ラハメン ヤマン(江古田)


6月から続いた猛暑日がやっと終わりを告げてくれました。まだ30度以上の真夏日は続きますが、一度35度以上を経験していると、真夏日は、ほぼ秋みたいな感覚です。

となると、真夏日のうちに、夏らしい物を堪能しておこうと、夏限定メニューを求めて、ヤマンへ。


ヤマンといえば、夏限定の「鶏の冷たい塩らは」。江古田の夏の味の一つです。


冷やし中華ではなく、冷やしラーメンといえば、山形が有名ですが、桜台の会津喜多方ラーメン 坂内でも食べられます。あちらは醤油味がベースですが、ヤマンは塩味。少しとろみのある塩だれが麺によく絡みます。

かつては「冷やし中華はじめました」が夏の風物詩でしたが、江古田の飲み友達との間では、「ヤマンの冷たい鶏の塩らは食べた?」が季節のご挨拶。江古田から多摩地区に引っ越す知人が、引っ越す前に食べておきたいと言っていたのを聞いて、そういえば、今年はまだ食べて無かったなと駆け込みました。

■ラハメン ヤマン(Yahman)
■東京都練馬区栄町22-1
■営業
11:30~16:00
18:00~21:00
■定休日:
場所はこのへん
お店のInstagram

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

雪華堂 江原町店(新江古田)


「真夏のピークが去った。天気予報士がテレビで言ってた。」

フジファブリックの「若者すべて」の歌詞のように、今日が猛暑のピークらしいです。

ちょうど今日の放送で、夏のピークが過ぎないと「若者のすべて」は、かけにくいなと放送後の反省会で話していたのですが、そしたら次の番組がZONEの「secret base ~君がくれたもの」をかけたので、「いやいや、まだ早いだろ」と皆でつっこんでいました。あと井上陽水の少年時代とか、いつかけるか、チキンレースのようになっているのが、ラジオ業界の夏の風物詩です。

さて、真夏のピークで、一度、36〜37度を経験してしまうと、30度前後が涼しく感じてしまいます。という事は今のうちにかき氷を堪能しておいた方が良いのは?と新江古田の雪華堂へ。


お店の外にかき氷の旗がはためいているように、こちらではイートインでかき氷を頂く事が出来ます。


頂いたのは「ダブルあまおう」935円。かき氷は、11:00〜16:00と営業時間が違うので、ちょっと注意が必要です。

昨今は、栗とかかぼちゃとか秋の味覚のエスプーマがのったかき氷が人気ですが、こちらは正当派のいちご。しかも一見普通のいちごのかき氷に見えますが、氷の中に「あまおう」を使ったジャムが仕込んであり、イチゴの果肉も楽しめる本格派。

氷は若干トレンドより粗めですが、それでも口溶けは良く、上品なかき氷という感じです。

今は冬でもかき氷を食べるのがマニアですが、でも真夏のピークに食べる旨さはやはり別格だと思うのです。

■雪華堂 江原町店
■東京都中野区江原町3-35-8
■営業:9:30~19:00(かき氷は11:00〜16:00)
■定休日:元日
場所はこのへん
お店のサイト
お店のTwitter

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ