京はやしや 西武池袋店(池袋)

抹茶パフェ発祥の地と言われる京都の京はやしや。昭和44年、当時流行っていたパフェに抹茶を使ってみようと考案。茶道でしか振る舞われなかった抹茶をスイーツにすることは、当時はかなり前衛的だったそうです。

その支店が池袋西武に。

石臼挽きの抹茶を使った、抹茶アイスに、抹茶ゼリーがメインなのだけど、個人的にはグラスの縁に並べられた抹茶わらび餅が美味しかったです。

抹茶なのにきな粉みたいな風味も感じられる不思議な感覚。

グラスの中のマンゴーは旬だからかな?と思っていたのですが、調べてみると、意外と抹茶とマンゴーの組み合わせのスイーツは多く、相性の問題なんでしょか?

東長崎の抹茶茶廊にも「抹茶ムースマンゴーソフト)なるメニューもありました。

ファミレスのパフェもいちごの季節を終え、旬のマンゴーに切り替える所が出ていますが、5月の新茶の時期に、抹茶とマンゴーの旬同士の組み合わせで、新たなパフェを出して来る所はあるのでしょうか?楽しみです!

パフェの小皿に添えられていたのは、箸休めのお茶の佃煮でしたが、しっかりとしょっぱかったです。パフェというより、お茶に合わせた方が美味しかったです。

セットのお茶は3杯とれるので、佃煮をちびちび頂きながら、楽しみましょう。デパートなのに農家の縁側っぽい。

■京はやしや 西武池袋店
■東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店 8F
■営業
2021年4月12日(金)〜2021年5月11日まで
11:00〜20:00(ラストオーダー 19:15)月〜金 
10:30〜20:00(ラストオーダー 19:15)土日祝
■定休日:池袋西武に準じる
場所はこのへん
お店のサイト 

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

池袋西武(池袋)

池袋駅で、西武の催事のポスターの中に、パフェの写真を見つけました。7階催事場で20日まで行われている「春の北海道うまいもの会」

「インカのめざめと抹茶あずきの和風パフェ」981円で、1日100コ限定です。

イートインスペースで提供されるのですが、渡されるのはソフトクリームスタイル。ポスターの写真のようにソフトクリームのスタンドがついて来ないので、左手で持ちながら、右手でiPhoneを持って撮影。片手でiPhoneを持つと、え?iPhone12proってこんなに重かったっけ?というぐらい手がプルプルして焦点がさだまりにくかったです。

十勝にある牧場、あすなろファーミングのソフトクリームを中心に、北海道産のあずきや、白玉、抹茶をまぶした和風のパフェというか、ゴージャスなソフトクリームです。

「インカのめざめ」というのは稀少なジャガイモで、アンデスで、晴れのお祭りにしか食べられなかった高級ジャガイモ「ソラナムフレファ」種を日本向けに改良した物。よく栗とさつまいもが比べられますが、じゃがいもなのに、さつまいものような甘味を持っています。こんなジャガイモ、初めて食べました。

コロナ禍の物産展はどうなってるんだろうかと、覗いてみたのですが、通路スペースを広く取りながらも、まあまあの人出。ただ、店頭展示は商品数を絞っているようで、例年よりは少し寂しい感じですかねえ。

旅行に行けないので、気分だけでも北海道を味わってみました。

■春の北海道うまいもの会
■池袋西武
■会場:7階(南)=催事場
■会期:2021年3月30日(火)~4月20日(火)

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ