京はやしや 西武池袋店(池袋)

抹茶パフェ発祥の地と言われる京都の京はやしや。昭和44年、当時流行っていたパフェに抹茶を使ってみようと考案。茶道でしか振る舞われなかった抹茶をスイーツにすることは、当時はかなり前衛的だったそうです。

その支店が池袋西武に。

石臼挽きの抹茶を使った、抹茶アイスに、抹茶ゼリーがメインなのだけど、個人的にはグラスの縁に並べられた抹茶わらび餅が美味しかったです。

抹茶なのにきな粉みたいな風味も感じられる不思議な感覚。

グラスの中のマンゴーは旬だからかな?と思っていたのですが、調べてみると、意外と抹茶とマンゴーの組み合わせのスイーツは多く、相性の問題なんでしょか?

東長崎の抹茶茶廊にも「抹茶ムースマンゴーソフト)なるメニューもありました。

ファミレスのパフェもいちごの季節を終え、旬のマンゴーに切り替える所が出ていますが、5月の新茶の時期に、抹茶とマンゴーの旬同士の組み合わせで、新たなパフェを出して来る所はあるのでしょうか?楽しみです!

パフェの小皿に添えられていたのは、箸休めのお茶の佃煮でしたが、しっかりとしょっぱかったです。パフェというより、お茶に合わせた方が美味しかったです。

セットのお茶は3杯とれるので、佃煮をちびちび頂きながら、楽しみましょう。デパートなのに農家の縁側っぽい。

■京はやしや 西武池袋店
■東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店 8F
■営業
2021年4月12日(金)〜2021年5月11日まで
11:00〜20:00(ラストオーダー 19:15)月〜金 
10:30〜20:00(ラストオーダー 19:15)土日祝
■定休日:池袋西武に準じる
場所はこのへん
お店のサイト 

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

スープとカレー(江古田)

江古田で新しいカレー屋さんを発見!自転車で走っていて、この看板が目につきました。「カレースタンド」?

場所は、江古田コンパから練馬総合病院に向かう途中。「やきとん きむら」のあるあたりです。

「カフェアース」と、「ぐすたふ珈琲」の間に、黄色いネズミの看板「スープとカレー」があります。

元々は映画やドラマの撮影現場に出張するケータリングする仕込みの場所だったらしいのですが、木金土だけイートイン出来るように。

席は4つだけのカウンター方式。お昼の12時ちょい前に行きましたが、いっきに4席埋まって、テイクアウトの方もチラホラ。

色々と肉をメインに据えたメニューがあるのですが、スパイシーキーマとマトンビンダルーの合いがけをチョイス。

あいがけは1200円なんですが、マトンビンダルーを選ぶと、100円プラスの1300円。その理由は食べるとわかります。

右側がマトンビンダルーのカレーなのですが、お皿を時計に見立てて2時の方向に見えるのが、マトンの塊。ハンバーグぐらいの大きさで、よく煮込まれたマトンの塊をスプーンで筋を崩しながら、剥がして頂きます。

パクチーがかかっていますが、提供する前に「パクチーはどうなされますか?」と聞かれるので、苦手な人も安心してください。

江古田には無いタイプのスパイスカレー2種。マトンの方は、割とマイルドで、少ししょっぱめなので、手前6時のあたりのクスクスといい感じで混ぜ合わせながら頂くといいでしょう。

スパイシーキーマは、かなりスパイス感強めで、たまにホールスパイスが、口の中で弾けます。激辛って感じではありませんが、じんわり汗が。

江古田からプアハウスが消えてから、スパイス系カレーが無かったから嬉しいですね。

■スープとカレー
■東京都練馬区旭丘1-56-13 マンション軽井沢 1F
■営業:木金土
11:00~14:30
17:00~21:00
■定休日:月〜水、日
場所はこのへん
お店のInstagram

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ