいろ挟まない方がいいでしょうね。
お肉の良さが味わえます。

本日イケメンコーヒー屋さんが助っ人で来てくれてます#さとう #門崎丑 #shima#江古田

さとうさん(@masakuni.sato)がシェアした投稿 –

そして、この日はもう一つ懐かしい出会いがありました。
代々木八幡にあったコーヒーの名店「Shima」さんが、
お祝いにかけつけて、珈琲を淹れてくれるというイベントがあったのです。
昨年春に店舗は閉店し、今は焙煎に特化しながら、
イベントなどで出張ドリップしたりしているのですが、
まさか江古田に来ていたとは!

カフェ特集があると必ず載っていたお店で、
その頃、行っていましたという話をしたら、
「かなり昔ですねえ」と、言われました。
このブログの記事をみたら、僕が行ったのは2010年で、
もう8年もたつのですね。
2010年って言ったら、カーリング女子のチーム青森から
本橋麻里選手が抜けて、ロコソラーレ北見を立ち上げた年ですよ。
僕も自転車も、まだ青のGIOSに乗ってる頃でした。

マンデリン

頂いたのは、マンデリン、セット価格だったので200円。
懐かしの場所で、懐かしい人に会い、
新店なのに、すっかりノスタルジックな気分に包まれてしまいました。

■肉と野菜とナチュラルワイン さとう
■東京都練馬区栄町40-12
■営業:(今のところ)
11:30~16:00 
18:00~22:00
■定休日:未定
場所はこのへん
お店のInstagram

Pocket
LINEで送る

ぽかんと(江古田)

ぽかんと

江古田でナポリタンを探せシリーズの最後は、
喫茶店ではないですが、いきつけの飲み屋さん、
レストランBARの「ぽかんと」です。
イタリアンベースの料理が美味しいお店なのですが、
こちらにもナポリタンがあるのです。

ナポリタン

「ぽかんと」のナポリタンは鉄板に乗せられて出来ます。
イタリアンのお店なので、茹で置きではありません。
他のパスタよりも、ちょっとだけ長めに茹でて、もっちりとさせながら、
鉄板で焼くことによって、適度に水分を飛ばせる事で、
ふにゃっとせず、食感のいいナポリタンに仕上がっています。

通常のメニューで、十分に美味しいのですが、
平野沙希子さんの「生まれた時からアルデンテ」を読んでから、
アルデンテなナポリタンを食べてみたいという事を伝え、
無理矢理作ってもらう事にしました。
常連ならではの、ワガママです。

平野さんの言い分を、おさらいしておくと
生まれた時からアルデンテなパスタがある世代からすると、
昭和というワードに甘えたコシのないナポリタンは、
向上心がない!
もっと美味しいナポリタンを作る事を放棄している。
…的なお話。

で、通常の鉄板ナポリタンをアルデンテで作ってもらったのですが、
いつもより、短めに茹でているのに、鉄板で焼けて水分が飛ぶ分、
良く焼きになって、表面がパリっとしすぎてしまいました。
よく焼いた焼きそばのような食感。
うーん、これなら通常ナポリタンの方が美味しいなあ。
ワガママ言って作ってもらったのに、アルデンテナポリタン失敗…。

待てよ!じゃあ、鉄板じゃなかったらちょうどいいんじゃ?

皿盛り

という事で、後日、またまたワガママを言って、
「ナポリタン、アルデンテで、皿盛りで!」
と、ラーメン二郎みたいな謎用語の注文の仕方をしてしまいました。
で、実食!

お!旨いじゃん!
これまでのナポリタンとは違う!
ちょうど、飲み友の中華シェフがいたので、
一口食べてみてもらいました。
「お!旨い!」
旨い頂きましたー!

想像の出来なかった、アルデンテなナポリタン探しの旅!
やっと、平野沙希子さんが言っていた事がわかるようになりました。

本の中に書いてあった
「神泉、フレンズのナポリタンは、昔ながらの味なのに
 アルデンテなので最高です!」
よーし、神泉のフレンズ、行ってみようじゃないの!

■ぽかんと(Pocant)
■東京都練馬区栄町3-5
■営業:18:00~1:00(料理L.O.0:00)
■定休日:日曜
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る