パティスリープラネッツ(江古田)

パティスリープラネッツ

江古田に新しいお店が出来ました。
それと同時に今絶賛お悩み中なのは、
ここのお店が、元なんだったかという事です。
接骨院だったのは知っているのですが、
その前は、喫茶店がありました。
その名前が、全然、思い出せないのです。

確か、一枚板の大きなテーブルがあり、
工芸品のような高級家具だったせいか、
「テーブルの上に物を置いて傷つけないで」とか、
文字通り注文の多いお店だったと記憶しています。
ついこの間、お店の前の歩道もタイル貼りに舗装されたのですが、
その前は、黄色い文字で自転車を止めるなとか書いてあったような。
あの、注文の多い喫茶店の名前は何だっただっけ?

さて、武蔵大の前に出来たのは、
大泉学園の有名なケーキ屋さん、パティスリープラネッツの江古田店。
正確には、左がパティスリープラネッツで、
右がチョコレートやジェラートを扱う、グラシエ・ショコラティエです。

ジェラート

ジェラートのお店かあ。
そういえば、昔、江古田にもサーティーワンがあったなあ。
現在の「炙りや」のある向かいは、マンションになっていますが、
マンションが建つ前は、細々とした小さなお店の集まる商店街で、
その中にサーティーワンがありました。
そんなかなり昔の事は思い出せるのに、
この場所にあった喫茶店の名前が思い出せません。
なんだっけ?

看板

手作りのアイスクリームは、種類が色々あるのですが、
オススメを聞いてみると、グラシエ・ショコラティエという名前だけに、
チョコレートブラウニーとの事。
では、それをベースに選ぶ事にしましょう。

ジェラート

通常は紙のカップなのですが、プラス料金でコーンに変更出来ます。
ダブルは560円で、コーンは+50円なので、610円。
選んだのは、まずオススメのチョコレートブラウニー。
そして、最近、インスタ映えするジェラート屋さんに行くと、
必ずと言っていいほどある、ピスタチオ。
こちらでは、ピスタチオ杏仁と言っていますが、
薄緑の部分がそれです。
そして、ワンスプーン分サービスでつけられるというので、
オーソドックスな、塩バニラを選択。

お店の奥に二人がけの席が3席あり、
壁際にも、丸椅子が並んでいます。
空いていたので、イートイン。

なるほど、チョコレートブラウニーは、濃厚だけど甘すぎず、
さすが、自慢の一品という感じ。
ピスタチオ杏仁も、ピスタチオの風味が鼻に抜けて行き爽やか。
ワンスプーンの塩バニラも、甘すぎずで、大人のバニラと言った感じ。
どれも美味しかったです。
近場にこうういうのが出来ちゃうと、
自転車で往復80㎞走って、
上尾の榎本牧場にジェラートを食べに行くのをサボりそう。

さて、ジェラートで頭冷やしたんですが、
ここにあった喫茶店の名前は、まだ思い出せません。

■パティスリープラネッツ
■東京都練馬区栄町9-13
■営業
パティスリー:
10:00〜19:00
グラシエ・ショコラティエ:
12:00〜18:00
■定休日:水曜(火曜・不定休)
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る

ジラソーレ(江古田)

ジラソーレ

軽い文体のエッセイを読みたいなあと思っている時、
ツイッターのトレンドで「五右衛門」というキーワードが目に止まりました。
「初デートでサイゼリヤはありか無しか」論争の延長で、
「初デートで洋麺屋・五右衛門はありか無しか」論争というのがありました。

まあ、こういうのって「あり」同士で付き合えばいい訳だし、
「無し」と思っている人を、
それはおかしいと説き伏せる物でもないと思います。
価値観の合う物同士で付き合えばいいんだし。

…と言ってしまうと、話は終わってしまうので、個人的な意見としては、
この初デートの年齢がいくつかというのでも変わると思います。
10代とか、20代の前半戦だったら、ありの率はまだ高いだろうけど、
個人的に、20代の後半から30代を過ぎると、
相手の女性が普通にランチで食べてる可能性が高くなっているお店を、
2回目につなげる事が出来るかという初デートの場で使うというのは、
「無し」かなあと思います。

五右衛門のパスタって、ランチでも1000円以上して、
普通のイタリアンのランチとたいして変わりません。
スープやドリンクをセットにすると、1500円前後するし、
少し調べれば、そのお値段で食べられるイタリアンは普通に出てくるので、
だったら同じお値段で、二人で初の体験をした方がいいんじゃないだろうか。

…と、まとめサイトを読みながら思っていたら、
この論争に引用されていたエッセイがありました。

臨死!江古田ちゃんの作者でもある漫画家の、
瀧波ゆかりさんのエッセイ「30と40のあいだ」
すぐにKindleで購入し、ダウンロード。

この中の「初デートのお店問題」というエッセイで、

アラフォーの知人が男性から、
「美味しいイタリアンがあるので食べに行きましょう」
と誘われたので、オシャレして行ったら、五右衛門だった。

瀧波さんは、五右衛門は美味しいけど、
「おいしいイタリアン」なのか?アラフォーにとってと、
疑問を投げかけています。
10代ならまだしも、いろんなイタリアンを食べて来たアラフォーを、
初デートに誘う場所なのか?
少し気合いの入る初デートで、五右衛門なら、
2回目、3回目は、どうなるんだ?と。
この違う価値観をすりあわせて行くのは大変なので、
誘われた知人は、2回目のデートは無しにした…というものでした。

最初に書きましたが、これはどちらがいいじゃなく、
「あり」同士で付き合い、「無し」ならば、さよならでいいと思います。
そんな事より、このエッセイが僕が探していたライトな文体で、
クスっとしながら読める作品と出会えた事の方が大きかったです。
探していたのは、こういうのでした!

そう考えると、昔から女性の漫画家さんが書くエッセイと、
相性がいい事を思い出しました。
漫画家さんは、絵で説明する事が多いからか、
必要以上に回りくどい表現をしません。
それが会話の速度に近くて、ちょうどいい感じなのです。

パスタ

そんなイタリアンにまつわるエッセイを読んでいたら、
美味しいパスタが食べたくなって、江古田のジラソーレへ。
ランチは、プッタネスカ スパゲッティー二で、ドリンクセットで700円。
前菜とスープのつくBセットにしても、1050円。
ディナーでも、パスタは1100円からと、リーズナブルです。

こういう私鉄沿線じゃなくても、安くて美味しいイタリアンとか、
フレンチだったらビストロとか、スペインだったらバルとか、
探せばいくらでもあるので、ぜひ、美味しいお店見つけてください。

■ジラソーレ (girasole)
■東京都練馬区旭丘1-73-9 三共ビル2F
■営業:
11:30~17:00(月〜木)
11:30~14:00(金〜土)
18:00~21:00(金〜日)
■定休日:毎週水曜日
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る