cafe arica(ときわ台)

arica

ときわ台にサイクルラックのあるカフェが出来たと情報を頂き、
さっそく行ってきました。
南口から線路に近い道を上板橋方面に向かい、
商店街が切れる所にお店はありました。
cafe arica

店内

この付近は、ちょっとさびれた感じの
居酒屋やスナックが立ち並ぶ一帯なんですが、
その中に突如として、オシャレなカフェが出現します。
夜は、飲めるダイニングという感じみたいです。
実は、一度前に来てみたのですが、
近所の奥様らしき人達で満席で、2度目の挑戦。

13時オープンだったので、きっかりに来たらまだ自分だけ。
今回は、セーフ。

炭酸水

セルフのお水は、フルーツが漬かった炭酸水で、
香りも口当たりも爽やか。

スリランカカレー

頂いたのはスリランカカレー700円と、
セットドリンクは200円引きになるので、
アイスラテ300円で、1000円ちょうど。

インドもタイも日本のカレーも周りに店があるので、
新たなに挑戦したという、スリランカカレー。

オイルや肉を使わず野菜とハーブ中心で、
お米も極細のインディカ米なので、
どっしりというライスという感じではありません。
カレーというより、サラダを頂いているような感覚。

境目を混ぜながら食べてくださいとの事で、
崩しながら頂くと、後味がスパイシー。
ルーという感じよりはドライカレーの感覚に近いですが、
確かにカレーです。
夏の食欲のない時なんかにピッタリのメニューです。

■カフェ アリカ (Cafe arica)
■東京都板橋区南常盤台2-3-12
■営業:13:00〜22:00
■定休日:不定休
場所はこのへん
お店のfacebook

ケストレル

ところで、バイクラックにあるこの自転車を見て、
ピンと来た人は、かなりの自転車好きですね。

ピンと来た人の為に、ここからはマニアックな話を。

こちらはご主人のバイクなんですが、
トライアストンで一世を風靡したケストレル500。
ご主人は、トライアストンをやっているので、
サイクルラックを置きたいと作ったのだです。
こちらのケストレルは、ハンドルをフラットに換装しているので、
競技用からの役目を終えて、街乗り用にされたのでしょうね。

ケストレル

この自転車は、ちょっと変わっていて、
ご覧の通り、シートポストがありません。
このバイクのデビューは、1992年なのですが、
風洞実験で、シートポストが無い方が優位である事が証明され、
多くのトライアスリートがこのバイクに乗るようになり、
一世を風靡しました。

かつてはロータスとか、
こんな感じの斬新なデザインのバイクが
タイムトライアルなどで、人気でしたが、
UCIの規定変更で使えないようになり、
管轄外のトライアスロンの世界で生き延びてきました。

単体の写真ではわからないと思いますが、
ロードバイクより一回り小さく、
一瞬、子供用?と思ってしまいました。
というのも、タイヤが650Cという今では珍しい規格。

最近では、700Cが標準になってしまったのですが、
これは大柄な欧米人を標準にした規格。
たぶん最低身長が、160ぐらいの設定。
ロードバイク女子が増えた日本では、
700CだとXXSサイズでも大きいという小柄女子は、
ミキストぐらいダウンチューブに角度をつけた
スローピングフレームに乗っている人多いですね。

その辺の苦労を面白おかしく書いたブログ
「あ、はい。安かったんで。」
小柄な女子でロードバイクを始めたい人は、
こちらを読んでみたらどうでしょうか?
じわじわ笑いがこみ上げてきます。

さて、マンガ好きの方で、お気づきの方いらっしゃいますでしょうか?
はい、こちらのケストレル500は、
マンガ「のりりん」で、主人の女性織田輪が乗っているバイクです。

女性が乗っていると、ライトウエイトスポーツカーのような、
カッコ良さがありますね。
マンガ読み返そうっと。

Pocket
LINEで送る

軽量輪行袋オーストリッチSL-100購入

輪行

メインで仕様している輪行袋は、
モンベルの横置きコンパクトリンコウバッグです。
左側のタイプですね。

これの良さは、慣れると輪行のスピードが速い事。
ロードバイクをひっくり返した状態での輪行なので、
エンド金具が必要なく、元々のパッケージが小さい事。
持ち運びに重宝しています。

輪行袋に収納袋も縫い付けられていて、
袋をなくす事もありません。

縦型

それに対し、特急や新幹線を使うときに使っていたのが、
オーストリッチのL-100というタイプ。

1枚目の写真で右に映っていたタイプです。
これは縦型なので、エンド金具という物を使うのですが、
その分、横幅が取られないので、
特急の出入り口フロアなどに置いても邪魔になりません。

リクライニング

特急の最後尾の指定席を取ると、後ろにすっぽり収まり、
リクライニングをしても、邪魔になる事はありません。

ただ輪行袋の生地がしっかりしていて、厚手なので、
輪行袋自体が、ボトルケージなどには収まらないケースが多いです。
自分の場合は、輪行袋にエンド金具も入れて、一体化させていたので。

この前、江ノ島までサイクリングして、
帰りにロマンスカーで輪行しようと、L-100を持って行ったのですが、
リュックの中で、以外とデカくて重いなと思いました。

SL-100

そこで新たに買ったのが、オーストリッチのSL-100
輪行袋の布地を薄くし、コンパクトにした上級者向けの物。

サイクルモードでは、オーストリッチのブースへ良く行くのですが、
そこでお話させてもらうと、
L-100の方が丈夫というイメージがあると思うけど、
実は、SL-100の方が丈夫と、おっしゃってました。

さて、なんで新たに軽量輪行袋を追加したかと言うと、
飯能の有間峠にリベンジしたいからです。
軽量のリンコウバッグをサドルバッグかボトルケージにつけ、
身軽な形で、標高千メートル以上の有間峠を越え、
秩父側に降りて、秩父駅前の温泉「祭の湯」に入って、
レッドアローで輪行。

それをこの夏の一大プロジェクトに考えているからです。
今、台風来ているけど、有間峠が閉鎖になりませんように。

Pocket
LINEで送る