1 ROOM Coffee(中板橋)

Instagramを見ていたら、中板橋の1 ROOM Coffeeで、クリスマスイブに出張パフェが行われたのですが、クリスマス当日にも限定でパフェが出るという情報をみつけ、ミニベロでGO!

以前、1 ROOM Coffeeと、カフェプースがあった場所には、マンションが建設されていました。

カフェプースは、ヌーベルプースと名前を変えて、埼玉県の指扇に移転したのですが、荒川サイクリングロード近くなんですよね。行きたいのですが、今年は県境を越える移動の自粛をしていたので、行けずじまい。来年こそ行けますように。

1 ROOM Coffeeは、中板橋の駅前から石神井川沿いに移転しています。4月だとこの辺の桜も見事なんですがねえ。

移転後初の1 ROOM Coffee。実は前に1度来た時は満席で断念した記憶も。

人気店になると、嬉しい反面大変だなあと思うのは、お客が増えると色々とルールを作らないとダメになる事。これはどこのお店でも一緒で、人気店になればなるほど注意書きが増えていきます。

この日は出張パフェがお目当ての人で、お店の外には待ちの列が出来ていたのですが、待ち合わせ割り込みが発生。うちの近所の人気のラーメン店では、列内での待ち合わせ禁止を張り出していますが、この日は「待った〜」と列に入り込むおばちゃんが。

この日は、自分の2組後ぐらいで、パフェが売り切れたのですが、待ち合わせ割り込みで自分の前で売り切れてたら、カチンと来ていたでしょうね。まあ、セーフだったので、心を落ち着かせてパフェを楽しむ事に集中しましたが。

焼き菓子「しちか」さんの「ベリーと凍頂烏龍茶のパフェ〜金木犀の香〜」と、カフェラテ。

ベリーのシャーベットの下は、いちごと練乳のアイス。そしてイチゴ。ジャスミン茶のグラノーラで食感を変え、烏龍茶のムース。凍頂烏龍茶のゼリーには金木犀入り。ゼリーはムースと混ぜても美味しいのですが、後味と花に抜ける香りがいいので、最後は混ぜずにフィニッシュした方が良かったです。

合羽橋の食器屋さんがTwitterで、「年末になってパフェの器がもの凄い売れています」とつぶやいていました。今年は、高級かき氷が流行る兆しの時に似て、本格的なパフェブーム到来を予感させる年でした。色々本も読んでいますが、もう少し勉強してみようと思っています。

■ワンルームコーヒー (1 ROOM Coffee)
■東京都板橋区中板橋30-1
■営業:
10:30~19:30
11:00~17:30
■定休日:不定休
場所はこのへん
お店のInstagram

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

ロイヤルホスト 江古田店(新江古田)

ファミレスでパフェといえば、ロイヤルホスト!冬のパフェを食べていなかったので、終了前に滑り込み。

新江古田界隈のお住みの方は、近くにロイヤルホストがある事のありがたみをあまり知らないのではないかなとも思う?コロナ禍で多くの店舗が閉店してしまいましたが、グルメライター、フードライターの中で圧倒的に人気なのが、ロイヤルホストなのです。冒頭わかりやすくファミレスと書きましたが、フードライターのみなさんは、ファミレスと言わず、ちゃんとレストランと記述します。

ロイヤルホストは、テーブルにキャンペーンメニューのステッカーなど、ゴテゴテと貼られていないのでテーブルまわりが美しいです。

ちなみに最近の若いコは食卓の事を「机」という人が増えているのですが、ラジオのお仕事の時は、食事をする場合は「テーブル」と言うように指導しています。基本、一人で使う物を机(デスク)と呼び、複数で使う物をテーブルと呼ぶのですが、日本規格協会(JIS)によると、デスクは引き出しがつくことが通常で、テーブルは引き出しがつかないことが通常と定められています。

それより、机でご飯食べたより、テーブルでご飯を食べたのが方が美味しそうに聞こえるからです。風景も想像しやすいですし。

頂いたのは「焼きりんごと塩キャラメルアイスのブリュレパフェ」880円+税で、968円。

カリッとキャラメリゼした紅玉りんごに、中央には焼きりんご。その下にクレームブリュレ。クレームと書くと文句っぽいですが、フランス語的にはクリームよりクレームの方が近いそうです。

食感を変えるゾーンではクルミのようなピーカンナッツがカリっと香ばしい。爽やかな酸味のりんごのソルベとホイップクリームの後に、塩キャラメルアイスで、濃厚さを。最後にりんごのゼリー、りんごジャム、カットりんごの3本締めでフィニッシュ!

このパティスリー系のクオリティーのパフェが、1000円以下で食べられるなんて最高じゃありませんか!

人気のパフェは予約制、もしくは売り切れ御免になってしまっている所が多いし、フルーツパーラー系は週末は行列。意外と高いパフェのハードルなんですが、ロイヤルホストなら気軽に食べられます(たまに入り口で待つ時もあるけど)。パフェ初心者という方には、まずはロイホのパフェを制覇する事を強くお勧めします!

1月15日からは、満を持して「苺のブリュレパフェ」が登場!楽しみ!

2012年に登場して以来伝説となった人気のパフェ。ファミレス価格で、こんなフルーツパーラーのようなクオリティのパフェがあるなんて!と衝撃を与えた一品。

他のファミレスが12月にクリスマスパフェを出す中、1月にずらしたのは、たぶんイチゴがクリスマス価格で高騰するからでしょうね。一部のカフェでも、イチゴが入手しづらくなって、イチゴパフェをお休みする所もありましたし。全国の店舗で品切れ無しで出し、価格を抑えるには、時期をずらすしか無かったのでしょう。

Hanako特別編集 いとしいパフェのこと、すべて。 Kindle版

2017年のHanakoのパフェ特集を、Kindleで読んでみるとと、ロイヤルホストのパフェも特集していて、パフェの開発者の女性へのインタビューもありました。やはり、柿とか無花果とか、旬のフルーツを使いたくても全国規模で展開出来るほど、素材を確保するのは難しいそうです。

僕らの仕事は、こうして本人の発言など、裏を取ることが多く、Kindleやdマガジンで、書籍をチェックする事が多いのですが、ホントに便利。

今年は珍しく正月休みがあるので、パフェ本を探して熟読する事にしよう。

出版業界の皆さん!廃刊にするぐらいならKindle化してください!スイーツ本色々探していますが、廃刊が多すぎます。

■ロイヤルホスト 江古田店
■東京都中野区江原町3-33-10
■営業:9:00-24:00
■定休日:無休
場所はこのへん
お店のサイト

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ